StageCameraHDの使い方 高画質無音マナーカメラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

StageCameraHD

iOS8から大幅に向上した画像技術を使って高画質を実現したiPhone/iPad向け無音マナーカメラアプリ「StageCameraHD」をご紹介します。

iPhone/iPadにはたくさんのカメラアプリがありますが、iOS8以降に最適化されたStageCameraHDは、高画質ながらシンプルで使いやすい無音マナーカメラアプリです。

StageCameraHDは、iPhone側面のサイレントスイッチをONにすれば、シャッター音を消して撮影できます。また、無音マナーカメラの機能だけでなく、画像サイズ変更、ズーム機能、露出調整、手ブレ補正などの機能も無料で使えます。

ビデオ撮影の機能も充実していて、画質を落とさず録画できるズーム機能や、手振れ補正機能によるビデオ録画が可能です。

撮影5回につき1回表示される広告も、有料版の StageCameraPro を購入すれば表示されなくなります。

StageCameraHDは撮影時のシャッター音が消せるだけでなく、カメラアプリとしての性能も優れています。まさしく高画質無音マナーカメラと呼ぶにふさわしいアプリです。

スポンサーリンク

StageCameraHDの使い方

では、StageCameraHDを使ってみましょう。ダウンロードは以下から行ってください。

StageCameraHD - 高画質マナー 無音カメラ

StageCameraHD – 高画質マナー 無音カメラ
appstoreからダウンロード

もしくはAppStoreで「StageCameraHD」と検索してください。数種類出てきますがどれも同じです。右上の「入手」を押してiPhoneまたはiPadにインストールしてください。

StageCameraHD AppStore

最初から有料版を購入される方は「StageCameraPro」で検索してください。

StageCameraHDのメイン画面です。iPhone4sから一気に4世代飛ばしてiPhone6sPlusに買い換えたので、新旧のStageCameraHDメイン画面を掲載しておきます。左側がiPhone4s、右側がiPhone6sPlusのメイン画面です。

StageCameraHD 新旧画面比較

全体的にシンプルな構成で、上部の左から画像サイズ変更、背面LED点灯、正面/背面カメラ切り替え、設定、広告表示までの回数となっています。

下部は左からカメラロール表示、撮影ボタン、写真/ビデオ切り替え、露出調整です。iPhone4sでは使えなかったズームもちゃんと使えるようになっています。

StageCameraHDの機能

右下の「▲」マークで写真と動画撮影を切り替えます。操作はシンプルで、何ら難しいところはありません。

StageCameraHD 写真とビデオ切り替え

左上で画像サイズを変更することができます。以前は3264×2448までしか対応しませんでしたが、現在は有料版のPROであれば4032×3024までのサイズをサポートします。

また、iPhone7以降はインカメラの解像度が上がり、3088×2320の高画質で撮影が可能になりました。

StageCameraHD 画像サイズ変更

iOS8からサポートされたAEロック時露出補正機能も使えます。左下の「AE」ボタンを押すと黄色のスライダーが表示され、被写体の露出を調整することができます。

StageCameraHD AEロック時露出補正機能

ズーム機能もこの通り。最近のiPhoneは手ブレ防止機能のおかげで、ズームしてもあまりブレなくなりました。

StageCameraHD ズーム機能

以前は右上に画面明るさ調整スライダーが、右下にセカンドビューが配置されていました。暗い場所の撮影でも目立たないように画面を暗くするという機能でしたが、現在は使えないようです。

StageCameraHD 画面明るさ調整スライダー

StageCameraHDは無音マナーカメラとしての機能だけではなく、ズーム機能や動画撮影時の手ブレ補正機能なども充実していて、カメラとしての基本性能自体が高いアプリです。

スポンサーリンク

StageCameraHD ビデオ撮影

StageCameraHDは、動画やビデオ撮影機能も充実しています。ビデオサイズは1920×1080のフルHD画質と、1280×720の2種類から選べます。

最新のiOSビデオ撮影機能を活かして、ズームによる拡大・縮小はとてもなめらかに行えます。また、ズームは7倍まで可能で、最大倍率でも画質を落とさずに撮影できます。

さらに、iPhoneの手振れ補正機能により、ブレの少ないビデオ撮影ができます。

下の画像は最大ズームで手振れ補正をONとOFFに切り替えたものです。ご覧の通り、手振れ補正をONにすると手ブレを抑えたビデオ撮影ができます。

stagecamera ビデオ手振れ補正

有料版のStageCameraProで広告非表示

右上の歯車マークを押すと、オプション設定に移ります。手振れ補正の切替や「位置情報の付加」「グリッド表示」「撮影日時の焼き付け」「連続撮影モード」など数項目の設定が可能です。

stagecamera オプション設定

有料版StageCameraProのアップグレードもこちらで行います。

StageCameraProにアップグレードすると、広告を非表示にすることができます。また、写真のさらなる高画質化が可能というメリットもあります。

無料版のStageCameraHDは、撮影5回につき1回広告が表示されます。非表示にするならアップグレード版の StageCameraPro を購入してください。価格は240円です。

StageCameraHD 広告の表示

アップグレードは設定の一番下にある「アップグレード」で行います。「アップグレードの購入:¥240」をタップして、後はiTunesと同様の手続きでアプリを購入します。

StageCameraHD アップグレード

こちらがStageCameraHDからStageCameraProにアップグレードした後のメイン画面です。広告のカウント回数が消えていますね。

StageCameraPro 広告非表示

スポンサーリンク

StageCameraHDはiPhone5以降・iOS8以降のみ対応

ちなみに、StageCameraHDの推奨機種はiPhone5以降、OSはiOS8以降のみ対応です。もちろん、最新のiPhone8やiPhoneXにも対応しています。

以前にiPhone4Sを使っていたときは、ズームが使えなかったり、画質が1280*720しか選べないといったデメリットがありましたが、iPhone5以降は無料版のStageCameraHDでもほぼ全ての機能が使えます。

StageCameraHDはiOS8以降に最適化されているので、iPhone5やiPhone6以降の機種をお持ちの方なら、本来の高画質を活かした使い方ができるでしょう。

以前は3264×2448までのサイズしかサポートしていませんでしたが、現在はiPhone6Plus、iPhone6sPlus以降のフルサイズ4032×3024にも対応しています。

StageCameraHDは、無音マナーカメラとしての機能だけではなく、写真や動画を撮影するための基本性能自体も高いアプリです。ぜひメインのカメラアプリとして使いこなしてください。

コメント

  1. 山崎 より:

    はじめまして!
    突然すみません。StageCameraHDの検索でここを見つけました。

    以前は機能拡張のためにStageCameraHDを課金でアップグレードしましたが、
    後でStageCameraProというアプリがあるのに気が付きました。
    こちらも240円らしいですが、
    機能が違うんだったら、納得というか。
    何だかモヤモヤしています。

    • wind-mill_iwashiblog より:

      無音で撮影するためだけならHDがあればいいので、PROにする必要はないでしょうね。あとは追加される機能と金額との兼ね合いでしょうか。
      HDとPROはそれほどの差はないような気がします。あとは山崎さんがどう判断されるかですね。

タイトルとURLをコピーしました