Googleアドセンス 関連コンテンツユニットの設置方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleアドセンス 関連コンテンツユニット

ブログに設置すると広告収入の増加が見込めるGoogleアドセンスの広告ユニット「関連コンテンツユニット」の設置方法をご紹介します。

関連コンテンツユニットを設置すると、そのサイトと関連性がある記事を広告と共に自動で表示してくれます。関連記事を見たいユーザーであればクリックする確率が高く、アドセンス収益の増加が見込めます。

ただし、関連コンテンツユニットの設置には条件があって、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たす必要があります。とはいえ、ブログやウェブサイトをそれなりの規模に成長させた方なら、問題なく設置できるでしょう。

いわしブログも、ようやく関連コンテンツユニットの設置条件を満たしました。今回は広告ユニットの設置方法と手順を紹介します。

スポンサーリンク

Googleアドセンス 関連コンテンツユニットとは

関連コンテンツユニットは、Googleアドセンスが提供する広告ユニットの一種です。単に広告だけを表示するのではなく、同じサイトから関連するコンテンツを織り交ぜて「おすすめ関連記事」のようなものを自動で作成してくれます。

ブログの最後によく出てくる「この記事もオススメ!」とか「関連記事一覧」のアドセンス版だと思ってください。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる無料のサービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、ひいては広告収益の増加につながります。
関連コンテンツの概要 – AdSense ヘルプ

Googleによると、関連コンテンツユニットを設置するとページビュー数が9%、滞在時間が10%向上するとのこと。もちろん、これによってアドセンス広告の収益増加が見込めます。

ただし、関連コンテンツユニット内に広告を表示するためには、アドセンスの基準を満たす必要があります。その基準に達していない場合は、広告なしの関連コンテンツユニットしか作成できません。

関連コンテンツユニットの設置条件

ブログ運営者にとっては、大きなメリットがある関連コンテンツユニットですが、設置には条件があります。

Googleアドセンスには「関連コンテンツユニットを利用するには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。」と記載されています。

要するにアクセス数が少ないとダメ、関連コンテンツを作成できるほどの記事数がないとダメってことです。基準はよくわかりませんが、ブログであればPVが数万ぐらい、記事数は100本ぐらいあればいけるのではないでしょうか(適当な見解です)。

また、関連コンテンツユニットを設置しても、広告配信までには段階があります。

  1. 関連記事だけを表示する
  2. 関連記事とアドセンス広告を一緒に表示する

アドセンス広告の表示条件は不明ですが、こちらもサイトのトラフィック量とページ数が関係していると思われます。

Googleアドセンスのアカウントをお持ちの方であれば、運営するブログやサイトがその条件を満たしているかどうかを確認することができます。

Googleアドセンスにログインして「最適化」に進み、左メニューの「最適化」から、最適化案「関連コンテンツでコンテンツを宣伝する」をクリックしてください。

以下が表示されていれば、とりあえず関連コンテンツユニットの設置条件を満たしています。

アドセンス 関連コンテンツユニット条件確認

関連コンテンツユニットの設置方法

では、関連コンテンツユニットを作成してみましょう。まずはGoogleアドセンスの左メニューから「広告」に進みます。

関連コンテンツユニットの作成

「広告ユニット」に進み、新しい広告ユニットの作成から「関連コンテンツ」を選びます。

関連コンテンツユニットの作成

「新しい関連コンテンツユニット」で、広告ユニットをカスタマイズしていきます。

新しい関連コンテンツユニット

ここで設定できるのは「広告オプション」「スタイル」「サイズ」の3点ですが、通常は特に変更する必要はなく、デフォルトのまま利用します。

まずは関連コンテンツユニットが設置された場合のサンプルを確認しましょう。

広告ユニット枠右上の青い部分をつまんで動かすと広告サイズの幅が変わるので、画面サイズによってどんな関連記事や広告が表示されるのかを確認できます。

関連コンテンツユニット 広告サイズ確認

広告ユニットの設定ですが、まずは広告ユニット名を入力して、広告オプションから「広告を収益化」をオン(可能な方のみ)にします。ここで「広告を収益化」をオンにできない方は、ブログが広告表示の基準まで達していないということです。

関連コンテンツユニット カスタマイズ

スタイルは「フォント」「タイトルの色」「背景色」を選択できます。この設定は各サイトやブログの環境に合わせて変更してください。

関連コンテンツユニット カスタマイズ

サイズは「レスポンシブ」「カスタム」の2種から選びます。通常はどんなデバイスでも最適化して対応できる「レスポンシブ」を選択しますが、「カスタム」で幅と高さを自由に設定することもできます。

関連コンテンツユニット カスタマイズ

スタイルが決まったら、最後に「保存してコードを取得」をクリックします。

アドセンス 関連コンテンツユニット作成

広告ユニット表示用のコードが作成されました。このコードをソース内に貼り付けると、関連コンテンツユニット広告が設置されます。コードをコピーして「作業完了」をクリックしてください。

関連コンテンツユニット 広告コード

関連コンテンツユニットは上記の設定以外にも、レイアウトの変更や行数と列数の指定など、様々なカスタマイズが可能です。

レスポンシブ対応の関連コンテンツ ユニットを特定のレイアウトで表示したい場合は、広告コードにパラメータを追加します。
レスポンシブ対応の関連コンテンツ ユニットをカスタマイズする方法 – AdSense ヘルプ

アドセンス広告コードの変更は禁止されていますが、上記内の方法で関連コンテンツのコードを修正した場合は、アドセンスのポリシー違反とみなされません。

関連コンテンツユニット 広告コード貼り付け

それでは、関連コンテンツユニットの広告コードをブログに貼り付けてみましょう。

いろいろ考えた結果、記事の最後にあるアドセンス広告の後に関連コンテンツユニットを設置することにしました。広告の位置は後から変更できるので、ひとまずこの位置でデータを取りながら検証してみます。

いわしブログはWordPressで運営、テーマはStinger5を使用しています。個別記事に関連するテンプレートは、個別投稿(single.php)なので、WordPressのダッシュボードから左メニュー「外観」→「テーマの編集」→右側のテンプレートにある「single.php」に進み、先ほどのコードを貼り付けます。

コードを貼り付ける場所はソーシャルボタン読み込みの直前、以下のコードが目安です。

<?php get_template_part(‘sns’); //ソーシャルボタン読み込み ?>

広告コードの前に見出しを付けました。今のところ「オススメ記事」にしています。

<h3 class=”point”><i class=”fa fa-th-list”></i>  オススメ記事</h3>

他のブログテーマであれば、ウィジェット等を使ってもっと簡単に広告設置ができるでしょう。各自いろいろ試してみて下さい。

ところで、ブログに広告コードを貼り付けても、しばらくの間は関連コンテンツユニットが表示されません。

いわしブログでは20分~30分ほど以下のデカイ広告が表示されましたが、別にアドセンスがおかしいわけではないのでご安心を。モバイルも30分ほど関連コンテンツユニットの部分が空白になりました。

アドセンス 関連コンテンツユニット設置

しばらくすると、関連コンテンツユニットが表示されるようになりました。

アドセンス 関連コンテンツユニット設置

今のところPCとスマホで同一の広告コード(レスポンシブ)を使用していますが、いわしブログでは関連コンテンツユニットのスマホ表示がちょっと大きすぎるので、後から別々にするかもしれません。

あとは最適な関連コンテンツユニットの位置等、いろいろ検証してみます。

タイトルとURLをコピーしました