iPhone版1Passwordアプリの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone版1Passwordの使い方

iPhone用パスワード管理アプリ「1Password」の使い方をご紹介します。

1Passwordは各サイトのログインパスワードやGoogleアカウント、Apple ID、クレジットカードの情報などを、マスターパスワード1つで全て管理することができるアプリです。

iPhoneには「パスワードとアカウント」というiOSのパスワードマネージャーがありますが、1Passwordに変更するとさらに便利ですよ。

なお、iPhoneで1Passwordを利用するときは、単独でサブスクリプションを購入するか、他のデバイスで購入済みの1Passwordを同期させて使います。

スポンサーリンク

1Password インストールとプラン選択

では、1Passwordを使ってみましょう。まずは以下からiPhoneにアプリをインストールします。

1passwordアプリ

1Password
appstoreからダウンロード

もしくはApp Storeで「1password」と検索して、アプリをインストールしてください。

1password アプリをインストール

アプリを開くと、最初に1Passwordプランの選択画面が表示されます。ここでiPhone単独で利用するか、他のデバイスと同期するかを選択します。

「サインアップ」を選択すると、iPhone単独のサブスクリプション購入になり、「1Passwordを使ったことがありますか?」にある項目を選ぶと、購入済みの他デバイスと同期します。

他のデバイスで購入済みの1Passwordがあれば、同期させて無料で利用しましょう。

1passwordプラン選択

1Passwordの購入 サブスクリプション

1Passwordの購入方法は、月額課金のサブスクリプションと、買い切りのスタンドアロンの2種類ありますが、iPhone向けの1Passwordアプリでは、スタンドアロン版は購入できません。

そのため、iPhoneで1Passwordを利用するなら、サブスクリプション版を購入するしかありませんが、先に他のデバイスで購入した1Passwordを同期すると無料で利用できます。

また、サブスクリプション版の1Passwordを使うと、PCやスマホ、タブレットなどの異なるデバイス間でも、クラウド経由で簡単にパスワードを共有できます。

さらに、サブスクリプション版は複数のデバイスで利用できるので、手持ちのPCやスマホ、タブレットをすべて同期させても追加費用はかからず、デバイスを増やすほどお得になります。

他のデバイスを追加する方法は、以下の項目で解説しています。サブスクリプション版は何台追加しても無料なので、ぜひ試してみてください。

iPhone版1Passwordアプリの使い方
iPhone用パスワード管理アプリ「1Password」の使い方をご紹介します。iPhoneではスタンドアロン版が購入できないので、サブスクリプションを購入するか、他のデバイスで購入した1Passwordを同期すると無料で利用できます。

スタンドアロンは購入不可

続いて1Passwordの買い切りスタンドアロン版ですが、今のところiPhoneで購入することはできません。

すでに他のデバイスでスタンドアロン版1Passwordを利用している場合は、iCloudやDropbox経由でiPhoneとパスワードを同期させることができます。

ただし、新しいパスワードを追加しても自動で同期されず、外部クラウド上の保管庫(Vault)を手動で同期させる必要があります。

サブスクリプション版の1Passwordを購入したくない方は、先にWindowsやMacでPCのスタンドアロン版を購入して、iCloudやDropbox経由で同期させてください。

1Password サブスクリプションのアカウント作成

iPhoneで1Passwordを利用するときは、単独でサブスクリプションを購入するか、他のデバイスで購入済みの1Passwordを同期させて使います。

まずはサブスクリプションの購入方法を解説します。すでに他のデバイスで1Passwordを利用している場合は「1Passwordアプリを同期させる」まで飛んでください。

「サインアップ」から月額または年額の支払いを選択して「今すぐサブスクリプションを開始」をタップしてください。年額払いプランのほうが1500円お得です。

iPhoneアプリには無料の試用期間はありませんが、どちらのプランも最初の6カ月は前金で980円のお試し価格になっています。

1password サブスクリプション購入

購入手続きが終わったら、1Passwordのアカウント作成に移ります。

1password 購入手続き

なお、サブスクリプションはAppleから購入する形になります。事前にApple IDの「支払いと配送先」からクレジットカード等の支払い方法を登録しておきましょう。

1Password サブスクリプション購入

まずメールアドレスを入力すると、アカウント確認用のコードが届くので、メールをチェックして6桁のコードを入力してください。

1Password アカウント作成

アカウント名を入力して、マスターパスワードを作成します。長くて複雑なパスワードを作成しても「もう一息!」になりますが、十分だと思うなら続行してください。

1Password アカウント作成

確認のためにマスターパスワードをもう一度入力すると、アカウントの作成は終了です。続いてパスワード自動補完を有効にする方法を確認しましょう。

1Password アカウント作成

その前に Touch ID か Face ID を使ってロック解除を有効にしておくと、マスターパスワードの入力が不要になるので、簡単に1Passwordを使えるようになります。

Touch ID を使ってロック解除

1Passwordアプリを同期させる

他のデバイスで購入した1PasswordをiPhoneに同期させると、サブスクリプションを購入しなくても無料で利用できます。

サブスクリプション版を同期させる場合はクラウド経由で、買い切りのスタンドアロン版はiCloudかDropbox経由でログイン情報を同期させます。

ここではサブスクリプション版の同期方法を説明します。まずは利用中の1Passwordでセットアップコードを表示させます。

PCの場合は、Emergency Kit にセットアップ用QRコードが付いています。

1Password Emergency Kit

スマホの場合は、自分の1Passwordアカウントからセットアップ用のQRコードを表示させることができます。

1Password セットアップ用QRコード表示

次にiPhone側1Passwordアプリのセットアップ画面から「1Password.com」を選び、「他のアカウントを追加」に進みます。

1Passwordセットアップ

カメラでセットアップ用のQRコードを読み取ると、メールとシークレットキーが追加されました。あとはマスターパスワードを入力すると、他のデバイスとiPhoneが同期します。

1Password セットアップ用QRコード読み取り

iPhoneのセットアップはQRコードを読み取るだけなので簡単です。

パスワード自動補完を有効にする

iPhoneのパスワード自動入力を1Passwordだけにすると便利なので、パスワード自動補完を有効にしておきましょう。

まずはiPhoneの設定から「パスワードとアカウント」→「パスワードを自動入力」に進みます。

1password パスワード自動入力

「パスワードを自動入力」がオンになっていることを確認し、「入力を許可:」をキーチェーンから1Passwordに切り替えて、マスターパスワードを入力します。

マスターパスワードの入力欄がキーボードで隠れて見えない場合がありますが、そのまま入力すればOKです。

1password パスワード自動入力設定

「クリップボード通知を有効にする」をオン→「ワンタイム・パスワードのオートコピー」もオンにして「完了」してください。

1password ワンタイム・パスワードのオートコピー

あとは Face ID か Touch ID が有効になっていれば、1Passwordを使うたびにいちいちマスターパスワードを入力する必要がなくなるので便利です。

1Password Touch ID

1Passwordの使い方 ログイン情報登録

では、1Passwordアプリにログイン情報を登録していきましょう。

情報を登録したいサイトのログインページを開いて、入力欄をタップすると「パスワード」が表示されるので、ここからユーザー名とパスワードを登録します。

1Password ログイン情報登録

マスターパスワードを入力するか、Face ID または Touch IDで1Passwordを開くと保管庫が開きます。新規登録は「ログインを作成」をタップします。

1Password ログイン情報登録

上からログイン情報名、ユーザー名、パスワードを入力していきます。終わったら「保存して保管」してください。これで1Passwordにログイン情報が登録されました。

1Password ログイン情報保存

あとはログインページを開くと、Face ID か Touch ID を使うだけでユーザー名とパスワードを入力できるようになります。

1Password ログイン情報自動入力

キーボード入力のときも、1Passwordにログインサイトの登録情報があれば表示してくれるので、タップするだけで入力できます。

1Password キーボードから入力

あとは同じように、よく利用するサイトのログイン情報を登録していきましょう。

1Password ログイン情報登録

アプリから新規ログイン情報登録

1Passwordは、新規サイトのログイン情報をアプリから探して登録することができます。ログイン情報を一気に登録するなら、こちらを使ったほうが効率的です。

GoogleやFacebook、YouTubeのような有名サイトをはじめ、SNSやウェブサービス、中国、海外企業サイトを含め、著名なサイトは大抵リストアップされています。

1Password 新規ログイン作成

1Passwordアプリを開いて「カテゴリー」に進み、右上の「+」をタップして「ログイン」を開きます。

1Password 新規ログイン情報登録

リストからサイト名を入力して絞り込みましょう。あとはユーザー名やパスワードを入力して保存してください。

1Password 新規ログイン情報登録

ログイン情報の管理と編集

1Passwordに登録したログイン情報は、アプリ内のカテゴリーで管理や編集を行います。

まずはアプリを開いて、下のメニューから「カテゴリー」に進み、編集したいアイテムを選択して右上の「編集」をタップします。

アイテムを「お気に入りに追加」したい場合はここで行ってください。

1Password ログイン情報の編集

こちらでログイン情報の名称やユーザー名、パスワード、サイトのログインURLなどを編集します。他に別のログインURLやワンタイムパスワードを追加したり、新しいフィールドを作成してテキストや住所、電話番号などの情報を追加することもできます。

整理用のタグ付けやメモの追加、不要になったログイン情報の削除もここで行います。編集が終わったら「完了」してください。

1Password ログイン情報の編集

他にもアイテムを保管庫に移動してコピーしたり、外部にプレーンテキストで共有することができます。ただし、共有先のセキュリティには十分注意してください。

1Password ログイン情報管理

1Passwordを他のデバイスで使う

iPhoneでサブスクリプション版の1Passwordを購入すると、追加料金なしで他のPCやスマホ、タブレットとログイン情報を共有することができます。

せっかく購入した1PasswordをiPhoneだけで使うのはもったいないので、他のデバイスにも1Passwordをインストールして、ログイン情報を共有しましょう。

共有方法は他のデバイスに拡張機能、またはアプリをインストールして、自分のアカウントに紐づけすればOKです。

まずはアカウントの情報を確認しましょう。アプリの「設定」から「1Passwordアカウント」に進み、自分のアカウント名をタップします。

1Passwordアカウント情報確認

ここで自分のアカウント情報を確認します。アカウントにサインインするためには、メールアドレス、シークレットキー、マスターパスワードが必要です。

確認のため「Secret Key」をタップして「大きな文字で表示」させます。

1Password シークレットキー確認

1PasswordをPCと同期

では、他のPCと同期させてログイン情報を共有してみましょう。ここではWindowsPCを使います。以下から1Passwordのアカウントページにログインしてください。

1Password — Password Manager for Teams, Businesses, and Families

メール、シークレットキー、マスターパスワードを入力してサインインします。

1Passwordアカウント サインイン

アカウントにサインインすると、まず最初にシークレットキーが表示されます。あとは「1Password Emergency Kit」をダウンロードしてください。

1Password シークレットキー

「1Password Emergency Kit」はPDFファイルで、トラブルの際はこの情報を参照してアカウントを復旧させます。他人に知られないよう厳重に保管してください。

1Password Emergency Kit

アカウントにサインインすると、管理画面に使い方の手順が表示されます。まずはステップ1のインストールに進みましょう。

1Password アプリのインストール

利用中のブラウザに合わせて、サブスクリプション対応版の「1Password X」をインストールしてください。Macの場合はSafariに拡張機能が含まれています。

1Password 拡張機能インストール

あとはブラウザに拡張機能またはアドオンをインストールして、マスターパスワードを入力すれば、PCでも無料で1Passwordが使えるようになります。

PCで1Passwordを使うための設定方法や、パスワードのインポート、ログイン情報の入力や保存については、以下の記事で紹介しています。

パスワードを安全に管理 1Passwordの使い方と設定方法
ログインIDやパスワードを安全に管理できるパスワードマネージャ「1Password」をご紹介します。セキュリティ対策のために複雑なパスワードを設定しても、マスターパスワードさえ覚えておけば1Passwordで一括管理できるので安心です。

1Passwordをスマホと同期

1Passwordを他のiPhoneやAndroidスマホと同期させる場合は、QRコードを読み取るだけなのでPCよりも簡単に設定できます。

アプリの「設定」から「1Passwordアカウント」→「自分のアカウント」に進みます。

1Password 自分のアカウント

「セットアップ・コードを表示」をタップすると、セットアップ用のQRコードが表示されます。

1Password セットアップ用QRコード表示

続いて読み取る側のスマホでQRコードリーダーを立ち上げます。アプリの「設定」から「1Passwordアカウント」→「既存のアカウントを追加」に進みます。

既存のアカウントを追加

「セットアップ・コードを読み取る」をタップすると、QRコードリーダーが立ち上がるので、セットアップ用のQRコードを読み取ってください。

1Password セットアップ用QRコード読み取り

メールとシークレットキーが追加されました。あとはマスターパスワードを入力すれば、スマホに1Passwordアカウントが追加されます。

もちろん、セットアップ用のQRコードはiPadなどのタブレットでも読み取りできますよ。

1Password アカウントのセットアップ

スマホやタブレットの場合はQRコードを読み取るだけなので、PCよりも簡単に1Passwordを同期させることができます。ぜひ他のデバイスでも試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました