ContactForm7のスパムメール対策 reCAPTCHA設定方法

スポンサーリンク
ビッグバナー728

ContactForm7のスパム対策 reCAPTCHA

問い合わせフォームを簡単に作成できるWordPressプラグイン「ContactForm7」のスパムメール対策として、GoogleのreCAPTCHAを設定する方法をご紹介します。

ContactForm7は、WordPressでメールフォームを作成するときの定番プラグインですが、メールフォームからスパムメールが大量に送られてきて困っている方も多いかと思います。

今回はスパムメールを防ぐための対策として、ContactForm7にGoogleのreCAPTCHAを設定してみました。

ContactForm7の設定画面にも「賢いreCAPTCHAはうっとうしいスパムボットをブロックしてくれます。」とあるので、公式に推奨しているようです。

スポンサーリンク

reCAPTHCAアカウント登録

では、ContactForm7にGoogleのreCAPTCHAを設定してみましょう。

ダッシュボードから「お問い合わせ」→「インテグレーション」に進むと、reCAPTCHAを設定することができます。まずはreCAPTCHA用のAPI キーを取得するために、右上のリンクからGoogle「reCAPTCHA」へアクセスします。

reCAPTCHA設定 google.com/recaptcha/

ContactForm7 reCAPTCHA設定

右上の「My reCAPTCHA」をクリックします。

Google My reCAPTCHA

reCAPTCHAを設定するサイトに関連したGoogleアカウントでログインしてください。

reCAPTCHA Googleアカウント

GoogleのreCAPTCHA設定ページです。ここに必要項目を入力していきます。

Google reCAPTCHA設定

以下のように入力していきます。

Label: 設置するサイトの名前等を入力すればOKです。
Choose the type of reCAPTCHA: Checkboxを選択します。
Domains: reCAPTCHAを設置するサイトのドメインを入力します。

あとは「Accept the reCAPTCHA Terms of Service.」と「Send alerts to owners」にチェックを入れて「Register」をクリックします。

Google reCAPTCHA設定

「Site key」と「Secret key」をコピーしてください。この2つのAPIキーを入力すると、ContactForm7でreCAPTHCAが使えるようになります。

Google reCAPTCHA設定

ContactForm7 APIキー入力

もう一度ダッシュボードから「お問い合わせ」→「インテグレーション」に進み、「キーを設定する」をクリックします。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

さきほどコピーした「Site key」と「Secret key」を入力して「保存」をクリックします。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

「設定を保存しました。」と表示されたらOKです。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

スポンサーリンク

ContactForm7 reCAPTHCA設定

これで準備が整ったので、メールフォームにreCAPTHCAを設置してみましょう。「お問い合わせ」→ メールフォーム名をクリックします。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

フォームテンプレートの編集から、reCAPTCHAを設置したい場所にカーソルを移動させて、「reCAPTCHA」ボタンをクリックします。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

reCAPTCHAのサイズやテーマを選択できます。CSSでデザインを調整する場合は「ID属性」「クラス属性」を入力して「タグを挿入」をクリックします。

または[recaptcha]をコピーして、フォームの好きな場所に貼り付けてもOKです。

ContactForm7 reCAPTCHA設置

フォームに[recaptcha]のタグが挿入されました。「保存」をクリックします。

ContactForm7 reCAPTCHA設置

メールフォームのreCAPTCHA動作

フォームを設置したページを見ると、ちゃんとreCAPTCHAが追加されてますね。

ContactForm7 reCAPTCHA設置

reCAPTCHAにチェックを入れないと「あなたがロボットではないことを証明してください。」と表示されてメールの送信ができません。

reCAPTCHA メール送信失敗

一度目のメール送信はreCAPTCHAをチェックすればOKですが、短期間で何度も送信すると、セキュリティ対策として確認用画像が表示されるようになります。

reCAPTCHA確認用画像

これで鬱陶しいスパムボットのメールをブロックすることができます。あとはお好みに応じてreCAPTCHAの設置場所や表示を変更してください。

ContactForm7の関連記事です。よかったらこちらもどうぞ・・・

関連記事 WordPressの問い合わせフォーム作成プラグイン Contact Form 7の使い方

関連記事 Contact Form 7 で送信完了ページ(サンクスページ)に移動させる方法

参考記事 Contact Form 7 で確認画面を表示するプラグイン Contact Form 7 add confirm

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする