篠原貴之水墨画塾 Vol.3 公開しました

篠原貴之水墨画塾vol.3

水墨画家、篠原貴之氏の動画によるネット水墨画塾第三回目「篠原貴之水墨画塾 Vol.3 墨色の作り方 2」を公開いたしました。

Vol.1「墨色の作り方 1」では、筆の中に含まれる墨を調整する「調墨」によって墨色を作る方法を解説しましたが、Vol.3「墨色の作り方 2」では筆さばきで墨色を変化させています。

水墨画は道具や材料ではなく、腕次第で限りない色を表現することができます。その技法として、筆の中に含まれる墨を調整する「調墨」や、筆さばきによる墨の濃淡、グラデーションの変化があります。

今回は「調墨」とは別の方法、筆さばきによる多彩な色の表現方法を解説しています。

紙に筆を押すようにして描くと­濃い色になり、軽く触れるように描くと明るくなります。また、一見平面に見える紙にも奥行きがあり、紙の奥まで墨を入れると暗くなり、表面を­なぞるように描くと明るく見えます。

今回は実例として小さな小屋を描いています。筆さばきによる色の変化を実感してください。

「篠原貴之 水墨画塾」youtubeチャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCSvvrr4xjemsZu27Czs907A