PR

WordPressにGoogle Analytics4を表示 Analytics Insights(AIWP)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Analytics Insights for Google Analytics 4(AIWP)

WordPressと連携してGoogle Analytics4のレポートを表示するプラグイン「Analytics Insights for Google Analytics 4(AIWP)」をご紹介します。

Analytics Insightsは、WordPressのダッシュボードや各ページ一覧から、Google Analyticsのレポートを表示させることができます。

Analytics Insightsのレポートはグラフや図表なので見やすく、メニューからレポートの期間や、ユーザー、エンゲージメントなどの各項目を選択できるので便利です。

他の有料プラグインとは違って、これらの機能がすべて無料で使えるので、Google Analytics4とWordPressを連携できるプラグインの中では一番おすすめです。

あと、Analytics Insightsの前身といえるプラグイン GADWPGAinWP はGoogle Analytics4に対応しておらず、レポートが更新できなくなっています。

GADWPやGAinWPを使っていた方は、Analytics Insightsに乗り換えましょう。

スポンサーリンク

Analytics Insightsをインストール

では、WordPressにAnalytics Insights (AIWP)をインストールしましょう。

WordPressのプラグインページ→「新規プラグインを追加」に進み、検索窓で「AIWP」と入力してください。「今すぐインストール」→「有効化」すると使えるようになります。

Analytics Insights for Google Analytics 4 (AIWP) インストール

有効化すると、ダッシュボード左側にAnalytics Insightsのメニューが表示されます。

WordPressダッシュボード Analytics Insightsのメニュー

Analytics Insightsの設定項目

続いて、ダッシュボードのメニューからAnalytics Insightsの設定を行います。

Analytics Insightsの設定項目は以下の5項目で、バックエンドやフロントエンド設定、Google Analytics 4とプラグインの連携、トラッキングの設定はこちらで行います。

  • 一般設定
  • バックエンド設定
  • フロントエンド設定
  • トラッキングコード
  • エラー&デバッグ
スポンサーリンク

Analytics Insights プラグインを認可

では、Google Analytics4アカウントとAnalytics Insights(AIWP)を連携させましょう。

インストールが完了したら、左メニューから「一般設定」に進み、Googleアナリティクスの設定の「プラグインを認可」をクリックしてください。

Analytics Insights Googleアナリティクスの設定

「Googleアカウントの選択」に移ります。Analytics Insightsと連携させるアカウントを選択してください。

Analytics Insights Googleアカウント選択

「Analytics Insights が Google アカウントへのアクセスを求めています」と表示されます。

Analytics Insights が Google アカウントへのアクセスを求めています

Analytics Insights を信頼できることを確認して「続行」してください。

Analytics Insightsにアクセス権を付与

GoogleAnalytics4のプロパティと連携

しばらく待つと、AIWPと連携したGoogle Analytics4のプロパティ名が表示されます。下にストリーム名や測定ID、URLが表示されているので、計測するサイトと一致しているか確認します。

正しい計測サイトを選んで「ロックの選択」をクリックします。

GoogleAnalytics4とAnalytics Insights連携

Google Analytics4のプロパティがロックされて、プラグインの設定ができました。

GoogleAnalytics4のプロパティと連携

WordPressでGoogle Analytics4レポート表示

Analytics Insights (AIWP)をインストールすると、WordPressのダッシュボードや各ページ一覧からGoogle Analyticsのレポートを見ることができます。

Analytics Insightsのレポートはグラフや図表で表示され、下部には各項目ごとのデータがまとめて表示されるので、Google Analyticsよりも使いやすくなっています。

Google Analytics4レポート

また、メニューからレポートの期間や、ユーザー、エンゲージメントなどの各項目を選択できるので便利です。

Google Analytics4レポート 計測サイト

WordPressダッシュボードには、計測サイトのレポートが表示されます。

WordPressダッシュボード analyticsレポート表示

レポートの期間を変更することもできます。期間はリアルタイムや今日、昨日、7日、14日~3年まで選べます。

Analytics Insights アナリティクスレポートの期間変更

レポートの項目はGoogle Analytics4に準じており、セッションやユーザー、エンゲージメント、PVだけでなく、所在地や検索結果、トラフィックなども表示させることができます。

Analytics Insights アナリティクスレポートの項目変更

レポートの期間をリアルタイムにすると、過去30分間のユーザー数やデバイスごとの数値、ページごとのアクセス数を一目で確認できます。

Analytics Insights Google Analyticsリアルタイムレポート

リファラーと所在地のレポートを表示してみました。WordPressのダッシュボードでGoogle Analytics4のまとめレポートが見られるのはとても便利です。

Analytics Insights Google Analyticsレポート

投稿ページや固定ページのレポート

Analytics Insightsは、個別ページのGoogle Analytics4レポートも表示できます。

投稿ページや固定ページ一覧に追加されたレポートのアイコンをクリックすると、各ページごとのレポートが表示されます。

Analytics Insights 投稿ページのGoogle Analyticsレポート

こちらが投稿ページのレポートです。ダッシュボードと同様に、レポートの期間や、ユーザー、エンゲージメントなどの各項目を選択できます。

Analytics Insights 各ページのGoogle Analyticsレポート

スポンサーリンク

バックエンド・フロントエンド設定

Analytics Insightsのバックエンド設定ですが、基本はデフォルトのままでOKです。

WordPressのユーザー権限を複数設定している場合は、権限にチェックを入れるとレポート表示の有無を切り替えることができます。

Google アナリティクス バックエンド設定

フロントエンド設定も、特に変更する必要はありません。

Google アナリティクス フロントエンド設定

Google Analytics トラッキングコード設定

Analytics Insightsでは、Google Analytics4のトラッキングコードを設定できます。

左メニューの「トラッキングコード」からトラッキング設定に進み、トラッキングの種類を選択します。

  • Googleアナリティクス4
  • タグマネージャー
  • 無効

Googleアナリティクス4の場合はすでに連携済みなので、そのまま「変更を保存」します。コード配置は「HTML Head」のままでOKです。

Google Analytics4 トラッキングコード設置

タグマネージャーで設定する場合は、「WebコンテナID」にトラッキングIDを入力します。

タグマネージャー トラッキングID設置

CocoonやSWELLなどのテーマ、SEO SIMPLE PACKなどのプラグインには、トラッキングコードを設定できる機能が付いています。

テーマやプラグインですでに設定済みの場合は、トラッキング設定を「無効」にします。

トラッキング設定無効

Google Analyticsのトラッキングコードを複数設置すると、アクセス数が二重計測されるので注意してください。

トラッキングコード設定 追跡を除外する

Google Analyticsから自分のアクセスを除外する場合は、「追跡を除外する」から該当する権限を選んでチェックしてください。

管理者が一人だけの場合は「Administrator」をチェックします。

トラッキングコード設定 追跡を除外する

トラッキングコード設定 追跡イベント

Analytics Insightsでは、トラッキングコードをカスタマイズすることで、カスタムディメンションやイベントなどの高度なデータ収集ができます。

また、アフィリエイトリンクやダウンロード、アウトバウンドリンクの追跡も可能です。

トラッキングコード設定 追跡イベント

AMP の追跡を有効化

サイトにAMPを設定している場合、「Accelerated Mobile Pages (AMP) の追跡を有効化」をオンにすると、AMPページの計測ができます。

Google AMPを設定しないと、Google Analytics上で正確な追跡ができません。

Accelerated Mobile Pages (AMP) の追跡を有効化

スポンサーリンク

Googleアカウントのセキュリティ確認

Google Analytics4アカウントとAnalytics Insights(AIWP)を連携させると、Googleアカウントのセキュリティ確認がメールで通知されます。

セキュリティ通知というメールが届いたら、「アクティビティを確認」をクリックします。

Googleアカウントのセキュリティ確認

「GoogleアカウントのアクセスがAnalytics Insightsに許可されました」と通知されるので、このアクティビティついて「はい、心当たりがあります」を選びます。

アクティビティの心当たり

「本人確認が完了しました」と表示されたらOKです。

Googleアカウントの本人確認

Google Analytics4のおすすめプラグイン

WordPressでGoogle Analytics4 (GA4)を設定したり、レポートを見る場合は、以下のプラグインがよく使われます。

  • MonsterInsights
  • ExactMetrics
  • Analytify
  • WP Statistics
  • Site Kit by Google

ただし、どのプラグインも無料版では機能が不十分だったり、表示できるレポート期間や内容に制限があるため、有料版のプラグインに移行する必要があります。

今回ご紹介するAnalytics Insights(AIWP)は無料ながら機能に制限がなく、Google Analytics 4のレポートを見やすく表示してくれるので、おすすめのプラグインです。

本家のGoogle Analyticsよりも使い勝手がいいので、ぜひ一度試してみてください。

GADWP・GAinWPはGA4に対応せず

WordPressプラグイン GADWP(Google Analytics Dashboard for WP)や、GAinWP Google Analytics Integration for WordPress は、Google Analytics 4 (GA4)に対応しておらず、レポートの更新が止まっています。

WordPressにGADWPやGAinWPを設定して、Google Analyticsのレポートを見ていた方は、後継プラグインのAnalytics Insightsに乗り換えましょう。

タイトルとURLをコピーしました