WordPressバックアップ用プラグインの決定版! All-in-One WP Migration

スポンサーリンク
スポンサーリンク

All in One WP Migration 有料エクステンション

WordPressバックアップ用プラグインの決定版!激しくオススメ!

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を使ったWordPressのバックアップと、サーバー引越しで必要になるサイトデータ移行方法をご紹介します。

WordPressのバックアップは自力で行う必要がありますが、All-in-One WP Migrationを使うと、ワンクリックでバックアップデータを作成することができます。

また、WordPressサーバー移行は初心者にとって難しい作業でしたが、All-in-One WP Migrationを使うと、拍子抜けするぐらい簡単に移行作業が終了します。

さらに、有料のエクステンションを導入することで、外部のクラウドストレージサービスを利用したり、スケジューラーによる自動バックアップも可能になります。

スポンサーリンク

サイトデータのエクスポート

では、All-in-One WP Migrationをインストールしましょう。WordPressのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」→ 検索窓から「All-in-One WP Migration」と入力します。

All-in-One WP Migrationを「今すぐインストール」して有効化してください。

All in One WP Migration インストール

これからエクスポートファイルを作成しますが、無料版のデータ容量は512MBまでとなっています。データ容量節約のため、不要なプラグイン等は事前に整理しておいてください。

今回は以前から利用しているバックアップ用プラグイン「BackWPup」を外しました。サーバー内にもバックアップデータが残っているので、削除しておきます。

WordPress バックアッププラグイン

左側メニューに追加された「All-in-One WP Migration」から「エクスポート」をクリックします。

All in One WP Migration エクスポート

サイトをエクスポートします。「エクスポート先」をクリックして、「ファイル」を選択してください。

All in One WP Migration エクスポート

エクスポートファイルの作成が始まります。しばらくお待ちください。

All in One WP Migration エクスポート

エクスポートファイルが完成しました。バックアップデータの作成はたったこれだけで完了です。「DOWNLOAD IWASHIBLOG.COM」をクリックしてファイルをダウンロードしてください。

All in One WP Migration エクスポート

All-in-One WP Migrationのエクスポートファイルは「.wpress」という名称です。WordPress本体や画像、データベースその他一式がこのファイルに集約されています。

ここまでややこしい設定は一切不要、とても簡単にエクスポートファイルが作成できました。もちろん、バックアップデータとしても使えますよ。

All-in-One WP Migration エクスポートファイル

高度なオプションでエクスポートファイルから除外するものを選択できますが、通常は使わなくても問題ありません。ただし、無料版で作成できるデータサイズの上限が512MBなので、それを超える場合はこのオプションを使う必要が出てきます。

All in One WP Migration 高度なオプション

バックアップデータのインポート

続いて移転先のサーバーにバックアップデータをインポートします。事前にWordPressとAll-in-One WP Migrationをインストールしておいてください。

左側メニュー「All-in-One WP Migration」から「インポート」をクリックします。

All in One WP Migration インポート

先ほど作成したエクスポートファイル「.wpress」をそのままドロップします。

All in One WP Migration インポート

インポートが始まりました。しばらくお待ち下さい。

All in One WP Migration インポート

「データベースやメディア等を上書きします」というメッセージが表示されるので、「PROCEED」をクリックして続行してください。

All in One WP Migration インポート

「データを正常にインポートしました」という表示が出たらインポートは無事終了しています。続いて「Permalinks Settings」をクリックして、以前と同じパーマリンク構造に設定してください。

All in One WP Migration インポート完了

その前にログインが必要です。ここでは新規にインストールしたWordPressのユーザー名とパスワードではなく、移行前のユーザー名とパスワードを入力してください。

WordPress ログイン

以上、これでWordPressのサーバー移行作業は終了です。以前のWordPress移行用プラグインと比べて、拍子抜けするぐらい簡単に移行作業が終了しました。

All in One WP Migrationを使うと、移行のためのややこしい設定や作業はほとんど不要になります。これなら初心者でも扱えますね。

スポンサーリンク

All-in-One WP Migrationでバックアップを作成

エクスポートファイルはバックアップデータとしても利用可能です。ワンクリックでバックアップデータを作成できるので、定期的なバックアップも苦にならないでしょう。

バックアップの作成は左メニューの「All-in-One WP Migration」から「バックアップ」をクリックします。先ほど作成したファイルが表示されていますね。このデータでサイトを復元することもできます。

All in One WP Migration バックアップ

新たにバックアップを作成する場合は、下の「バックアップ作成」をクリックします。あとはバックアップデータをダウンロードして保存しておいてください。

有料のエクステンションを購入すれば、バックアップのスケジュール設定が可能になりますよ。

All-in-One WP Migration 有料エクステンション

All in One WP Migration 有料エクステンション

All-in-One WP Migrationは無料版でも十分な機能を備えていますが、有料エクステンションを追加すると、さらに便利な機能を追加できます。

エクスポートファイル作成時のオプションとして、FTPやDropBox、Googleドライブなどの外部クラウドストレージサービスをエクスポート先に指定したり、スケジューラーによる自動バックアップが可能になります。

Screenshot of servmask.com

製品紹介| WordPress マイグレーションとデプロイメント | ServMask Inc.

外部クラウドストレージサービスを利用できるエクステンションは$99(約11,000円)です。スケジューラーを設定すれば、日ごと、週ごとのバックアップも可能です。

All in One WP Migration 有料エクステンション

無料版では512MBのデータ容量制限があります。インポートデータの容量を無制限にするエクステンションは69$(約7,700円)です。

All in One WP Migration 容量無制限エクステンション

他にも$199(約22,000円)のマルチサイトエクステンションで、マルチサイトをバックアップすることができます。

All-in-One WP Migrationを使えば、初心者でも簡単にバックアップ・サーバー移行ができるようになります。

すばらしいプラグインです。激しくオススメします。ぜひ使ってみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました