Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

googleアナリティクス

ホームページやブログのアクセスを正しく解析するため、Googleアナリティクスのフィルタ機能を使って、自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。

サイト開設当初はまだ訪問者が少ないため、自分のアクセスは総訪問者数の大きな割合を占めることになります。これでは正しいアクセス解析ができないので、フィルタを設定して自分のアクセスを除外してください。

WordPressサイトの場合は、Googleアナリティクスのプラグインを使うと簡単にアクセスを除外できます。IPアドレスが変わるたびに設定変更する必要がないのでオススメですよ。

なお、この方法はIPアドレスがほとんど変動しない固定回線や光回線などをお使いの方向けです。スマホやタブレットなどモバイル機器からのアクセスは、この方法では除外できないのでご注意を。

スポンサーリンク

自分のアクセス除外で正しいアクセス解析を

Googleアナリティクス (Google Analytics) は、Googleが無料で提供するWebサイトのアクセス解析サービスです。

アクセス解析対象のwebサイト内にGoogleアナリティクスのタグ埋め込んでおくと、訪問者数や閲覧ページ数、サイト内移動経路、検索キーワードなど、webサイト訪問者の動きや情報をつかむことができます。

ただし、Googleアナリティクスは全てのアクセスをカウントするので、フィルタを設定して自分のアクセスを除外しておかないと、正しい解析結果が得られなくなります。

特にサイト開設当初は、検索やリンクからの外部流入が少ないので、自分のアクセスが総訪問者数に大きく影響します。これではアクセスデータを解析しても正しい結果は得られません。

正しい解析は正しいデータが揃ってこそ。というわけで、Googleアナリティクスにフィルタの設定をして、自分のアクセスを除外してみましょう。

Googleアナリティクス フィルタの設定

まずはGoogleアナリティクスにログインして管理メニューに進み、アカウントにある「すべてのフィルタ」を選択します。

Googleアナリティクス すべてのフィルタ

「+フィルタを追加」をクリックして新しいフィルタを作成します。

Googleアナリティクス フィルタを追加

ここでフィルタ情報を作成していきます。

Googleアナリティクス ビューにフィルタを追加

フィルタ名は「自己アクセス除外」という名前にしました。フィルタの種類は「定義済み」のままでOKです。

フィルタの種類を選択は「除外」、参照先かリンク先は「IPアドレスからのトラフィック」、式の選択は「等しい」です。

Googleアナリティクス 自己アクセス除外

続いて自分のアクセスを除外するため、自分のIPアドレスを入力します。以下にアクセスすると自分のIPアドレスが表示されます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

「あなたの利用しているIPアドレス」の下に出ている数字が自分のIPアドレスです。この数値をIPアドレス欄にそのまま貼り付けてください。

自分のIPアドレス

最後にビューにフィルタを適用から「使用可能なビュー」に表示されているビューの名称をクリックして選択します。

Googleアナリティクス ビューを選択

真ん中にある「追加」ボタンを押して、右の「選択したビュー」へ移し、下の「保存」を押せばフィルタ情報の作成が完了します。

Googleアナリティクス ビューを選択

新しく「自己アクセス除外」というフィルタができましたね。これで自分のアクセスがアナリティクスのデータから除外されるようになりました。

Googleアナリティクス フィルタ追加

スポンサーリンク

忘れずに! 新サイトをフィルタに追加

Googleアナリティクス フィルタに追加

新サイトを立ち上げて、Googleアナリティクスのアカウントに新しいプロパティを追加したときは、アクセス除外のフィルタにもサイトを追加する必要があります。

これを忘れると、新サイトだけ自分のアクセスをカウントしてしまいます。そのままでは新サイトにフィルタが適用されないので、気をつけてくださいね。

WordPressサイトはプラグインで簡単にアクセス除外

WordPressサイトの場合は、Googleアナリティクスのプラグインを使うと簡単にアクセス除外ができます。

Google Analytics Dashboard for WP トラッキング除外

WordPressのダッシュボードでGoogle Analyticsのアクセス解析ができるプラグイン Google Analytics Dashboard for WPAnalytify には、選択したユーザーのアクセスを自動的に除外する機能があります。

プラグインでフィルタを設定すると、IPアドレスが変わるたびに設定変更する必要がなくなります。WordPress内でアナリティクスのデータも見られるので便利ですよ。

スポンサーリンク

Googleアナリティクス フィルタ設定の注意点

Googleアナリティクスで設定したIPアドレスフィルタは、途中で無効になる場合があります。

今回説明した方法は、常時接続のインターネット回線のみ有効です。接続するたびにIPアドレスが変わるようだと、IPアドレスでフィルタを設定しても意味はありません。

フィルタ設定が有効にならない場合は、自分のIPアドレスをチェックしてみてください。

あともう一つ、一度設定したIPアドレスは、ずっとそのままというわけではありません。

何かの拍子にルータの電源が落ちたり、プロバイダの回線障害などで接続が切れると、IPアドレスが変わります。たまにはGoogleアナリティクスのリアルタイム解析を見て、自分のアクセスがカウントされるようであれば、もう一度フィルタを設定し直してください。

Googleアナリティクスは、自分のブログやwebサイトの実力を知るための便利なツールです。その精度を上げるために、アクセス除外フィルタを設定するようにしてください。

コメント

  1. […] 「正しいアクセス解析のために Googleアナリティクスで自分からのアクセスを除外する方法」にも詳細に記載されていましたので、こちらに備忘録として残しておきます。 […]

タイトルとURLをコピーしました