ホンダ カブのバッテリーを自分で交換する

スポンサーリンク

カブ バッテリー交換

ホンダ リトルカブのバッテリーが寿命を迎えたので、Amazonで購入したバッテリーに交換しました。その手順をご紹介します。

バイクショップでバッテリー交換を依頼すると、費用は1万円前後といったところですが、自分で作業すれば費用はバッテリー代の数千円程度だけ、およそ4分の1から5分の1で済みます。

作業時間は、バッテリー電解液の反応待ちを除くと、実質5分から10分程度で終了します。

バイクのバッテリー交換は定期的に行う必要があるメンテナンスの一つですが、交換作業は思った以上に簡単、しかも自前でやればメンテナンス費をかなり節約できます。

工具も普通にあるもので交換できるので、ぜひ一度自分で作業してみてください。

今回はリトルカブのバッテリー交換方法をご紹介しますが、スーパーカブも手順はほぼ同じです。

あと、カブ90は同様の手順で交換可能、バッテリーも同じものが使えますが、カブ110は形式によって交換方法やバッテリーの型番が変わります。

スポンサーリンク

バイクのバッテリーは消耗品

バイクのバッテリーは消耗品で、数年に一度交換してメンテナンスを行う必要があります。

いわしの愛車、リトルカブも前回のバッテリー交換からかなりの年月が過ぎ、バッテリーが急に劣化してきたようです。冬に入り気温が下がったからか、キーを回した時にニュートラルランプが点灯しなくなりました。

カブ バッテリー劣化

カブはバッテリーが弱ってくると、ニュートラルランプの点灯がだんだん弱まり、ウィンカーも点滅せずカチカチ音がしなくなります。また、走行中にホーンを鳴らすと、普段の「ピー」という音ではなく、「ビリビリ」という震えた音になります。

単なるバッテリー上がりであれば、再充電すれば復活するかもしれませんが、今回は長期間バッテリーを使い続けたこともあり、そろそろ寿命と判断しました。

バッテリー購入はネット経由で

バイクショップでバッテリー交換を依頼すると、バッテリー本体の費用プラス工賃が必要です。バッテリー交換はそれほど難しくないので、自分で作業することにしました。

ホームセンターに行くと、純正バッテリーが5000円ほどで販売されています。でもちょっと高いかなぁ。

カブ バッテリー価格

続いてAmazon で「カブ バッテリー」と検索してみると、純正品は半額程度、さらに安い互換バッテリーや、980円で購入できる激安バッテリーも販売されています。

特に支障がなければ、バイクのバッテリーはネット経由で購入したほうが安上がりです。

今回Amazonで購入したのは、ほぼ純正品の台湾ユアサバッテリー「YTX4L-BS」です。

台湾湯浅電池 バッテリー

日本産の純正バッテリーではありませんが、Amazon のレビューを見る限り、問題なく使えるようです。ご覧の通り、説明書も日本語なので安心して使えます。

台湾湯浅電池 YTX4L-BS

他の互換バッテリーや激安バッテリーも問題なく使えそうですが、今回は無難に純正品を選びました。

純正バッテリーの型番は「YT4L-BS」または「FT4L-BS」です。他にCT4L-BSやAT4L-BSといった型番の互換バッテリーもあります。

あと、今回購入したバッテリーは型番が少し違う「YTX4L-BS」ですが、こちらはセル付きバイクに使う高始動型のバッテリーです。「YT4L-BS」との違いは始動性だけで、どちらもカブのバッテリーとして使えます。

スポンサーリンク

カブ バッテリー交換 電解液注入

今回購入したバッテリー「YTX4L-BS」はそのままでは使えず、事前の準備が必要です。このバッテリーは密閉型ですが、使用前に電解液を注入する必要があります。

電解液を入れて反応するまで1時間ほどかかるので、先にこの作業を済ませておきましょう。

バッテリーを箱から取り出して中身を確認します。中にはバッテリー本体と電解液、端子のネジ、説明書が入っています。

YTX4L-BS バッテリー中身

まずバッテリー上部の液注入口保護シールをはがします。

YTX4L-BS バッテリー保護シール

電解液の黒いキャップを取り外します。このキャップは後で使うため残しておきます。アルミのフタは剥がさないで下さい。

YTX4L-BS 電解液キャップ

バッテリーの液注入口から電解液を容器ごと押し込んで注入します。

バッテリーに電解液注入

バッテリーに電解液を注入して、中で反応するまで1時間ほどかかります。ホコリなどが入らないように、先ほどの黒いフタを軽くかぶせてしばらく待ちましょう。

バッテリー 電解液反応待ち

1時間ほど経過したら、黒いフタをハンマー等で叩いてキャップを閉めます。これでバッテリーの準備は完了です。説明書には「バッテリーの寿命を延ばすため初期充電を行って下さい」とありますが、充電器がなければこのまま使っても大丈夫です。

バッテリー密閉

カブ バッテリー交換作業

では、カブのバッテリー交換作業に移ります。必要な工具はマイナスとプラスドライバー、10mmのレンチです。

まずは車体右側のサイドカバーをマイナスドライバーで外します。

カブ バッテリー交換 サイドカバー

サイドカバーを外すと、電装品が現れます。バッテリーはこの奥に取り付けられています。

カブ サイドカバー外す

バッテリー固定ケースのボルトを外します。

カブ バッテリー固定ボルト外す

バッテリーを取り出す時に配線が邪魔になるので、バッテリー固定ケースのツメに掛かっている赤い配線を右によけてください。

カブ バッテリー交換 配線をよける

バッテリーを奥から引き出しました。この状態で端子から配線を外しますが、端子の取り外しと取り付けは順序があるので注意してください。

取り外しの時は緑のマイナス側から端子を外します。

カブ バッテリー交換 端子取り外し

赤いプラス側の端子も外して、古いバッテリーを取り出してください。

カブ バッテリー端子取り外し

続いて新しいバッテリーを取り付けます。取り付けの時は赤いプラス端子から行います。

カブ バッテリー取り付け

緑のマイナス端子にも配線を取り付けて、バッテリーを奥に押し込んで下さい。

カブ バッテリー取り付け

バッテリーケースを元に戻しました。これでバッテリー交換作業は完了です。

カブ バッテリー取り付け

キーを回すと、ちゃんとニュートラルランプが点灯します。ウィンカーも点滅するし、ホーンの音も正常です。

カブ ニュートラルランプ

バッテリーの復活を確認したら、あとは走行テストを行って下さい。

カブのバッテリーは簡単に交換できる

ホンダ リトルカブ

以上、カブのバッテリー交換作業をご紹介しました。バッテリーの事前準備を済ませておけば、作業時間は実質5分から10分程度です。これなら自分でもできると思いませんか?

バッテリー交換は何年かおきに必要なメンテナンスの一つですが、バッテリーは純正品や互換品がネットで安く買えるし、自分で作業すればメンテナンス費をかなり節約できます。

カブのバッテリーは簡単に交換できるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

今回交換した台湾ユアサの純正バッテリー「YTX4L-BS」はこちらです。

純正品よりさらに安い互換品もあります。価格重視の方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする