100均のケーブルカバーでiPhoneケーブルの断線を防ぐ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトニングケーブルカバー

iPhoneやiPadで使うライトニングケーブルの断線を防ぐため、100均で販売されているケーブルカバーを取り付けてみました。

iPhoneやiPadの充電やデータ転送に使うライトニングケーブルは根元が折れ曲がりやすく、使っているうちに根元付近のコードがむき出しになってよく断線します。

今回は100円ショップのダイソーやセリアなどで販売されているケーブルカバーを装着して、根元をしっかり補強できるかどうか試してみました。

ケーブルカバーは価格の割にしっかり作ってあって、ケーブルの折れ曲がりを防いで根元を守ってくれるので、ケーブルがすぐ断線して長持ちしないという方にはオススメです。

スポンサーリンク

スマホのケーブルは断線しやすい

スマホのケーブルは根元が弱く、最初に使っていたアップル純正のライトニングケーブルも1年ほどで断線したので、amazon basic のライトニングケーブルを買い直しました。

このケーブルも根元が断線しそうになってますが、しばらく使い続けると大抵はこうなります。

iphone ライトニングケーブル断線

大抵のスマホは、こんな感じで充電されていると思います。この状態だとケーブルの根元に力がかかって曲がりやすくなりますよね。

iphone 充電中

充電時にコンセントとiPhone本体がほぼ平行ならいいのですが、机や台の上でiPhoneを充電するとコンセントの位置が下になるので、どうしてもケーブルは折れ曲がってしまいます。

コードがむき出しになって断線する前に、なんとか根元を補強する方法はないものか・・・はい、100均にスマホ用のケーブルカバーがありますよ。

今回はダイソーのケーブルカバーと、セリアやキャンドゥで販売されているケーブルカバー2種を使ってみました。どちらもiPhone、iPadのライトニングケーブル用です。

ダイソーのライトニングケーブル用プロテクトカバー

まずは100均のダイソーで販売されている「ライトニングケーブル用プロテクトカバー」を使ってみましょう。中にはケーブルカバーが6個入っていて、USB側とスマホ側の両方に取り付けると3本のケーブルを保護できます。

ライトニングケーブル用プロテクトカバー

カバーは本体とキャップの2つに分かれ、ケーブルのネック部分に本体を挟み、キャップで固定するという仕組みです。寸法はアップル純正のライトニングケーブルに合わせてあるので、他の互換ケーブルを挟むと少し浮いた感じになります。

ライトニングケーブル用プロテクトカバー

同じく100均で購入したライトニングケーブルに取り付けてみました。根元の寸法が合わないので少し浮いていますが、ケーブルの根本はしっかり保護されています。

ライトニングケーブル用プロテクトカバー

スポンサーリンク

セリアのiPhone用Lightningケーブルガード

続いて、100均のセリアやキャンドゥで販売されている「iPhone用Lightningケーブルガード」を装着してみます。

Lightningケーブルガード

ケーブルカバーは2個入りで、根元に着けるゴム製のパーツと、それを固定するプラスチックのパーツが入ってます。

Lightningケーブルガード

取付方法は簡単です。ゴム製パーツで根元を包み、プラスチックパーツで固定します。「Apple純正のLightningケーブル専用のカバーです」とありますが、形状さえ合えば他社製のケーブルでも使えます。

Lightningケーブルガード

Lightningケーブルガードを取り付ける

では、Lightningケーブルガードを取り付けてみましょう。先に白いパーツをケーブルの根元に装着して、オレンジのパーツで固定します。

Lightningケーブルガード

取り付けるとこんな感じになります。ケーブルカバーは2個入りなので、USB側とスマホ側の両方に装着できます。

Lightningケーブルガード

根元が固定されて折れ曲がりにくくなり、ケーブルの断線を防ぐことができます。

Lightningケーブルガイド

スポンサーリンク

姉妹品のLightningケーブルカバー

Lightningケーブルガードの他に、姉妹品のLightningケーブルカバーもあります。こちらはゴム製の丸い玉でケーブルの根元を保護します。

Lightningケーブルカバー

丸い玉はケーブルにかぶせて取り付けます。玉を少し先にずらしてケーブルの先端部にかぶるように取り付けると、ケーブルの根元をしっかり保護することができます。

Lightningケーブルカバー

ただし、このケーブルカバーには欠点があって、カバーを取り付けた状態でLightningケーブルをiPhoneやiPadに差し込むと、玉が大きいので本体が浮いてしまいます。

Lightningケーブルカバー

この状態だとコネクター部分に余計な力がかかるので、故障の原因になりそうです。机に置いて使うならLightningケーブルガードの方をオススメします。

ケーブルカバーでケーブルを保護

今のケーブルも中の線がむき出しになって、そろそろ買い替えかと思ってたところですが、ケーブルカバーがあればもうしばらく現役で使えそうです。

買い換えるにしても、アップル純正のライトニングケーブルは2200円もしますからねぇ。

とはいえ、最近は100均のダイソーやセリア、キャンドウでも各種スマホ用ケーブルが販売されてますし、amazonや楽天で探せば、安くて耐久力のあるケーブルがいくらでも見つかります。

こちらの超高耐久ケーブルは、12000回もの折り曲げテストをクリアしたとのこと。

「断線してもまた買えばいいや~」も一つの手ですが、買い替えるのがもったいないという方は、ケーブルの断線を防いで長持ちさせるケーブルカバーを使ってみてください。

あと、これらのケーブルカバーは、アップル純正のライトニングケーブル向けに作られています。根元の形状が違う互換ケーブルでは使えない場合があるので注意してください。

互換ライトニングケーブル

タイトルとURLをコピーしました