たった30分で交換! AppleサービスプロバイダでiPhoneのバッテリーを交換してきたよ

スポンサーリンク

クイックガレージ四条烏丸

使い始めてから2年が経過し、劣化が進んだiPhone6s plusのバッテリーを交換するため、先日Appleのサポートページからバッテリー交換を予約しました。

参考記事 iPhoneバッテリー交換をAppleのサポートページから申し込む

その後、AppleサービスプロバイダでiPhoneのバッテリーを交換してきたのですが、交換時間はたったの30分で、以前からおかしかったバッテリーの残量表示もバッチリ直りました。

先日発表されたバッテリー交換費用値下げは、2018年12月31日までとなっています。今なら通常8,800円のバッテリー交換が3,200円で済み、待ち時間もわずかです。

iPhoneのバッテリーが劣化していたり、残量表示がおかしい場合は、ぜひこの機会にバッテリーを交換しておきましょう。

スポンサーリンク

今なら3200円でiPhoneのバッテリーが交換できる

iPhone バッテリー交換

Appleはバッテリー劣化によるiPhone旧モデルの性能低下を認め、iPhone6以降のモデルについて、バッテリー交換費用の値下げを発表しました。通常のバッテリー交換費用は8,800円ですが、値下げ後は3,200円となります。

バッテリー交換費用の値下げ対象となるのは、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone SEです。

以上の機種であれば特に条件はありません。単なるバッテリーの経年劣化でも、3,200円でバッテリー交換が可能です。通常の交換費用を払ったり、自分で交換する手間やリスクを考えると、3,200円など安いものです。ただし、この金額での交換は1機種につき1回限りです。

Amazonには交換用の工具がついたiPhone用バッテリーが販売されているので、やろうと思えば自分で交換することもできます。

でも、慣れない作業で壊してしまうことを考えると、バッテリー交換はアップルストアやサービスプロバイダに依頼するのが一番です。

Appleサービスプロバイダでバッテリーを交換

クイックガレージ四条烏丸

今回のバッテリー交換は、Appleのサポートページから四条烏丸にあるクイックガレージさんを予約しました。場所は四条烏丸の北西側、マクドナルドがあるビルの2階で、大垣書店と同じフロア内にあります。

クイックガレージさんは、MacやiPhoneの修理で長年の実績があるApple正規サービスプロバイダです。京都にアップルストアはないし、たまたま近所にあったのでここを予約しました。

http://www.quickgarage.jp/shop/qg_shijokarasuma

クイックガレージは、Macの修理では20年以上の実績があるグローバルソリューションサービス株式会社が運営する、Apple正規サービスプロバイダです。

受付で事前に予約してある旨を伝えて、早速サービスカウンターでバッテリーを診断してもらいました。カウンターのMacにiPhoneをつないで、Appleの公式診断アプリ(なのかな?)でチェックしてもらうと、バッテリー容量は84%と出ました。この数値が正しければ、まだ十分に使えるレベルです。

バッテリーの容量が80%以上の場合は交換する必要はないとのことですが、今のiPhoneは購入して2年を過ぎ、明らかにバッテリーが劣化して残量表示もおかしいので、交換をお願いしました。

バッテリーの交換は半日ぐらいかかると思っていたのですが、交換作業は30分で終わると聞いて拍子抜けしました。書店の中を適当にぶらぶらしているうちに交換終了です。

スマホのバッテリーは充電を繰り返すうちに少しずつ劣化して、充電容量が減少していきます。そろそろ交換しようと思っていたところなので、ちょうどいい機会になりました。

バッテリー交換料金はAppleの発表通り、3,200円+税でした。この金額でバッテリーが蘇るのであれば安いものです。

スポンサーリンク

バッテリー交換の結果 残量表示も正常に

バッテリー交換前のiPhoneですが、バッテリー残量が正常に表示されませんでした。ついさっきまでバッテリー残量30%と表示されていたのに、突然残量が1%になったり、まだ十分にバッテリー容量があるはずなのに、なぜか電源が切れたりします。

バッテリー診断アプリ「バッテリーライフ」で調べると、こんな結果が出ました。まあ、ヒドイもんです・・・

iphone バッテリー診断結果

それからバッテリーを交換すると、このような診断結果に変わりました。グラフを見れば一目瞭然、バッテリー容量の変動がなくなって、表示が安定するようになりましたね。

iphone バッテリー診断結果

もちろん、バッテリーの残量表示は正常に戻って、突然残量が減ることもなくなりました。

これはiPhoneに限らず、リチウムイオン電池を使うスマホやデバイス全てに言えることですが、バッテリーは充電を繰り返すうちに少しずつ劣化して、充電容量が減少していきます。

今使っているiPhone6S plusも購入して2年を過ぎ、劣化したバッテリーを交換しないといけなかったので、今回の交換費用値下げはちょうどいいタイミングでした。

今ならたったの3200円でiPhoneのバッテリー交換ができて、待ち時間もわずか30分です。バッテリーの持ちが悪かったり、残量表示がおかしいなと思ったら、ぜひ交換してください。

バッテリー交換の予約と診断アプリ

Appleサポート サポート方法

iPhoneのバッテリー交換は、Appleのサポートページから予約できます。手続きはAppleのサポートページ「iPhone のバッテリーと電源」から行ってください。

電話かチャットで事前相談して、配送修理か持ち込み修理を選択します。持ち込み修理の場合は、近隣のApple Storeか、Apple正規サービスプロバイダを検索してください。

Appleサポート サポート拠点検索

修理に出す場合、iPhoneのバックアップは必須です。PCでバックアップする場合はiTunesに、iPhone単体の場合はiCloudにバックアップしてください。

Apple ID のパスワードを確認して、「iPhone を探す」も一旦無効にしておきましょう。

以下の記事でバッテリー交換の予約方法や、修理前の準備方法を紹介しています。

参考記事 iPhoneバッテリー交換をAppleのサポートページから申し込む

バッテリー容量の確認は、iPhoneのバッテリー診断アプリ「バッテリーライフ(Battery Life)」がオススメです。バッテリーが劣化したかなと思ったら、このアプリでチェックしてみてください。

参考記事 iPhoneのバッテリー診断アプリ「バッテリーライフ(Battery Life)」でバッテリー容量を確認する

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする