twenty twelveでキーワード比率を調整 カテゴリの「~に含まれる投稿をすべて表示」を消す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回の記事では、ウェブマスターツールの使い方について書きましたが、その中で紹介できなかった「コンテンツキーワード」と、キーワード比率の改善について、一つの例を挙げて説明します。

前回記事はこちら ウェブマスターツールでウェブサイトを改善しよう

スポンサーリンク

ウェブマスターツールのコンテンツキーワード

ウェブマスターツールには、コンテンツキーワードという項目があって、左メニューのGoogleインデックス→コンテンツキーワードで確認できます。

ここでは、対象となるウェブサイトのキーワードを重要度順に表示してくれます。キーワードをクリックすると、そのキーワードの出現回数や出現箇所がわかります。

コンテンツキーワード重要度

Googleはウェブサイトの内容を知るための手段として、キーワードの出現率を重視しています。

いわしブログは基本的にウェブサイト作成やwordpress、facebookなどのソーシャルに関係する記事を書いているので、それに関連するキーワードが上位を占めていれば問題はありません。

でも、あまり関係のないキーワードもいくつか混じっています。コンテンツキーワードで3番目に重要な「投稿」は、いわしブログの趣旨とはあまり関係がありません。SEO対策のためにも、「投稿」の重要度を下げる必要があります。

というわけで、サイト内の「投稿」という文言を減らして、キーワードの重要度を下げる方法を紹介します。

twenty twelveの「~に含まれる投稿をすべて表示」を消す

さて、いわしブログでは「投稿」というキーワードが3番目に重視されているにもかかわらず、サイト内のどこを見ても「投稿」という文言はあまり出てきません。

キーワードの重要度は、出現比率にほぼ連動しているので、どこかに「投稿」が隠れているはずです。

そんな時はサイト内で右クリックして、「ページのソースを表示」してみてください。次に、Ctrl+F(windowsの場合)を押すと、検索窓が表示されます。

そこに「投稿」と入れてみると・・・おお、出てきた出てきた、結構あるじゃねーか。各記事のフッターと、サイドバーのカテゴリにたくさん「投稿」が混じってます。

コンテンツキーワード「投稿」

いわしブログは、wordpressのテーマ「twenty twelve」を使っています。このテーマは、カテゴリのタイトルが自動的に「~に含まれる投稿をすべて表示」になるようです。

カテゴリの文字にカーソルをあてると、「~に含まれる投稿をすべて表示」と出てきます。いわしブログにはカテゴリの項目が20ぐらいあるので、ここをいじればかなり「投稿」を減らせます。

では、さっそくカテゴリのタイトルをいじって、カテゴリー名にマウスカーソルを合わせると出る「~に含まれる投稿をすべて表示」を非表示にしてみます。

スポンサーリンク

twenty twelve カテゴリのタイトルを修正

すべて消去してしまうと何も表示されなくなるので、カテゴリ名だけが残るように変更します。

/wp-includes/category-template.phpの830行目です。

$link .= 'title="' . esc_attr( sprintf(__( 'View all posts filed under %s' ), $cat_name) ) .'"';

これを、下記に変更します。

$link .= 'title="' . esc_attr( $cat_name ) . '"';

これで、カテゴリのタイトルがカテゴリ名だけになりました。

「~に含まれる投稿をすべて表示」が一挙になくなったので、「投稿」の重要度も下がるはずです。あと、フッター部分の「投稿」も減らさないとなぁ。

重要度はすぐには反映されないので(数日~1週間ぐらいかかる)、しばらく待ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました