商売に使うブログなら、商売のことを語ろう 10月29日 セミナーで講師やります

スポンサーリンク

京都国際工芸センター10月29日セミナー

10月29日に京都国際工芸センターでセミナーの講師をやることになりました。内容はざっくり言うと、新規顧客を集めるためのブログ運営の方法です。

タイトルはちょっと煽り気味にしましたよ・・・(^_^;

本気で集客!新規顧客がジャンジャン集まるブログの作り方

もちろん、どなたでも参加できます。案内のパンフレットを下に添付しておきますので、興味のある方はぜひご参加のほどを・・・

もしアンタが客だったら、この記事読むか?

いわしは以前からホームページを作る時は、お客さんから断りが無い限り、必ずブログを自前ドメインにぶら下げる形で設置していました。外部ブログは使いません。

もちろん、お客さんにはがんばってブログを更新してもらいます。そうすることで、短期間で検索順位を上げることができます。

そのブログも、ただ更新するだけなら意味はありません。

全く商売と関わりのない趣味のブログなら、好きにやればいいでしょう。でも、商売で使うなら、それなりのやり方ってものがあります。一番大事なのは顧客の視点で更新する、つまり「もしアンタが客だったら、この記事読むか?」ということです。

立派なホームページやブログを制作して、「お客が来ない」と嘆いている割に、自分の思いこみや好き勝手で運営している人って結構多いです。

例えば、物販サイトのブログに「今日はお昼にラーメンを食べました。おいしかったです。マル・・・」という記事を書いたとします。もし自分がお客の立場で、買い物目的で検索して引っかかったこの記事を見たらどう思います?

「わしゃ買い物に来てるのに、アンタのラーメンの話なんか聞きたくないわい~!」って思いませんか?

ただ、こういった記事を全て否定するわけではありません。お店の雰囲気や、運営者の人となりを知ってもらうのも必要です。息抜きの記事もたまにはいいですし、身内で話を盛り上げるのも楽しいですよね。でも、こんなのが何度も続くのは考えものです。

またまた自分がお客の立場だった場合を考えてください。お店に入ろうとすると、店頭で常連同士が楽しく会話しています。割り込むのは何か悪い気がする・・・この状況、入るのにちょっと躊躇しませんか?

商売で使うなら、ブログは店先みたいなもんです。こういう話は、何度か来てもらって仲良くなってから、facebookですればいいのです。

商売に使うブログなら、商売のことを語ろう

ブログを更新して、アクセスを上げるためのテクニックはたくさんあります。でも、そもそもブログを更新する目的、根本の部分を間違えると、いくらテクニックがあっても意味はありません。「戦略の失敗は戦術では補えない」のです。

商売に使うブログなら、商売のことを語るべきです。

もし物販のサイトなら、その商品のことを語ってください。顔が見えないネット上でも、その商品に対する想いは必ず伝わります。そして、これが今後のSEO対策になるのです。Googleの検索アルゴリズムも、そのように変わってきています。

極端な話、これからはSEOなぞ考える必要はありません。ただひたすら「お客さんのための記事」を更新していけば、必ず上位に表示されるようになります。

今回のセミナーでは、こういった「そもそも論」から始めようと思ってます。

今までにずっと自分の土俵でやってきたことばかりですから、全て根拠のある話です。

実際にこのブログも、「人にエラそうなことを言うなら、まず自分から」という趣旨でやってます。まだ3ヶ月チョイですが、自分でブログを運営するとものすごく勉強になります。

いわしがここで得た経験や知識は、お客さんにとって必ず必要となるものばかりですし、皆さんにも余すところなくフィードバックができるかと思います。セミナーに参加していただいた方には、必ず「勉強になった」と言ってもらえるはずです。

平日の真っ昼間ですが、都合がつくならぜひお越しくださいまし。

ICC会員セミナー 第1回オープンカレッジ

本気で集客!新規顧客がジャンジャン集まるブログの作り方

日時 : 10月29日(火)14:00~16:00
場所 : 京都国際工芸センター 5階 会議室
(三条高倉下がる、京都文化博物館から南に50m)
費用 : テキスト代500円(京都国際工芸センター会員は無料)
申込 : メール info@kicc.or.jp 又は FAX 075-211-6750 にて受付
(セミナー参加の旨と、会社名・氏名を記入してお申込みください)

主催 : 一般社団法人 京都国際工芸センター
共催 : 京都商工会議所 中小企業経営支援センター

京都国際工芸センターセミナー案内

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする