Googleの無料IME「Google日本語入力」の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google日本語入力

日本語の長文作成に必須! Googleが誇る学習機能と、豊富な語彙によるサジェスト機能によって、日本語入力がとても楽になる無料IME「Google日本語入力」をご紹介します。

Google日本語入力は様々な専門用語だけでなく、地名や人名、流行語などの豊富な語彙と、サジェスト機能による変換候補の予測表示で、日本語を効率的に変換しながら入力することができます。

日本語の文章作成効率は、IMEの性能がカギを握ります。日本語で長文を作成するときは、日本語変換能力の高いIMEソフトを使うことが重要です。

音声だけで文章を作成できるGoogleドキュメントの音声入力も、文章変換にGoogle日本語入力を用いることで高い音声認識精度を実現しています。

参考記事 Googleドキュメント 音声入力の使い方

スポンサーリンク

ホリエモンもおすすめ Google日本語入力

先日、堀江貴文氏のサイトHORIEMON.COMを見ていたら、「文章を書く仕事をしていてGoogle日本語入力を使ってないって有り得ない」という記事がありました。

文章を書く仕事をしていてGoogle日本語入力を使ってないって有り得ない。
  Google日本語入力って超便利。これ使うとMacのことえりとか、MS-IMEのクソ具合がよーくわかる。iPhone使いやすいけど、IME変えられないのだけが唯一の不満。変えられな

いわしは不便だなとは思いつつ、いまだにMS-IMEを使っております。

単語や地名がきちんと変換されずにイラっとすることもありますが、よく使う単語はユーザー辞書に登録することで今まで乗り切ってきました。とはいえ、時々きちんと変換されない単語が出てくるし、無料のIMEも結構あるので、いつかは乗り換えようと思ってました。

他のIMEだとGoogle日本語入力の他に、ATOKやBaiduIMEなんてのもありますが、BaiduIMEは無断で文字入力の内容を自社サーバに送信していることがバレて、えらい問題になってますよね。

日本語入力だとATOKの評判がいいのですが、ぼちぼちいい値段だし・・・ちょっとぐらい我慢すればいいかというわけで、今までずっとMS-IMEを使い続けてました。

でも、ホリエモンは記事の中で、「文章を書く仕事をしていてGoogle日本語入力を使ってないって有り得ない」と言っております。ふむ、そうなんだ・・・

いわしはブログに限らず、仕事で文章を書くことが多いので、これを機にIMEを変更することにしました。ダメなら元に戻せば済むことですしね。

Google日本語入力のインストール

では、さっそくGoogle日本語入力をインストールしてみましょう。特にややこしい設定もなく、作業は数分で終了します。

まずはこちらからGoogle日本語入力のインストールファイルをダウンロードします。

Google 日本語入力
思いどおりの日本語入力。Google 日本語入力は、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供します。

「Google日本語入力をダウンロードする」をクリックして・・・

Google日本語入力 ダウンロード

「同意してインストール」をクリックします。

Google日本語入力 インストール

すると、Google日本語入力インストール用ファイルがダウンロードできます。

Google日本語入力 インストール用ファイル

このファイルをダブルクリックすると、インストールが始まります。

Google日本語入力 インストール中

最後に初期設定をして、Google日本語入力のインストールは終了です。いわしはとりあえず全ての項目にチェックを入れました。

Google日本語入力 初期設定

これでめでたくGoogle日本語入力が使えるようになりました。言語バーはこんな感じです。

Google日本語入力 言語バー

スポンサーリンク

Google日本語入力を使ってみる

さて、実際にGoogle日本語入力を使ってみた感想ですが、Google検索窓のサジェスト機能がそのまま文章入力で使えるような感覚です。長文もいちいち最後まで入力する必要がないので、慣れると入力スピードがかなりアップすると思います。

あと、Google日本語入力は、固有名詞の変換にもバッチリ対応しています。

京都の方ならわかってもらえると思いますが、通常のIMEだと一発で変換できない地名ってありますよね。たとえば「西洞院」や「西院」です。

辞書に登録していない場合は、いちいち「西」「洞」「院」と一文字ずつ入力しないといけません。でも、Google日本語入力ならこの通り・・・おお、すばらしい~♪

Google日本語入力 西洞院を入力中

「西院」だって「さいい」まで入力すればOKです。う~ん、すばらしい・・・

Google日本語入力 西院を入力

四字熟語もほらこの通り。「荒唐無稽」だって「こうとうm」でもう候補が表れました。

Google日本語入力 荒唐無稽を入力

Google日本語入力は専門用語だってお手の物。下の記事にもあるように、「色素増感型太陽電池」や「ポリメラーゼ連鎖反応」、「トリクロロエチレン」といった科学用語も、強力すぎるサジェスト機能でバリバリ変換してくれます。

Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編 | Chem-Station (ケムステ)
つい先日公開されたばかりのGoogle日本語入力システム。いやこれはマジ凄い。何がって、その強力すぎるサジェスト機能が。化学用語だろうがなんだろうが、バリバリサジェストしてくれるんだぜ?これ。

さらにはこんな用語までサジェスト機能がカバーしています。

「オーバードライブ」と入力すると「波紋疾走」が変換候補に表れ、「サンライトイエローオーバードライブ」も、ちゃんと「山吹色の波紋疾走」で候補に表れます。「ジョジョの奇妙なGoogle日本語入力」かぁ・・・Google日本語入力って凄すぎる (^_^;

ジョジョの奇妙なGoogle日本語入力。ありのまま今起こった事を話すぜ!! | あなたのスイッチを押すブログ
昨日、一件のツイートが大きな波紋を作り出しました。 「オーバードライブ」って入力すると「波紋疾走」って変換されるGoogle日本語入力ハンパない。 — ばんかさん (@bamka_t) 12月 4, 2012...

インストールしたばかりなので、まだ評価を下すには早いかもしれませんが、よく使う単語はちゃんと上位に表示されるようになってますし、地名などの固有名詞もバッチリ対応、さらには専門用語やマニアックな世界までカバーする強力なサジェスト機能。Google日本語入力に慣れれば元のIMEには戻れないでしょうね。

もっと早く使えばよかったかなぁ・・・(^_^;

「Google日本語入力」の便利な使い方

さて、Google日本語入力には実用的なものからお笑い系のものまで、たくさんの機能が搭載されています。ライフハッカーさんの記事を参考にして、いくつか試してみました。

『Google日本語入力』の覚えておきたい便利技10選

まずは郵便番号から住所を入力してみます。京都市役所の郵便番号は〒604-8571なので、こいつを入力してみると・・・全部入力する前にもう候補が表れました。

Google日本語入力 郵便番号から住所を入力

続いてお笑い機能(?)の占いです。「おみくじ」と入力して変換してみると・・・おお、大吉ですよ、大吉!
Google日本語入力のおかげで、今日一日幸せに過ごせそうですwww

Google日本語入力 おみくじ機能

他にも、西暦から元号を出す、計算機能、カタカナから英語への変換なんかは知っておくと便利かもしれませんね。Googleの検索窓にも同じような機能がありますが、こちらは文字を入力できるところであればどこでも使えます。

う~ん、今更ながらGoogle日本語入力の便利さに驚いています。こういった作業効率を向上させるツールは、すぐに使わないといけませんね。地名の入力にあれだけ時間をかけていたのは何だったんだろうか・・・

というわけで、文章入力はいまだにMS-IMEやことえりだという方も、試しにGoogle日本語入力を使ってみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました