電子印鑑でビジネスの業務改善

ウィンドミルではソフトウェアやアプリを活用して、日々の業務を効率化したり、ビジネスの業務改善につながる提案をいたします。

無料で使えるフリーソフトや便利なアプリケーションがあれば、高額なソフトウェアやシステムを導入する必要はありません。一例として電子印鑑の活用方法をご紹介します。

ワードやエクセルの文書にハンコを押すため、わざわざ紙に印刷するのはとても面倒ですが、電子印鑑を使えばそのままメールで送信できるので、書類作成の作業効率が一気に向上します。

ビジネスの業務改善や効率化は、ウィンドミルにおまかせください。

電子印鑑を利用して業務改善や効率化を図る

ビジネスに電子印鑑を活用

会社の業務に使う見積書や請求書などの書類は、大抵ワードやエクセルで作成されています。

完成した書類は、まず印刷してから社印や角印を押印したり、会社内で承認用の認印や回覧印を押すというのが通常の流れです。しかし、印鑑を押印するために書類を印刷するのは、紙資源の無駄で非効率です。

そこで、ワードやエクセル文書のままで電子印鑑を使うと、ハンコを押すためにわざわざ印刷する必要がなくなるので、書類作成の作業効率が一気に向上します。

また、見積書や請求書をメールで送る場合は、紙に印刷してからはんこを押して、その文書をスキャンしてからPDFに変換しないといけません。この作業も電子印鑑が使えるようになれば、PDF変換の手間が省けます。

会社の文書に社印が無くても法的に問題はありませんが、社印や角印の押印は一般的な商習慣ですから、できれば紙の文書と同じような体裁にしておきたいところです。

ウィンドミルでは、フリーソフトやツールを使って本物の印影から電子印鑑を作成したり、ワードやエクセルで電子印鑑を扱えるソフトウェアの利用を提案いたします。

電子印鑑作成フリーソフトやツールを紹介

ビジネスに電子印鑑を活用

一例として、オンライン画像編集ツール「Pixlr Editor」で角印や認印の印影から電子印鑑を作成して、ワードやエクセルで作成した請求書や見積書などの書類に捺印する方法をご紹介します。

本物のはんこから電子印鑑を作成してワードやエクセルに貼り付けよう
オンライン画像編集ツール「Pixlr Editor」ではんこの印影から電子印鑑を作成して、ワードやエクセルで作成した見積書などの書類に捺印する方法をご紹介します。ワードやエクセルで電子印鑑を扱えるようにしてPDFに変換すれば、いちいち印刷し

無料のPDFビューワー「Adobe Acrobat Reader DC」を使って、PDFファイルに電子印鑑を押印する方法もあります。PDFと電子印鑑を組み合わせると、書類のペーパーレス化をどんどん進めることができます。

Adobe Acrobat ReaderでPDFファイルに電子印鑑を押印する
PDFファイルの表示や印刷ができる無料のPDFビューワー「Adobe Acrobat Reader DC」を使って、PDFファイルに電子印鑑を押印する方法をご紹介します。Adobe Acrobat Reader DC のツールには「スタンプ」という機能があり、これを使うとPDFで作成した見積書や請求書、稟議書などの書類...

無料の電子印鑑フリーソフトで一番おすすめの「パパッと電子印鑑Free」は、フリーソフトとは思えないほど多機能で、より本物に近い電子印鑑が簡単に作成できます。ワードやエクセルでも簡単に利用できます。

おすすめ電子印鑑作成フリーソフト「パパッと電子印鑑Free」の使い方
パパッと電子印鑑Free は無料のソフトですが、フリーソフトとは思えないほど多機能で、フォントを1文字ずつ調整すれば、より本物に近い電子印鑑が簡単に作成できます。無料ソフトで電子印鑑を活用するなら、パパッと電子印鑑Free が一番オススメです。

他にも、ウィンドミルのブログ「いわしブログ」で、電子印鑑の作り方や活用方法をたくさん紹介しています。ビジネス文章に電子印鑑を導入したい方は、ぜひ一度ご覧ください。

無料でできる 電子印鑑の作り方や活用方法
無料で電子印鑑を作成する方法や、PDF電子印鑑の活用方法をご紹介しています。本物のはんこから電子印鑑を作成して、ワードやエクセルの見積書や請求書に押印したり、白舟書体の「WEB認印」でフリー電子印鑑を作成する方法、無料ツールを使った角印や社印の作成、透過pngの電子印鑑作成方法も紹介しています。

電子印鑑の導入をご検討される場合は、ぜひウィンドミルにお問い合わせください。豊富な経験と活用事例で、御社のビジネス文書作成業務を改善いたします。

タイトルとURLをコピーしました