新しい個人向けメディアサービス「note」に登録してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

noteトップページ

「note」はピースオブケイクが新しくリリースした、個人向けのコンテンツプラットフォームです。noteで発表したコンテンツを通じて、他のクリエイターとコミュニケーションができるだけでなく、有料でコンテンツを販売することも可能です。

いわしもちょうど動画コンテンツの販売を考えていたところなので、さっそくnoteに登録してみました。いわしのnoteはこちらでございます。公開中の動画を試しにアップしてみました。

Screenshot of note.mu

ウィンドミル いわし (windmill) | note

スポンサーリンク

デジタルコンテンツのプラットフォーム「note」

「note」は、新しい電子メディア媒体「cakes」を運営するピースオブケイクが新しくリリースした、個人向けデジタルコンテンツのプラットフォームです。

コラムや小説といった文章を主体に、写真や音楽、動画などをnoteに投稿して、SNSのようにシェアしたりコメントすることができます。

投稿したコンテンツは無料で公開するだけでなく、有料での販売も可能です。

Screenshot of note.mu

note ――つくる、つながる、とどける。

販売する場合は、決済手数料などを含めて15%がコンテンツの販売手数料になります。amazonのKindleダイレクト・パブリッシングやibooksの手数料と比べるとはるかに良心的ですね。

もちろん、いくら手数料が安くても売れなければ意味はありませんが、クリエイターが手軽に作品を出品して、収益化を図れる場ができたってことに可能性を感じます。

例えてみると、amazonやibooksが書店なら、noteは誰でも参加できるwebフリーマーケットといった感じでしょうか。ただ、noteは手軽な分、販売までの導線やマーケティングまで自分で考えないといけませんが、チャレンジしてみる価値はあります。

noteに登録する

では、さっそくnoteに登録してみましょう。まずはトップページの「noteをはじめる」をクリックします。

note noteをはじめる

登録方法は4種類、「cakesアカウントをお持ちの方」「Facebookで登録」「Twitterで登録」と、「メールアドレスで登録」です。今回はメールアドレスで登録しました。

メールアドレスとパスワードを入力して、自分のユーザーネームを決めましょう。「利用規約に同意する」をチェックして、「登録」をクリックします。

note noteに登録

続いて関心のあるジャンルを選択。複数選択可能です。また、ここをスキップすることもできます。「つぎへ」をクリック。

noteに登録 関心のあるジャンルを選択

続いてプロフィールの設定です。自分の名称と紹介文を入力して、「noteをはじめる」をクリックしてください。

note登録 プロフィールの設定

これでnoteに登録することができました。初期画面はこんな感じで、とってもシンプルです。検索機能もついてませんし、ちょっとシンプル過ぎる気がしますけど・・・

note登録完了 初期画面

その理由を加藤氏が自身のnoteで明かしています。「noteはとんでもなくシンプルな状態でスタートしました。理由はかんたんで、とにかくわかりやすくしたいからです」とのことです。

「今後、検索機能はつけます」とあるので、検索機能は追加されるみたいですね。今は使い勝手とシンプルさのバランスを調整している段階なのでしょう。

Screenshot of note.mu

noteをはじめて9日目 | 加藤貞顕 | note

スポンサーリンク

noteに投稿してみる

では、noteに何か投稿してみましょう。最初は「トーク」から、投稿窓には「今なにしてる?」と表示されています。

note トークで投稿

トークの文字数は、twitterのように140文字に制限されています。文章を入力して、「投稿」をクリックしてください。投稿には画像も表示できますよ。

note トークに投稿

こんな感じで投稿が表示されました。

note 投稿

他にも「イメージ」「テキスト」「サウンド」「ムービー」の投稿に対応しています。

さて、いわしが今回noteに登録した理由は、動画コンテンツを有料で販売したかったからなのですが、noteでの動画の販売にはまだ対応していないようです。

ムービーの投稿には「YoutubeまたはvimeoのURLを貼り付けてください。」と記載されているだけで、今のところはyoutubeとvimeoの動画を公開するだけの機能しかありません。

noteで動画を販売しようと思ったら、現時点ではサンプルと完全版の動画を2本作り、noteには無料のサンプル動画を掲載して、有料のテキストに完全版のアドレスを記載すればいいのかな。

note側で動画販売に対応しようと思ったら、youtubeと技術提携するか、自前の動画アップ用サーバーがないと無理でしょう。となると、noteで動画を販売するのはまだちょっと先の話になりそうです。

ただ、今は未対応とはいえ、その辺はちゃんと考慮しているはずなので、そのうちnoteで動画が販売できるようになると思われます。

noteはまだリリースされたばかりなので、操作方法や使い勝手はこれからどんどん改善されていくでしょう。コンテンツが手軽に販売できるというnoteの特性を生かすべく、いわしもnoteでいろいろ試してみようと思ってます。

note これからの進化が楽しみ

noteをリリースしたピースオブケイク代表の加藤貞顕氏は、元々ダイヤモンド社で「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」などを担当した辣腕編集者でした。

noteの前身、「cakes」を立ち上げた時から、個人で発信できるプラットフォームを作ることにも興味を持っていたそうです。メディアの世界に長く身を置き、メディアを熟知している加藤氏だけに、noteがこれからどう進化していくか楽しみですね。

Screenshot of jp.techcrunch.com

ベテラン編集者が手がける「note」は個人の発信とコミュニケーション、課金までをワンストップで実現する | TechCrunch Japan

スポンサーリンク

note 参考記事

noteの操作方法やテキスト投稿は、こちらの記事でわかりやすく解説されています。

Screenshot of tedate-navi.sub.jp

note.muを始めた・始めたい人に送る使い方まとめ | てだて

しゅうまいさんの「noteで有料コンテンツを公開する方法」です。

Screenshot of shumaiblog.com

cakesの個人版?「note」で有料コンテンツを公開する方法 | しゅうまいの256倍ブログ neophilia++

あと、noteの変わった使い方、面白い使い方はこの辺の記事が参考になるかと。紙媒体とは違う、noteならではの使い方がこれからどんどん出てくるといいですね。

Screenshot of note.mu

[Tip] ボクが見かけたユニークな note の使い方。 | おおしま☆ゴー(大島剛) | note

Screenshot of lifefrom45.net

noteの使い方、独自化した面白いコンテンツが売れるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました