PR

ユニバーサルアナリティクス(UA)とアドセンスを連携する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleアドセンスとアナリティクスを連携して記事ごとの収益を確認する

Googleアドセンスとユニバーサルアナリティクスを連携して、各記事ごとのGoogleアドセンス収益を確認する方法があるのでご紹介します。

※ この記事では、ユニバーサルアナリティクス(UA)とアドセンスを連携させていますが、現在はUAのデータ更新がストップしています。

すでにGoogleアナリティクス4(GA4)に移行済みの方は、以下の記事を参考にして GA4 とアドセンスを連携させてください。

参考記事 Googleアナリティクス(GA4)とアドセンスを連携して収益を確認する

以下はアナリティクスデータの活用事例です。GA4からアドセンス収益のデータをチェックして、効果の低いMultiplex広告とページ内広告を停止しています。

参考記事 Multiplex広告は効果なし!? アドセンス収益をチェック

スポンサーリンク

Googleアドセンスとアナリティクスを連携する手順

アドセンスの収益アップにはいろいろな方法がありますが、記事ごとのデータを分析して、高収益の記事を優先的にリライトすると、効率よくアドセンス収益を増やすことができます。

しかし、Googleアドセンスのレポートでは各記事ごとの収益は確認できないので、Googleアナリティクスと連携させることが必要です。

Googleアドセンスとアナリティクスを連携させる手順と、記事ごとのアドセンス収益の確認、各種データやグラフの表示方法、アドセンス狩り対策に使う方法をご紹介します。

まずはGoogleアドセンスとアナリティクスを連携(リンク)させてみましょう。Googleアナリティクスの画面左下にある「管理」に進みます。

Googleアナリティクス 管理画面

アドセンスに連携させたい「アカウント」と「プロパティ」を選び、「AdSenseのリンク」に進みます。

Googleアナリティクス AdSenseのリンク

AdSenseリンクの設定で「新しいAdSenseリンク」をクリックします。

新しいAdSenseリンク

連携させるAdSenseプロパティを確認し、「コンテンツ向けAdSense」にチェックを入れて「続行」します。

AdSenseリンクの設定

アドセンスに連携させるアナリティクスビューを選択します。「0個のビューが選択済み」の部分をクリックしてください。

リンクするアナリティクスビューを選択

アナリティクスのビュー「すべてのウェブサイトのデータ」をチェックすると「1個のビューが選択済み」に変わりました。

リンクするアナリティクスビューを選択

「リンクを有効化」をクリックします。

AdSenseリンクを有効化

「完了」をクリックすると連携完了です。

アドセンスとアナリティクスのリンク完了

これでGoogleアドセンスとアナリティクスが連携されました。

アドセンスとアナリティクスのリンク完了

アドセンスとアナリティクスを連携する手順は、アドセンスのヘルプも参考になります。

Google AdSense ヘルプ:AdSenseとアナリティクスをリンクする

Googleアナリティクスで記事ごとのアドセンス収益を確認する

Googleアドセンスとアナリティクスが連携されたので、記事ごとのアドセンス収益を確認できるようになりました。

なお、アドセンスのデータはすぐに表示されません。アナリティクスとアドセンスの連携が完了してから、データが蓄積されるまで24時間ほどかかる場合があります。

アナリティクスで記事ごとのアドセンス収益を確認する時は、1日以上時間をおいてください。

アナリティクスの「行動」→「パブリッシャー」→「パブリッシャーのページ」に進むと、記事ごとのアドセンス収益を確認することができます。

アナリティクス パブリッシャーのページ

こちらがパブリッシャーのページです。上部は期間ごとのデータをグラフで表示、下部はインプレッションやクリック率、収益などの各種データが並んでいます。

※ ホントは数値を公開したいのですが、アドセンスの利用規約(見積収益等の公開禁止)に違反するかもしれないのでボカしてます。

アナリティクス パブリッシャーのページ

下の表にある「パブリッシャーの収益」が、各記事ごとのアドセンス収益になります。単位はドル表記です。

単なる総計ではなく、1セッション単位の収益効率を見る場合は、その右側にある「1,000セッションあたりのパブリッシャーの収益」をチェックします。

アナリティクス パブリッシャーの収益

表の数値は「パブリッシャーのインプレッション数」の順に並んでいますが、各項目のタイトルをクリックすると、その項目の数値を昇順・降順で並べ替えることができます。

これで記事ごとの収益額やクリック率などの上位、下位がわかるようになります。

アナリティクスのパブリッシャー 項目の並べ替え

デフォルトの表示数は10行です。行数を増やす場合は右下の「表示する行数」で変更してください。

アナリティクスのパブリッシャー 行数の変更

スポンサーリンク

Googleアナリティクスで記事ごとのデータを確認する

表の左端「ページ」のURLをクリックすると、記事ごとの各種データをグラフで表示させたり、各データの全体に対する割合を確認できます。

アナリティクスのパブリッシャー 記事ごとのデータ

右上の「期間」を変更すると、1ヶ月ごとや1年ごとのデータを見ることもできます。

パブリッシャーのページ 期間を変更

グラフの左上で表示項目を変更できます。期間は1年、項目は「パブリッシャーの収益」です。

期間を1ヶ月から1年に伸ばしてデータを比較すると、上位記事の順位が大きく変わることもあるので、条件をいろいろいじってみてください。

パブリッシャーのページ グラフ項目の変更

表示項目の隣にある「指標を選択」から項目を追加すると、グラフ同士の比較ができます。

パブリッシャーのページ グラフの比較

データを残しておきたい場合は、エクスポートからファイル形式を選んで保存することができます。

パブリッシャーのページ データの保存

アドセンスとアナリティクスが連携できない場合

アドセンスとアナリティクスが連携できない場合は、以下の原因が考えられます。

  1. アナリティクスとアドセンスが別アカウントになっている
  2. Googleアナリティクス4(GA4)を使用している

まず1つ目ですが、連携させるアナリティクスとアドセンスが別々のGoogleアカウント上にある場合は、アドセンスを連携させることができないので注意してください。

アナリティクスとアドセンスのアカウントは、同じGoogleアカウントで作成することが条件です。

2つ目ですが、今のところGoogleアナリティクス4(GA4)では、Googleアドセンスとの連携ができないようになっています。

ご覧の通り、GA4のプロパティを見ても「サービスとのリンク」にアドセンスの項目はありません。

GA4 アドセンス連携できない

GA4をお使いの方は、今のところユニバーサルアナリティクス(UA)と併用するしかありません。2023年7月からUAが使えなくなるので、それまでにはGA4とアドセンスとの連携ができるようになると思います。

スポンサーリンク

アナリティクスとアドセンス連携でアドセンス狩り対策

Googleアナリティクスとアドセンスの連携は、アドセンス収益の確認だけでなく、アドセンス狩り対策になるというメリットもあります。

「アドセンス狩り」とは、Googleアドセンスに対する攻撃や不正クリックのことです。アドセンス狩りに遭うと、広告配信が止まったり、アドセンスのアカウントが失効してしまいます。

参考記事 アドセンス狩り対策 プラグインで防ぐ方法

アナリティクスとアドセンスを連携させると、広告のクリック回数が異常に多いアクセス元を見つけることができるので、アドセンス狩り対策になります。

では、アドセンス狩りの目安となる「AdSenseのCTR」をチェックしてみましょう。

アナリティクスの左メニューから「ユーザー」→「地域」→「地域」に進むと「AdSense」の項目があります。

アドセンス狩り対策 アナリティクス利用

国ごとのアドセンス収益や、広告のクリック数が表示されるので、プライマリディメンジョンを「市区町村」に変更してください。

アドセンス狩り対策 広告クリック数確認

「AdSenseのCTR」をクリックすると、クリック率が高い順に表示が入れ替わります。ここで過大なCTRがあれば、アドセンス狩りの可能性が大きいです。

アドセンスのCTRを確認

アナリティクスのレポートでアドセンス収益を伸ばす

ウェブサイトやブログにクリック型広告サービスのGoogleアドセンスを設置すると、広告がクリックされるたびに収益を得ることができます。

ただし、アドセンス収益を伸ばすためには、クリック率や収益などのデータを見ながら、広告ユニットの設置場所を変えたり、ユニットの種類を変更して、アドセンスを最適化する必要があります。

Googleもアドセンスの収益を伸ばすため、アナリティクスのレポートからアドセンスの指標を確認したり、サイトの最適化を推奨しています。

ページやコンテンツの収益状況をより詳しく把握するには、アナリティクスのレポートに AdSense の指標(収益、クリック数、表示回数など)を追加してください。このデータは、サイトの最適化(最適な広告掲載数や重視すべきコンテンツの種類などの特定)に役立ちます。

中でも一番簡単なのは、儲かっている記事をさらに伸ばすことです。

収益のない記事をいくら伸ばしても意味はありませんが、収益の高い記事から優先的にリライトして検索順位を上げれば、効率よくアドセンス収益を増やすことができます。

アドセンスの収益をさらに伸ばすなら、アナリティクスとの連携は必須です。

連携の手順はそれほど難しくないので、アドセンスの審査に合格したら、すぐアナリティクスと連携させて記事ごとの収益を確認するようにしてください。

※ この記事では、ユニバーサルアナリティクス(UA)とアドセンスを連携させていますが、現在はUAのデータ更新がストップしています。

すでにGoogleアナリティクス4(GA4)に移行済みの方は、以下の記事を参考にして GA4 とアドセンスを連携させてください。

参考記事 Googleアナリティクス(GA4)とアドセンスを連携して収益を確認する

以下はアナリティクスデータの活用事例です。GA4からアドセンス収益のデータをチェックして、効果の低いMultiplex広告とページ内広告を停止しています。

参考記事 Multiplex広告は効果なし!? アドセンス収益をチェック

タイトルとURLをコピーしました