インターネット広告を活用して、ウェブ上で自社の製品やサービスを宣伝してみませんか?

インターネット広告を活用する

SEOだけでは上位表示できないような検索キーワードでも、インターネット広告を使えばいつでも上位表示が可能です。広告からの流入に特化したランディングページを組み合わせて、問い合わせや成約件数を増加させましょう。

インターネット広告を活用する

Google広告やFacebook広告といったインターネット広告を活用して、ウェブ上で自社の製品やサービスを宣伝してみませんか?

SEOだけでは上位表示できないような検索キーワードでも、インターネット広告を使えばいつでも上位表示が可能です。広告からの流入に特化したランディングページを組み合わせて、問い合わせや成約件数を増加させましょう。

インターネット広告は、FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルメディアに表示される広告をはじめ、Googleの検索結果に表示されるリスティング広告や、ブログや情報サイトなどに配信されるディスプレイ広告、YouTube広告など、様々な種類があります。

ウィンドミルではGoogle広告をメインとして、アカウントの開設や初期設定から、キーワードの選び方、広告費用の配分、表示回数やクリック率の分析など、インターネット広告の運用に必要な作業をお手伝いします。

Google広告は少額の予算で始めることが可能です。広告表示されても費用はかからず、クリックされると課金される仕組みなので、あらかじめ1日あたりの予算を設定しておけば、それ以上の料金は発生しません。

Google広告はキーワードごとに単価が異なり、競争の激しいジャンルでは1クリックあたり1000円を超える場合もあります。Google広告が提供するキーワードプランナーなどのツールを使って、事前に費用対効果を調べることができます。

さらに、インターネットの活用が進んでいない業種や商品の場合は、インターネット上のライバルがほとんど不在ということになるため、Google広告が絶大な効果を発揮する場合もあります。

ホームページにはたくさんの流入経路が必要です。検索エンジンやソーシャルメディアだけではアクセスが不足するような場合でも、Google広告を使えばホームページのアクセスを確実に増やすことができます。

ランディングページで広告の成約率を上げる

インターネット広告を使って問い合わせや成約件数を増加させるためには、その受け皿となる専用の「ランディングページ」が必要です。

ランディングページはインターネット広告をクリックした時に表示させるための専用ページで、略してLPと呼ばれることもあります。広告の効果を最大限に高めるため、余計なメニューは作らず、1枚の長いページで特徴やメリットをアピールします。

どんなビジネスに限らず、売上を上げるには顧客のニーズに合わせた接客やマーケティングが重要です。その接客やマーケティングの役割を担うのがランディングページです。インターネット広告の成功はランディングページの出来栄えに掛かっていると言っても過言ではありません。

広告から流入があっても、受け皿が悪いと成果にはつながりません。広告の分析だけでなく、ランディングページも常に改善する必要があります。一例として、ランディングページの構成を見直すだけで、問い合わせが数倍になったという事例もあります。

ランディングページは販売する商品やサービスによって様々な種類があり、ページ全体の構成だけでなく、文章の表現やボタンの位置、テキストの大きさ、画像の使い方など、細かい運用ノウハウがあります。

訪問者が知りたい情報を確実に伝えて、商品やサービスの特徴、メリットをアピールし、最後に納得してもらうことがよいランディングページの条件です。そのためにはページの内容や項目の順序を十分に考えないといけません。

ランディングページの改善はLPO(Landing Page Optimization、ランディングページ最適化)とも呼ばれ、アクセス数やキーワードの分析だけでなく、訪問者の動きやクリックした場所、関心の高い部分を可視化できるヒートマップの活用が効果的です。

最近はスマートフォンからの流入が増えているので、ランディングページのデザインもスマホに対応させることが必要です。

株式会社ウィンドミルの最新情報です

最新ニュース