WordPress 日本語URLをエンコードして301リダイレクトさせる方法

スポンサーリンク

日本語URLを修正して301リダイレクトさせる

WordPressで設定した日本語URLをエンコードしてから、プラグインで301リダイレクトさせる方法を解説します。

今回は301リダイレクト設定ができるWordPressプラグイン「Redirection」に修正前と修正後のURLを入力してリダイレクトさせました。

スポンサーリンク

WordPress 日本語URLの修正

いわしの自社サイトは長らくほったらかしで、いろいろあった問題点をちょっとずつ修正しているところです。その中の1つとして、日本語URLのページを英数字のURLに変換するということをやってます。

WordPressではパーマリンク設定で「投稿名」を選ぶと、タイトルがそのままURLとして設定されます。日本語で書いたタイトルは当然日本語URLとしてパーマリンク設定されてしまうので、英数字のURLで公開する場合はいちいち日本語になったURLを英数字のURLに修正する必要がありました。

昔は日本語URLがSEOで有利だと言われていたので、いわしはパーマリンクを修正せず、タイトルをそのまま日本語URLとして公開していました。

でも、近年は日本語URLのSEO効果が薄れてきたようですし、元々日本語URLはSNSでシェアしてもらいにくかったり、URLが長くなりすぎるというデメリットもありました。

どうせ手直しをするなら、以前から気になっていた日本語URLも修正しちゃおうということで、日本語URLをエンコードしてからWordPressプラグイン「Redirection」に修正前と修正後のURLを入れて301リダイレクトさせました。

いわしは以前にブログの日本語URLを英数字URLに変更しましたが、今回もその時と同じことをやってます。

301リダイレクトとは?

301リダイレクトはドメイン名やURLなどを変更した時の転居届みたいなもので、別名「永久転送」と呼ばれています。SEOの観点から見ても非常に重要な技術で、上位表示されているウェブサイトのドメイン名や記事のURLを変更した場合は、301リダイレクトを使ってURLが移転したことを通知しないといけません。

301リダイレクトを使うと、URLが変わっても以前のページ評価が引き継がれるので、検索順位の低下を防ぐことができます。

しかし、301リダイレクトを使わないと移転前と移転後のURLが別モノと判断され、ページ評価は引き継がれません。ですから、移転後は検索順位が一気に下がってしまいます。

301リダイレクトを行う際は.htaccessを使うか、Googleウェブマスターツールで設定するのが一般的ですが、WordPressなら301リダイレクト設定プラグインがあるので、簡単に301リダイレクトの設定ができます。

スポンサーリンク

WordPressプラグイン Redirection

では、WordPressプラグインの「Redirection」を使って、301リダイレクトを設定してみましょう。

まずはプラグイン「Redirection」をインストールします。左メニューの「プラグイン」→「新規追加」から、右上にある検索窓へ「Redirection」と入力してください。「いますぐインストール」をクリックして、Redirectionをインストールします。

WordPressプラグイン Redirection

Redirectionのインストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックして有効化してください。以後は左メニューの「ツール」から「リディレクション」を設定します。

WordPressプラグイン Redirection 設定

Redirectionの設定画面です。

WordPressプラグイン Redirection設定画面

「新しい転送ルールを追加」にある上の入力欄「ソース URL:」に移転前のURLを、下の「ターゲット URL:」に移転後のURLを入力して、「新しい転送ルールを追加」をクリックします。

WordPressプラグイン Redirection URL入力

Redirection 日本語URLのエンコード

さて、ここで注意点がひとつあります。「ソースURL」で日本語URLをそのまま入力しても、正しくリダイレクトされません。日本語URLはエンコードしてから入力する必要があります。

一例を挙げると、上の日本語URLはそのままで、下のURLはエンコードされています。「ソースURL」にはエンコードされたURLを入力してください。

  • http://wind-mill.co.jp/日本語/
  • http://wind-mill.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E/
  • 日本語URLエンコードツール

    日本語URLのエンコードはこのツールを使いました。日本語URLを扱う場合に重宝するURLエンコード・デコードツールです。

    http://tech-unlimited.com/urlencode.html

    URLエンコード・デコード|日本語URLをサクッと変換 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited

    まずはエンコード/デコードを選び、左窓にURLを入力して変換ボタンを押せば、ご覧のように変換されたURLが出力されます。今回の場合はエンコードですね。

    日本語URLエンコード

    しかし、エンコードされたURLを見ると、変換する必要のないスラッシュ「/」までエンコードされていますね。これを防ぐためには、半角英数字は除外して、日本語の部分だけをエンコードすればよいでしょう。その後でエンコードされた日本語URLに「http://」などを付け直してください。

    流れで見るとこんな感じですね。

    元のURL「http://wind-mill.co.jp/日本語URL/」→
    日本語URLだけ抽出 「日本語URL」→
    エンコード 「%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E」→
    正規URLに変換 「http://wind-mill.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E/」

    Redirection 301リダイレクト転送を追加

    新しい転送ルールが追加されると、転送リストに表示されます。

    WordPressプラグイン Redirection 転送ルール追加

    リストのURLをクリックすると、301だけでなく他の転送ルールも設定できます。

    WordPressプラグイン Redirection 転送ルール設定

    ちなみに、Redirectionで設定できるリダイレクトは以下の3種類ですが、303 (See Other)というのもあります。普通は301(永久的なリダイレクト)か、302(一時的なリダイレクト)しか使いません。

    301(Moved Permanently)
    302(Found)
    307(Temporary Redirect)

    最後にブラウザのアドレス欄に移転前のURLを入力して、きちんとリダイレクトされているかどうか確認してください。同じページがURL違いで表示されればOKです。

    ちなみに、これは転送ルール一覧の右側に表示されているヒット数で、新URLへ転送した数を表しています。Redirectionで転送設定していなければ、これだけのアクセスが404エラーで表示されなかったということですね。

    WordPressプラグイン Redirection ヒット数

    あとはウェブマスターツールのURLエラーを修正すれば完璧です。URLを変更すると、しばらくしてから旧URLがエラーとして表示されるので、「修正済みとする」に変更しておきましょう。

    今回はウェブマスターツールについて詳しく説明しませんが、こちらもSEOを考えると重要な作業ですよ。いわしは以前にウェブマスターツールでURLエラーだらけのサイトをすべて「修正済みとする」にして、順位が一気に上昇したという経験があります。

    この時にやったことはそのうちブログで発表しますね。

    スポンサーリンク
    PC用
    PC用

    フォローする