Googleアドセンス広告の貼り方 2019最新版

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleアドセンス 広告の貼り方

2019年最新版、Googleアドセンス広告の貼り方をご紹介します。

アドセンス広告の設置は、サイト全体に自動広告を表示させる方法と、広告ユニットを個別に貼り付ける方法があります。どちらも広告コードを取得して、サイトやブログに貼り付ければOKです。

WordPressの場合は、ウィジェットやプラグインを使って広告コードを貼り付けます。

最近のWordPressブログテーマは、アドセンス広告を自由に配置できるようにウィジェットがカスタマイズされていたり、広告設定の機能があるので、簡単に広告を貼ることができます。

また、ライブドアブログやはてなブログ、シーサーなどの無料ブログにも、アドセンス広告を貼ることができます。ただし、有料プランの利用や独自ドメイン取得が条件となります。

あと、アドセンスには広告表示のルール「AdSenseポリシー」があり、紛らわしい広告やメニューに被る広告、不正なコンテンツサイトでの広告表示は禁止されています。

AdSenseポリシーに違反すると、広告配信の停止やアカウント無効といったペナルティがあります。広告を貼る時は、AdSenseポリシーに違反しないよう注意してください。

前回解説したGoogleアドセンスの登録方法と審査手順は、以下の記事をご覧ください。

広告でブログ収益化 Googleアドセンスの登録方法と審査手順
広告でブログを収益化できるGoogleアドセンスの登録方法からコードの貼り付け、審査までの手順と流れをご紹介します。なお、アドセンスには独自の審査があり、コンテンツが少ないサイトやアドセンスポリシーに準拠していないサイトは審査に通らない場合があります。
スポンサーリンク

Googleアドセンス 広告を設定

アドセンスに登録して審査に通ると、「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」という審査の合格通知がメールで届きます。

アドセンス 審査合格メール

審査後はアドセンス管理画面から広告を設定できるようになっています。「広告を設定」をクリックしてさっそく実行してみましょう。

Googleアドセンス 管理画面

自動広告の案内が表示されたら飛ばしてください。

アドセンス 自動広告の案内

ads.txtファイル設置

アドセンス管理画面の上部に「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と表示されているので、広告を設置する前に修正しておきましょう。

ちなみにads.txtとは「プログラマティック取引において、偽造された広告枠や不正なインプレッションの販売を防止するツール」です。

もっとわかりやすく言うと、なりすましサイトへの広告配信を防ぐために設置する証明書のようなもので、ads.txtを設置しないと広告収益の損失につながる可能性があります。

ads.txt ファイルの問題を修正

「今すぐ修正」をクリックすると、サイトページに飛んで「1つのサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する」というメッセージが表示されています。

ads.txtはすでに作成されているので、そのままダウンロードしてください。

ads.txtダウンロード

ads.txtの中身ですが、パブリッシャーIDや認証機関のIDを含むコードが1行記載されています。

google.com, pub-0123456789123456, DIRECT, abcdefg123456789

ads.txtファイルをダウンロードしたら、サイトのルートドメインにFTPクライアントソフトかファイルマネージャーを使ってアップロードします。ここではFFFTPを使っています。

ads.txtファイル アップロード

ads.txtファイルが適切に設置されている場合は、半日程度で「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の表示が消えます。

アドセンス広告の貼り方 自動広告

では、実際にアドセンス広告を貼り付けてみましょう。アドセンス広告はおまかせ広告設置の「サイトごと」と、個別に広告設置する「広告ユニットごと」の2種類があります。

まずは広告コードを設置するだけで、最適な場所に適切な広告が自動的に表示される「自動広告」を使ってみましょう。サマリーから「サイトごと」を選んでコードを取得します。

アドセンス 自動広告

自動広告のコードは以下のような感じです。このコードをサイトの <head></head> タグの間に貼り付けると、全ページ内の最適な場所に自動的に広告が表示されます。

<script data-ad-client="ca-pub-1234567890123456" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

WordPressの場合は、左ダッシュボードの「外観」から「テーマエディター」に進み、テーマファイル内にある「テーマヘッダー(header.php)」を選びます。

ファイル内のHTMLコード<head></head>タグ内に、コピーした広告コードを貼り付けます。よく分からない場合は</head>の直前に貼り付ければOKです。

Googleアドセンス 広告コード貼り付け

ただし、WordPressはテーマを更新すると、ファイルに追記した内容が上書きされて消えてしまうので、以下のプラグイン等で子テーマにheader.phpを作成することをオススメします。

WordPress子テーマ作成プラグイン Child Theme Configurator
簡単に子テーマが作成できるWordPressプラグイン「Child Theme Configurator」をご紹介します。このプラグインで子テーマを作ると、functions.phpやstyle.cssが反映されないといったトラブルがなくなります。

また、WordPressテーマやブログテーマの中には、子テーマを作成しなくても設定機能でheadタグ内にコードを追加できるものがあります。

広告コードの貼り方はテーマによって異なるので、各自で調べてください。一例としてブログテーマ「Cocoon」は、自動広告コード以外にディスプレイ広告ユニットのコードが必要です。

続いて自動広告の表示をオンに切り替えます。サイト名の右端にある「編集」をクリックします。

アドセンス 自動広告をオンに

広告のプレビューが表示されるまで、しばらく待ちましょう。

自動広告プレビュー準備

サイトのプレビューが表示されるので、自動広告をオンに切り替えてください。

自動広告プレビュー

自動広告をオンにすると、サイトに広告を設置した場合のプレビューが表示されます。広告は自動的に適切な位置に配置され、下にスクロールするとサイト全体の広告配置が確認できます。

URLの横に広告の設置数と、PCとスマホのプレビュー切り替えボタンが表示されます。プレビューのリンクから各記事やページの広告配置を確認することもできます。

自動広告プレビュー

「既存の広告ユニットを最適化しますか?」をチェックすると、既存の広告ユニットと自動広告を合わせて、一緒に最適化することができます。

自動広告の設定

広告のフォーマットやページに表示する広告の数、広告を表示したくないページの管理は、右側のメニューから変更できます。

自分のサイトやブログに合わせて、広告のフォーマットや広告の数をカスタマイズしてください。

アドセンス自動広告 サイトの設定

広告のフォーマット

自動広告で表示される広告のフォーマットは4種類あり、各項目をオンにするとプレビューで広告配置を確認できます。

アドセンス 自動広告フォーマット

「ページ内広告」は広告ユニットのディスプレイ広告と同様で、コンテンツのメイン部分に表示されます。「関連コンテンツ」は、アドセンスで関連コンテンツが解放されていないと使えません。

「アンカー」は画面の上端下端に表示される広告で、ユーザーが閉じることができます。「モバイル全画面」はページ読み込み中に表示される広告です。どちらもモバイルだけの広告で、今のところ単独の広告ユニットとして作成できません。

広告読み込み

広告読み込みでは、ページに表示する広告掲載数を管理できます。最小から上限までスライダーを移動させて、サイト内の適切な広告数を検証してください。

ちなみにアドセンスの収益は、単純な広告数だけで決まりません。インプレッションやクリック数、広告クリック後の成約率などの指標によって広告収益が変動します。

アドセンス自動広告 広告読み込み

ページ除外

広告を表示したくないページがある場合は、URLを指定するとそのページを除外できます。

アドセンス自動広告 ページ除外

ページの除外方法は2つあり、「このページのみ」でURLが完全一致するページだけを除外、「このセクションのすべてのページ」で同じURL接頭辞を使うページ全てを除外します。

サイト内の問い合わせページやサイトマップは「このページのみ」を選び、アーカイブ、カテゴリーなどのページは「このセクションのすべてのページ」を使うという感じです。

アドセンス自動広告 ページ除外

自動広告を設定してから、ページに広告が表示されるまで数分~最大1時間ほどかかるので、しばらく待ちましょう。

Googleアドセンス自動広告の詳細は、以下のAdSenseヘルプをご覧ください。

自動広告の新機能 - AdSense ヘルプ
Google では、最新の広告サービスを提供できるよう、継続的に投資を行っています。その一環として、自動広告でもいくつか重要な変

自動広告が表示されない場合

自動広告を設定しても全く表示されない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 自動広告コードの貼り方が間違っている
  • 自動広告がオフになっている
  • 広告フォーマットがオフになっている
  • アドセンスポリシー違反による広告配信の停止

まずはアドセンスの管理画面で、自動広告の表示回数を確認しましょう。左メニューの「レポート」→「広告の動作」に進むと、自動広告のユニットが表示されます。

アドセンスレポート 自動広告の表示回数

ここの「表示回数」がゼロであれば、上記の自動広告が表示されない原因をもう一度確認してください。ある程度カウントされていれば問題なく表示されています。

アドセンスのポリシー違反は、左メニューの「アカウント」→「ポリシーセンター」でチェックできます。ポリシー違反に関する問題があればここに表示されます。

「問題は検出されませんでした」であればアドセンスポリシーの問題はありませんが、ポリシー違反があると修正方法に関するリンクが表示されます。

アドセンス ポリシーセンター

あと、自動広告は位置や表示個数が変動し、最初のうちは全て表示されない場合もあります。

広告設定のプレビューとは違って、最初に配置された広告は投稿タイトルの上だけで、記事内やサイドバーに広告はありませんでした。サイトの情報収集に少し時間が必要みたいです。

自動広告 表示されない

自動広告の表示個数や位置は状況によって変動します。また、広告がプレビューの設置数より少なくても、時間が経てばちゃんと表示されるので、気長に待ちましょう。

アドセンス広告 広告ユニット作成

次はどこにでも表示できる広告ユニット「ディスプレイ広告」を貼ってみます。

サマリーから「広告ユニットごと」→「新しい広告ユニットの作成」に進むと、最初に作成できる広告ユニットが3つ表示されているので「ディスプレイ広告」を選びます。

広告ユニット作成 ディスプレイ広告

ディスプレイ広告のプレビューが表示されました。広告はスクエアの他に横長タイプ、縦長タイプが選択できるので、プレビューで確認してください。

以前は広告サイズごとに「レクタングル」「ビッグバナー」「ラージスカイスクレイパー」という名称がありましたが、すべて「ディスプレイ広告」に統一されています。

広告サイズを「レスポンシブ」にしておくと、サイトの横幅に合わせてサイズが自動調整されます。あとは広告ユニットの名前を入力して「作成」をクリックします。

ディスプレイ広告 プレビュー

「広告を作成しました。コードを配置してください」とあるので、広告コードをそのままコピーして「完了」します。

アドセンス 広告コード作成

作成した広告ユニットは「既存の広告ユニット」で確認できます。ユニットの編集や修正、コードの表示、レポートの表示はここで行います。

アドセンス 既存の広告ユニット

AMPページに広告を設置する場合は、コードを別途作成してください。コードが2つに分かれているので、各コードをサイトの<head></head>タグの間と、<body></body>タグの間に貼り付けます。

アドセンス AMP用広告コード作成

アドセンス広告 広告ユニットの貼り方

続いて広告ユニットの貼り方を説明します。サイトやブログごとに広告コードの貼り方はそれぞれ異なりますが、ここではWordPressブログテーマ「Cocoon」をサンプルに用いて説明します。

WordPressにはウィジェットという便利な機能があるので、これを使って広告を設置するか、アドセンス広告設置用のプラグイン「Advanced Ads」や「Ad Inserter」を使う方法があります。

最近のブログテーマは、アドセンス広告を自由に配置できるようにウィジェットがカスタマイズされています。いわしブログの広告配置は「Cocoon」のウィジェットを活用しています。

しかし、WordPress公式テーマの「Twenty Nineteen」や「Twenty Seventeen」等を利用している場合は広告の配置が難しいので、アドセンス広告設置用のプラグインを使うとよいでしょう。

あと、ライブドアブログやはてなブログ、シーサーなどの無料ブログでも、アドセンス広告の貼り方はだいたい同じです。各ブログのマニュアルを見て調べてください。

では、WordPressのブログテーマ「Cocoon」にアドセンス広告を貼ってみましょう。まずはCocoon設定の「広告」から「全ての広告を表示」にチェックを入れます。

Cocoonブログ 広告設定

その下のアドセンス設定にある「広告コード」欄に、コピーしたディスプレイ広告のコードを貼り付けます。あとは「広告の表示位置」にチェックを入れると、指定位置に広告が表示されます。

最後に「変更をまとめて保存」をお忘れなく。

Cocoonブログ 広告設定

ウィジェットを使って個別に広告ユニットを貼り付けることもできます。「外観」→「ウィジェット」に進み、「広告」か「カスタムHTML」のウィジェットを開きます。

Cocoonウィジェットで広告貼り付け

広告を設置したい場所を選んで「ウィジェットを追加」します。

Cocoonウィジェットで広告貼り付け

広告タグにコードを貼り付けて「保存」します。広告フォーマットとラベルはそのままです。「カスタムHTML」ウィジェットの場合は、タイトルに「スポンサーリンク」と入力してください。

Cocoonウィジェットで広告貼り付け

インフィード広告や記事内広告の貼り方も同じです。あとはページに広告が表示されるまで数分~最大1時間かかるので、しばらく待ちましょう。

AdSenseポリシー違反に注意

Googleアドセンスには広告表示のルール「AdSenseポリシー」があり、サイト運営者はポリシーを遵守する必要があります。違反すると広告配信が停止されたり、アカウントが無効になります。

以下のポリシーは、すべてのサイト運営者様に遵守していただく必要がありますので、慎重にご確認ください。Google が許可しないポリシー違反があった場合、Google はサイトへの広告配信を停止したり、AdSense アカウントを無効にしたりする権利をいつでも行使できます。アカウントが無効になると、AdSense プログラムにはご参加いただけなくなります。
AdSense プログラム ポリシー

アドセンスポリシー違反の例として、自分で広告をクリックしたり、広告に誘導する画像や記号、紛らわしい広告、不正なコンテンツサイトに広告を掲載することなどがあります。

無効なクリックとインプレッション
自分で広告をクリックしたり、ツールやボットで広告を何度もクリックしたり、広告表示回数を増やすような不正は禁止されています。

クリックや表示を促す
ユーザーを広告に誘導することや誤解を招く見出し、広告表示に対する報酬、特典の提供、広告の連続表示、紛らわしい画像やレイアウトの使用は禁止されています。

コンテンツポリシー違反や不正なコンテンツ
コピーコンテンツや著作権の侵害に当たるコンテンツ、アダルトやギャンブルサイト、人種差別や誹謗中傷コンテンツ、マルウェアやハッキングサイトに広告を掲載することはできません。

広告の配置
広告のポップアップや別ウィンドウ表示、メール・ソフトウェア・アプリケーションでの広告掲載、広告の過度な表示、メニューに被る広告配置などは禁止されています。

アドセンス広告を貼る時は、AdSenseポリシーに違反しないよう注意してください。

アドセンス収益の受け取り

アドセンスに登録して審査に通り、サイトやブログに広告を貼り付けたら、あとはPVを伸ばして広告収益を上げていきましょう。まずは収益1,000円が目標です。

1,000円を超えると、本人確認を行うためのPINコードがGoogleから送られてきます。

Googleアドセンス 届いたPINコードを入力する
Googleアドセンスから届いたPINコードを入力する手順をご紹介します。アドセンス収益が支払い基準額に達すると、Googleから確認用のPINコードが記載された郵便が届くので、管理画面からPINコードを入力すると広告収益が有効になります。

確認が終わったら、次は収益8,000円を目指しましょう。ここで初めて広告収益が指定の銀行口座に振り込まれます。稼げるブログを目指して、どんどん記事を追加してくださいね。

Googleアドセンスを収益化するための参考書は、この本がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました