iPhone機種変更時に必要 LINEアプリとデータをiCloudから移行する

スポンサーリンク

iPhone機種変更時 iCloudからLINEデータ移行

iPhone機種変更時に行ったLINEアプリとデータ移行について解説します。

今回の機種変更ではiCloudのバックアップから連絡先やアプリのデータを復元させたのですが、LINEのデータは最初の本人確認で必要な情報を入力すると全て元通りになりました。トーク履歴もちゃんと引き継ぎできますよ。

ただし、LINEのスムーズな移行のためにはLINEに登録したメールアドレス、パスワード、PINコードが必要です。この3つは必ず事前に控えておくようにしてください。

iPhone機種変更時 iCloudなら簡単にアプリ移行が可能

iPhone6S
いわしは長年iPhoneを愛用しています。最初は3GSからはじまり、iPhone4S登場時に機種変更して以来、ずっと4Sを使い続けています。その後にiPhone5,6が登場して画面の大型化が進みましたが、特に不満もなく4Sを使い続けていました。

しかし、iOS8になってから文字入力時に短いフリーズが多発するようになり、iPhone4Sは今のiOSに不向きだということで、機種変更を検討していました。

Androidスマホも何点か候補に入れていたのですが、今更一からお勉強するのも面倒なので、今回のiPhone6S登場を機にMNPを利用してiPhone6Splusに機種変更しました。

2年縛りはあるものの、移行にかかった費用は事務手数料のみ、以後の月額料金もほぼ同じです。しかも、半年経てばSIMロックを解除できるので、海外でも使えるようになります。

画面は大きいし、動きはサクサクだし、やっぱり新しいiPhoneはええのぉ・・・(^^)

さて、肝心のデータ移行ですが、今回はiCloudのバックアップから連絡先やアプリのデータを復元させました。iCloudの容量は5ギガしかありませんが、いわしのiPhoneはこれで十分です。

移行作業は実にスムーズで、連絡先や写真、アプリなどの各種データも問題なく移行できましたが、アプリによっては認証や確認作業が必要になります。

LINEの場合は、初回だけ本人確認が必要です。登録済みのメールアドレスとパスワードがあれば、以前と同じようにLINEが使えますよ。もちろん、連絡先やトーク履歴、購入済みのスタンプもちゃんと移行できます。

iCloudからLINEデータ移行 本人確認

では、LINEで本人確認をしてみましょう。データを移行してから、最初にLINEを起動させると左側の本人確認画面が表示されます。登録済みのメールアドレスとパスワードを入力して次に進みましょう。

iPhone機種変更時 LINEデータ移行 本人確認

続いてPINコードを入力します。忘れた場合は登録済みのメールアドレスから再発行しましょう。

iPhone機種変更時 LINEデータ移行 PINコード入力

「アップデートのご案内」というのが出てきますが、ここでは関係ないのでそのまま番号認証へ進み、現在使用中の携帯電話番号を入力してください。

iPhone機種変更時 LINEデータ移行 電話番号入力

入力した携帯電話番号に認証番号が記載されたSMSが届きます。LINEの利用登録画面で認証番号を入力してください。

iPhone機種変更時 LINEデータ移行 認証番号入力

最後に友だちの追加設定です。勝手に友だち追加されないようにするなら両方ともOFFにしてください。設定が面倒であればそのままにしておきましょう。これでLINEの移行作業は終了です。

連絡先やトーク履歴、購入済みのスタンプも以前のまま使えます。

iPhone機種変更時 LINEデータ移行 トーク履歴もそのまま

今回はiCloudからデータを移行させましたが、iTunesでも同様の作業でLINEその他アプリのデータを移行できます。iPhone機種変更時のデータ移行は思った以上に簡単でした。

ただし、LINEのスムーズな移行のためにはメールアドレス、パスワード、PINコードが必要です。iPhoneに限らず、機種変更時にLINEのデータをスムーズに移行させるため、これら3つの情報は必ず控えておいてください。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする