スポンサーリンク

AcrobatでPDFに電子署名を追加する

PDF文書 電子署名

PDFの改ざんを防止したり、セキュリティを強化するため、Adobe Acrobat Reader DCでデジタルIDを取得して、電子署名を追加する方法をご紹介します。

Acrobatには電子署名を追加して、PDF文書の改ざんを防止したり、信頼性やセキュリティを向上させる機能があります。

Adobe Acrobatを使うと、簡単に電子署名を追加したPDFが作成できますが、その前に自分のデジタルID(電子証明書)を用意する必要があります。

企業間の契約書や公文書、法的文書などに使われるデジタルIDは信頼性が求められるため、大手認証機関から取得した有料のものを使いますが、Acrobatには無料で取得できる自分用のデジタルID「Self-Sign ID」を作成する機能があるので、これをPDFに追加してみます。

電子印鑑に電子署名を付けて、改ざん防止やセキュリティを強化する方法もあります。以下の記事もご参照ください。

参考記事 PDF電子印鑑に電子署名を追加してPDFの改ざん防止やセキュリティを強化する

スポンサーリンク

Acrobat Reader DCでデジタルIDを取得する

今回はPDFで作成した契約書に電子署名を追加します。もちろん、契約書以外の見積書や請求書、領収書など、PDF文書であれば何でもOKです。

PDF契約書

まずは自分用のデジタルIDを取得しましょう。デジタルIDは無料のソフト「Adobe Acrobat Reader DC」で取得することができます。

PDFをAcrobatで開いて、上のメニュー「編集」→「環境設定」に進みます。

PDF デジタルID取得

分類から「署名」を選び、「IDと信頼済み証明書」の「詳細」をクリックします。

PDF デジタルID取得

「デジタルIDと信頼済み証明書の設定」です。既存のデジタルIDがあれば表示されます。

ここでは新規のデジタルIDを作成するので「IDを追加」をクリックします。

PDF デジタルIDを追加

「デジタルIDを追加」から「今すぐデジタルIDを新規作成」を選んで「次へ」進みます。

PDF デジタルID新規作成

デジタルIDの格納場所を選択します。「新しいPKCS#12デジタルIDファイル」であれば別のOSでもIDを認識してくれるので、こちらを選んで「次へ」進みます。

PDF デジタルID新規作成

デジタルIDで使う名前や電子メールアドレスを入力していきます。この情報はデジタルIDの「署名」フィールドに表示され、誰の電子署名かという証明になります。

名前と電子メールアドレスは必須項目です。必ず入力してください。下の三項目「国/地域」「鍵アルゴリズム」「デジタル ID の使用方法」は、デフォルトのままでよいでしょう。

ID情報を入力したら「次へ」進みます。

PDF デジタルID情報入力

デジタルIDファイルのパスワードを入力します。パスワードは6文字以上で、パスワード強度メーターは「弱→中→強→最強」の順になります。

大小英数字と記号を交えて、なるべく「最強」のパスワードを作りましょう。ファイルの保存場所はそのままでOKです。「完了」をクリックするとデジタルIDファイルが作成されます。

PDF デジタルIDパスワード

作成済みのデジタルIDファイルが表示されました。

PDF デジタルIDファイル

PDFに電子署名を追加

では、作成したデジタルIDでPDF文書に電子署名を追加してみましょう。上メニューの「ツール」から「証明書」を開きます。

PDF 電子署名を追加

証明書のツールから「電子署名」を選ぶと、署名フィールドの作成方法が表示されます。理解したら「次回から表示しない」にチェックを入れてください。

PDF 電子署名を追加

電子署名を追加したい場所でマウスをクリックしながらドラッグして、署名フィールドを作成します。範囲が小さいと電子署名がきちんと表示されないのでご注意を。

電子署名 署名フィールド作成

電子署名に使用するデジタルIDを選択して「続行」をクリックします。

電子署名 デジタルIDを選択

電子署名のイメージが表示されます。デジタルIDファイルのパスワードを入力して、「署名」をクリックすると、署名フィールドに電子署名が追加されます。

署名後の編集や改ざんを防ぐため「署名後に文書をロックする」にはチェックを入れたほうがよいでしょう。電子署名の表示形式は右上の「作成」で変更できます。

電子署名を追加

署名済みの文書は上書き保存するか、ファイル名を変更して別名で保存してください。

電子署名 文書を保存

この通り、PDF文書に電子署名が追加されました。

PDF文書に電子署名を追加

改めてPDF文書を開くと、「署名済みであり、すべての署名が有効です。」と表示されます。

電子署名をクリックすると、「署名の検証のステータス」が表示されます。ここで誰が署名したか、署名後に文書が変更されているかを確認することができます。

電子署名の検証のステータス

「署名のプロパティ」をクリックすると、署名の概要や証明書を確認することができます。

署名のプロパティ

このPDF文書を他のPDF編集アプリで更新してから改めて開くと「署名は無効です」と表示されました。電子署名があれば、PDF文書が改ざんされると警告が出るので安心ですね。

PDF文書 無効な署名の表示

ただし、Acrobat以外のフリーPDFビューワーを使うと、電子署名の検証や署名の有効or無効の判定ができません。スマホにメールで送って、プレビューで見るといった場合も同様です。

電子署名付きのPDFを扱う場合は、Adobe Acrobat Reader DC 等を使うようにしてください。

電子署名でPDFの改ざん防止やセキュリティを強化

PDF文書に電子署名を追加すると、セキュリティが大幅に強化されます。この方法なら無料ですし、それほど難しくありません。

AcrobatのデジタルID「Self-Sign ID」は、大手認証機関のデジタルIDと比べて安全性に劣ると言われていますが、一般的な用途であれば十分に使える機能です。

手軽に使えるAcrobatの電子署名で、PDFの改ざんを防止したり、セキュリティ強化にチャレンジしてください。

タイトルとURLをコピーしました