いわしブログ

京都のウィンドミル代表いわしのブログです。wordpressやfacebookの設定、ブログ運営について備忘録代わりに更新してます。最近は動画も作ってます。

*

いきなり16倍! いわしブログのアクセス解析130917

   

9月17日いわしブログのアクセス数
9月5日に、いわしブログの1日のアクセスが100を超え、その時の記事に「次は1000を目指します」と書きました。でも、「1000って言ってはみたものの、ここからアクセス10倍なんて大変だし、まあボチボチやるべぇ~」とのんびり構えてたら、9月17日にいきなり2300弱のアクセスが濁流のごとく押し寄せました。どひゃ~!!

あんなに遠くに見えた1000アクセスの目標は、瞬間最大風速とはいえ、たったの2週間弱で到達してしまいました。では、次の目標は10000ですね。一応宣言しときます。でも、1000ならともかく、10000はさすがに現実味がないなぁ・・・(苦笑)
 

いわしブログ 9月17日のアクセス

アクセス数は前日が145で、この日が2298です。実に16倍弱!!
この記事を更新したとたんに、今まで見たこともないようなアクティブユーザー数を目にすることになりました。いや、ビックリしました。その日はリアルタイム解析から目が離せない・・・いわしは小市民なもんでねぇ (^_^)ゞ

台風一過! 鴨川と嵐山渡月橋の様子 | ウィンドミル いわしブログ

 
別に何てことのない、台風が去った後の鴨川と、地元の嵯峨嵐山の渡月橋付近の様子をブログのネタにしたら、いきなりこれですよ。一時は最高40まで行きました。
上位ブロガーのみなさんには当たり前の光景かもしれませんが、何せいわしには初めての経験なんで、いや~すっかり舞い上がってしまいました。

9月17日のいわしブログリアルタイム解析
 
そのうち、9割が検索経由です。こちらもビックリです。これもStingerの威力でしょうか。

9月17日いわしブログトラフィック分析
 
その日の検索キーワード上位を見てみると、非常に興味深い・・・記事のタイトルには入っていない旅館や料亭の名前が、キーワード上位に並んでいます。みんな、「嵐山吉兆」や「星のや」のことが気になるんですかね。テレビで報道されてたからなのかな?

9月17日いわしブログ検索上位キーワード
 
この辺のキーワードでは、大手新聞社やニュースサイトを押さえて上位に表示されてます。SEOに強いテーマとはいえ、改めてStingerの効果を思い知りました。

9月17日いわしブログキーワード順位
 

アクセス増加の原因を探る QDFのおかげ?

確かにこの記事はタイムリーな時事ネタで、嵐山や渡月橋付近の様子はテレビでもたくさん報道されていたようです。関連キーワードで検索されることも多かったでしょう。
いわしもこの記事を書いた時は、時事ネタだからちょっとぐらいアクセスは増えるかなと皮算用していたのですが、まさかこれほどとは思いませんでした。
当然、これだけのアクセスを稼げたのは、SEOに強いStingerのおかげでもあるのですが、それ以外にも何か原因があるような気がしました。と、そこにタイミングよく永江一石さんのブログにこんな記事がアップされました。

なぜブロガーさん達はdocomoのiPhoneについて書きまくるのか?そのSEO的な価値について | More Access! More Fun!

うん、そうか、QDFかぁ。永江さん、いつも役立つ記事ありがとうございます。
Googleには、QDF(Query deserves freshness)というアルゴリズムがあって、新鮮な話題に関しては、更新の新しいwebサイトを上位に表示してくれるそうです。

Google QDFアルゴリズムは間違いなく存在する | 海外SEO情報ブログ

いわしの記事も、おそらくはQDFのおかげで上位に表示されたのですね。
QDFの対象は、検索数の上昇や、ブログやニュースサイト、ソーシャルなどのキーワードなどを解析して、新鮮な話題とは何かを判断して決めているようです。
 

最初は1つのキーワードから

さて、先ほどの検索キーワード上位の表にあった「嵐山吉兆」ですが、不思議なことに最初に記事を更新したときは、全文中でこの文章の中に1つあるだけでした。それでも記事更新後のリアルタイム解析のキーワードには、「嵐山吉兆」がバンバン出てきます。

さて、こちらは嵐山吉兆付近です。水が溢れてどこが岸なのかわかりません。

嵐山吉兆付近

せっかくなので、写真も付けときました (^皿^)
単に写真を撮った場所の説明をしただけですが、Googleは本文中のこのキーワードただ1つを拾って、「嵐山吉兆」絡みの検索を上位に表示してくれたのでした。
でも、全文内で「嵐山吉兆」はたったの1つ、記事のタイトルにも入っていません。「台風」や「嵐山」ならわかりますが、全文内のキーワード比率や、タイトル内のキーワードの有無を考えると、普通なら「嵐山吉兆」絡みの検索で上位表示は不可能のはずです。
おそらく、Googleが記事全文の内容を読み、関連性ありと判断してくれたので、「嵐山吉兆」絡みで上位に表示されたのだと思います。QDF発動もあったのでしょう。

「嵐山吉兆」絡みのキーワードで検索からの流入がジャンジャンあるのを見て、「近所の星のやとか弁慶も有名で検索されてそうだし、入れてみたらどうなるかな~」と思って記事に追記してみたところ、やっぱり「星のや」や「弁慶」絡みでもジャンジャン検索で引っかかります。う~ん、こりゃ面白い。

9月17日いわしブログ検索上位キーワード

最後にもう一発キーワード対策として、営業状況の記載と、各HPへのリンクを張りました。あと、せっかく記事を見てくれた訪問者に対して、少しでも役に立つ情報を提供したかったってのもあります。さらに追記も考えましたが、さすがにあざといのでやめときました。

結局、1回目の更新後も、さらに2度修正を加えて、記事を3回更新しています。ここまでやったら、まあ順位は盤石でしょう。とはいえ、QDFでゲタを履かせてもらっているので、そのうち順位は落ちていくと思いますけど・・・いつまで持つかな?
 

ブログアクセスのためには、時事ネタは大事

今回はたまたま書いた時事ネタが当たったおかげで、検索絡みの面白い現象に遭遇し、いろいろお勉強することができました。永江さんもブログで言及されてますが、

「超話題になったホットなネタがあったら、渾身の力で、たくさんの人に支持されるエントリーを書く」

ということが、ブログのアクセスを増やすためにはとても大切なのですね。
いわしも時折地元京都に関するネタで記事を書きますが、アクセスを考えて書いているわけではありませんでした。でも、京都は何かと行事の多い街でもあり、ホットなネタには事欠きません。しかも、今回の件でいわしブログは同じような内容のアメブロやyahooブログより上位に表示されやすいということがわかりました。ホント、Stingerのおかげですね。

これからは熱いネタがあったら、すぐ料理して記事を更新していくことにします。

あと、これは余計なお世話なのですが・・・嵐山吉兆さんや熊彦嵐山店さんのHPトップページには、今回の被害や営業状況は掲載されていません。いわしブログにこれだけアクセスがあるなら、実際の検索件数はもっと多いはずです。せめてトップページに営業状況ぐらいは載せたほうがいいと思います。
まあ、こういうお店のお客さんは、ネットなんて関係ないのかもしれませんけどね。

 - Stinger, アクセス解析