PDF電子印鑑に電子署名を追加してPDFの改ざん防止やセキュリティを強化する

スポンサーリンク

電子印鑑に電子署名を追加

PDFに電子署名付きの電子印鑑を押印して、PDF文書の改ざん防止や、信頼性、セキュリティを強化する方法をご紹介します。

Acrobatには電子署名を追加して、PDF文書の改ざんを防止したり、信頼性やセキュリティを向上させる機能があります。この電子署名は画像も追加できるので、印影画像を追加して電子印鑑として押印できるようにしてみました。

企業間の契約書や公文書、法的文書などに使われるデジタルIDは信頼性が求められるため、大手認証機関から取得した有料のものを使いますが、Acrobatには無料で取得できる自分用のデジタルID「Self-Sign ID」を作成する機能があるので、これを使って電子署名付き電子印鑑を作成します。

これらはすべてフリーソフト Adobe Acrobat Reader DC で実現可能です。

PDF文書にテキストの電子署名を追加する方法もあります。これなら電子印鑑を使わなくても電子署名を追加できます。詳しくは以下の記事をご覧ください。

参考記事 AcrobatでPDFに電子署名を追加する

スポンサーリンク

Acrobat Readerのスタンプツールは信頼性がイマイチ

Adobe Acrobat Reader DC のツールには「スタンプ」という機能があり、これを使うとPDFで作成した見積書や請求書、稟議書などの書類に電子印鑑を押印することができます。

参考記事 Adobe Acrobat ReaderでPDFファイルに電子印鑑を押印する

しかし、Acrobat Readerのスタンプツールは、PDF文書に単なる印影画像を追加するだけなので、セキュリティ面ではイマイチ、認印程度の信頼性しかありません。

でも、今回ご紹介する電子署名付き電子印鑑を押印すると、PDFが改ざんされた場合は電子署名が無効になるので、PDF文書の改ざんを防止したり、信頼性やセキュリティを大幅に強化することができます。

電子署名用のPDF印影を作成する

まずは Acrobat Reader の電子署名に用いる印影を用意します。今回は電子印鑑作成フリーソフト「クリックスタンパー」で作成した角印を使います。

電子印鑑 角印

角印の作成方法は以下の記事をご参照ください。

参考記事 電子印鑑作成フリーソフト「クリックスタンパー」で社印を作る

電子署名用の印影は何でも構いません。本物のはんこから電子印鑑を作成したり、白舟書体さんのフリー電子印鑑作成サービス「Web認印」で作成した認印でもOKです。

参考記事 本物のはんこから電子印鑑を作成してワードやエクセルに貼り付けよう

参考記事 白舟書体の「WEB認印」でフリー電子印鑑を作ろう

ちなみに、Acrobat Reader の電子署名に使える電子印鑑はPDFのみです。JPG画像やPNG画像の電子印鑑は、PDFに変換する必要があります。

以下の「JPG to PDF」のようなツールで画像をPDFに変換してください。使い方は簡単、電子印鑑の画像をドラッグドロップして、変換されたファイルをダウンロードするだけです。

参考記事 JPG PDF 変換 – オンラインでJPGをPDFへ

スポンサーリンク

Acrobat Reader でデジタルIDを取得

では、PDFで作成した契約書に電子署名付きの電子印鑑を押印しましょう。

Acrobatには無料で取得できる自分用のデジタルID「Self-Sign ID」を作成する機能があるので、これを電子署名に使います。

PDF契約書

まずは電子署名に用いるデジタルIDを取得します。デジタルIDはフリーソフト「Adobe Acrobat Reader DC」で取得することができます。

電子印鑑を押印するPDF文書を開き、上メニューの「ツール」から「証明書」を開きます。

PDF 電子署名を追加

証明書のツールバーが表示されるので「電子署名」をクリックします。署名フィールドの作成方法が表示されるので、理解したら「次回から表示しない」にチェックを入れます。

電子印鑑を押印したい場所でマウスをドラッグします。ドラッグした面積によって印影のサイズが変わるので、なるべく印鑑のサイズに合わせるようにしてください。

Acrobat 署名フィールド作成

「デジタルIDで署名」から「新しいデジタルIDを設定」をクリックします。

Acrobat 新しいデジタルIDを設定

「新しいデジタルIDの作成」を選んで「続行」をクリックします。

Acrobat 新しいデジタルIDの作成

「新しいデジタルIDの保存先を選択」で「ファイルに保存」を選びます。

Acrobat デジタルIDの保存先

「Self-SignデジタルIDの作成」では、自分のデジタルID情報を入力していきます。名前とメールアドレスは必須項目なので必ず入力、「鍵アルゴリズム」は2048-bit RSAを、「デジタルIDの使用対象」は電子署名とデータの暗号化を選択します。

Self-SignデジタルIDの作成

「Self-SignデジタルIDをファイルに保存」で、電子署名に使うパスワードを入力します。

パスワードの強度は赤→濃い緑→明るい緑の順で、大小英数字と記号を交えたパスワードなら最強です。「保存」をクリックするとデジタルIDファイルが作成されます。

Self-Sign デジタルIDを保存

デジタルIDで署名する

ふたたび「デジタルIDで署名」に戻りました。先ほど作成したデジタルIDを選択します。

電子署名 デジタルIDを選択

先ほど作成した署名が表示されました。ここで電子署名のスタイルを変更します。右上の「作成」をクリックします。

電子署名 表示スタイル変更

「署名の表示方法をカスタマイズ」で表示を「画像」にして、「参照」をクリックします。

電子署名の表示方法をカスタマイズ

電子印鑑に使う印影画像を選択します。JPGやPNGといった画像ファイルは使えないので、あらかじめPDFに変換しておきましょう。

電子署名 電子印鑑追加

署名に印影が追加されましたが、電子署名者や日付が邪魔なので、すべて消してしまいましょう。左下の名前や日付等のチェックをすべて外してください。

電子署名 電子印鑑追加

すべてチェックを外すと印影だけになりました。このまま「保存」でOKですが、プリセット名を入れておくと、後から署名を追加するときにスタイルがわかりやすくなります。

電子署名 電子印鑑追加

改めて電子署名のイメージが表示されました。表示方法のところに先ほど入力したプリセット名があるので、以後はこれを選択して電子印鑑を追加します。

署名後の編集や改ざんを防止するため「署名後に文書をロックする」にはチェックを入れましょう。あとはデジタルIDのパスワードを入力して「署名」をクリックすると、署名フィールドに電子印鑑が追加されます。

電子署名 電子印鑑追加

押印済みの文書は上書き保存するか、ファイル名を変更して別名で保存してください。

電子印鑑追加済みPDF保存

PDF文書に電子印鑑が追加されました。パッと見で電子署名が付いているとはわかりません。

PDF 電子署名付き電子印鑑

印影をクリックすると、電子署名の情報が表示されます。この電子印鑑はただの印影画像ではなく電子署名付きなので、信頼性やセキュリティが大幅に強化されます。

PDF 電子署名の検証

PDF編集ができる別のソフトで、社長の名前を「佐藤」から「山田」に改ざんしてみました。もう一度PDFを開くと、ちゃんと「署名は無効です」と表示されていますね。これでPDFの改ざん防止対策もバッチリです。

PDF 改ざん時は署名無効

自前のデジタルID「Self-Sign ID」は信頼できる?

自前のデジタルID「Self-Sign ID」の信頼性ですが、一般的な用途であれば十分に使えます。

企業間の機密文書や公文書、法的文書にはきちんとした認証機関が発行したデジタルIDを使うことになっていますが、個人や中小企業向けのPDF文書であれば、そこまでのセキュリティは必要ありません。

そもそも、自前で信頼性が落ちるとはいえ、デジタルIDをクラックするのはかなりの技術が必要ですし、そこまでして改ざんすべき文書かどうかを考えれば自明のことかと (^^;

それでも心配だという方は、費用と手間をかけて認証機関が発行したデジタルIDを使うか、あとはマイナンバーカードを使って電子署名を付けるという方法もあります。

この辺はまた改めて使い方をご紹介しますね。

いわしブログの電子印鑑に関する記事一覧です。こちらもぜひご覧くださいまし。

参考記事 「電子印鑑」記事一覧

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする