WordPress 更新したプラグインを元のバージョンに戻す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPress 更新したプラグインを元のバージョンに戻す

WordPressで最新バージョンにアップデートしたプラグインがうまく動かないときに、元のバージョンに戻して修正する方法を解説します。

※ WordPressプラグインの中には脆弱性を持つものがあり、その対処はプラグインの更新によって行われています。古いバージョンのままプラグインを使い続けるのは危険なので、このような方法はあくまで一時的にとどめて、早急に更新することをお勧めします。

スポンサーリンク

プラグインのアップデートによるトラブル

WordPressの特徴の一つとして、様々な機能を追加できるプラグインがあります。

プラグインは機能向上やセキュリティ対策のため、随時新しいバージョンに更新されていますが、更新情報に従ってアップデートしておけば、常に最新バージョンのプラグインが利用できます。

しかし、プラグインをアップデートすると、稀にうまく動かないといったトラブルが発生します。今回はウェブサイトやブログをサムネイル画像付きで紹介できる「Browser Shots」の動作がおかしくなりました。

数日前に「Browser Shots」を最新バージョンの1.2にアップデートしたところ、サムネイルの画像サイズとキャプチャ範囲に異常が発生しました。元々はこのように表示されていましたが・・・

WordPressプラグイン BrowserShotsサムネイル画像

プラグインのアップデート後はサムネイル画像が縦に間延びしています。

Browser Shots サムネイル画像サイズがおかしい

これはプラグインを最新バージョンにアップデートしたことが原因なので、Browser Shotsを一旦元のバージョンに戻して修正します。

Browser Shotsの正しい修正はこちらを参考に・・・プラグインのバージョンを元に戻すのは、あくまで一時しのぎの方法です。

Browser Shotsのサムネイルを修正する
サムネイル付きのリンクが簡単に作成できるWordPressプラグイン「Browser Shots」で、サムネイルの表示がおかしくなる不具合を修正しました。 BrowserShotsのバージョン1.2以降では、コード内にサムネイ...

更新したプラグインを元のバージョンに戻す

更新したプラグインを元のバージョンに戻す(ダウングレード)方法ですが、まず元バージョンのプラグインをダウンロードして、最新バージョンのプラグインを一旦削除してから再度インストールします。

プラグインの元バージョンをダウンロード

まず最初に元バージョンのプラグインをダウンロードします。左メニューの「プラグイン」から、該当するプラグインの「詳細を表示」をクリックします。

WordPressプラグイン 詳細を表示

プラグインの詳細ページに移動します。右側の「WordPress.org プラグインページ」をクリックしてください。

WordPressプラグイン プラグインページへ移動

WordPress.orgのプラグインページへ移動しました。ここでは表面上最新バージョンのプラグインしかダウンロードできませんが、URL末尾に「download」を追加すると、旧バージョンのプラグインもダウンロードできるようになります。

WordPressプラグイン WordPress.orgプラグインページ

ここでのURLはこのようになっていますが・・・
https://wordpress.org/plugins/browser-shots/

URLの末尾に「download」を追加すると、旧バージョンのプラグインが一覧で表示されます。
https://wordpress.org/plugins/browser-shots/download/

Browser Shotsの最新バージョンは1.2ですが、その前のバージョン1.0をダウンロードします。これで元バージョンのプラグインが用意できました。

WordPressプラグイン 旧バージョンをダウンロード

他のプラグインページでも、末尾に「download」を追加すればバージョン一覧が表示されますよ。

アップデートしたプラグインを削除

次にアップデートしたプラグインを削除します。まずは左メニューの「プラグイン」からプラグイン一覧を表示させて、該当プラグインの「停止」をクリックしてください。

WordPressプラグイン プラグイン停止

続いて「削除」をクリックします。

WordPressプラグイン 削除

確認画面が表示されるので、「はい、これらのファイルを削除します」をクリックしてください。

WordPressプラグイン 削除 確認画面

Browser Shotsを削除したので、サムネイル画像の代わりに以前のショートコードがそのまま表示されています。

WordPressプラグイン BrowserShotsのショートコード残骸

元バージョンのプラグインをアップロード

最後に元バージョンのプラグインをアップロードします。左メニュー「プラグイン」→「新規追加」へ進み、「プラグインのアップロード」をクリックします。

WordPress プラグインのアップロード

「ファイルを選択」をクリックして、プラグインのファイルを選択してください。

WordPress プラグインのアップロード

「いますぐインストール」をクリックすると、プラグインのインストールが始まります。

WordPressプラグイン いますぐインストール

最後に「プラグインを有効化」をクリックすればインストールは完了です。

WordPressプラグイン プラグインを有効化

Browser Shotsのバージョンが1.0に戻りました。最新バージョンではないため、更新案内が表示されていますね。

WordPressプラグイン BrowserShots バージョン1.0に戻る

これでBrowser Shotsのサムネイル画像が元に戻りました。

WordPressプラグイン BrowserShotsサムネイル画像

ちなみに、いわしがWordPressを使い始めてから、プラグインの更新でトラブルが起こったのは今回が初めてです。通常はプラグインを更新しても滅多にトラブルは起こりませんが、もしもの時はこのやり方を参考にしてください。

コメント

  1. […] WordPress 更新したプラグインを元のバージョンに戻す | いわしブログ […]

  2. […] バージョンを元にもどすという手もあります。 WordPress 更新したプラグインを元のバージョンに戻す | いわしブログ […]

タイトルとURLをコピーしました