Facebook個人情報流出 確認方法と対策

スポンサーリンク
ビッグバナー728

facebook 不正アクセスの有無

2018年9月末に発表されたFacebookの個人情報流出問題で、自分のアカウントが被害を受けたかどうかを確認するための方法をご紹介します。

Facebookの発表によると、およそ3000万のFacebookアカウントがハッキングによる不正アクセスを受け、登録した個人情報が流出した可能性があり、その被害を確認するための特設ページが設けられました。

流出した個人情報は名前やメールアドレスだけでなく、誕生日や電話番号、職業なども含まれており、クレジットカードやネットバンクといった金銭取引の被害につながりかねません。

Facebookの公式発表では、パスワード変更等の対処は不要とのことですが、個人情報流出の被害を防ぐため、まずはFacebookが設けた特設ページで状況を確認してください。

過去の情報漏洩事件で流出した自分の個人情報は、以下で確認できますよ。

参考記事 Firefox Monitorで個人情報流出や情報漏洩をチェックする方法

スポンサーリンク

Facebook 不正アクセスによる個人情報流出

Facebookが9月28日に発表した情報によると、ハッカーがセキュリティの脆弱性を利用して、ユーザーがログイン状態を保持するための「アクセストークン」を不正入手したことが判明しました。

アクセストークンはFacebookアプリなどの接続に用いる暗号鍵で、これがあればパスワード入力や2段階認証をしなくてもアカウントにアクセスできます。

この影響によって、1500万件のアカウントから名前と連絡先(メールや電話番号)が流出、1400万件は名前と連絡先に加え、誕生日や経歴などのプロフィール情報も流出しています。

そのうち、日本のアカウントがどれだけ含まれているかは明らかになっておらず、今後も公表しない方針とのことです。

Facebookeではこの問題に対処するため、早急にセキュリティの脆弱性を修正するとともに、被害を受けたアカウントのアクセストークンを一旦無効にしています。

このため、Facebookから強制的にログアウトされる場合があり、情報が流出した可能性があるアカウントには、個別にメッセージが送付されます。

Facebook特設ページで個人情報流出を確認

自分の個人情報が流出したかどうかを確認するには、Facebookにログインした状態で以下のページ「Facebookの最新のセキュリティ問題に関する重要なアップデート」にアクセスしてください。

https://www.facebook.com/help/securitynotice

Facebookの最新のセキュリティ問題に関する重要なアップデート | Facebookヘルプセンター

このページには、不正アクセスの状況と原因に関する説明があります。その後にある「私のFacebookアカウントは、今回の問題の影響を受けたのでしょうか?」の項目で、情報流出の有無がわかります。

「あなたのFacebookアカウントへの今回のセキュリティに関する問題の影響はありません。」と表示されていれば、自分のアカウントに対する不正アクセスはなかったということです。

facebook facebook 個人情報流出確認

ログインしないとこのように表示されるので、改めてFacebookにログインしてください。

facebook 個人情報流出確認

スポンサーリンク

個人情報流出の対策

不正アクセスによって一度流出した情報は元に戻りません。個人情報流出を確認したら、自分で対策する必要があります。

不正アクセスの件数はおよそ3000万件で、そのうち1500万件は名前と連絡先(メールアドレス等)が流出し、1400万件は名前と連絡先に加え、誕生日や職業などのプロフィール情報も流出しています。

Facebook自体のパスワードやクレジットカード情報は変更不要ですが、Facebookに登録した個人情報には注意が必要です。

名前と連絡先ぐらいなら、スパムやフィッシングメールが増える程度で、引っかからなければ問題ありませんが、誕生日や職業が流出すると、実際に被害を受ける可能性があります。

ハッキングで流出した個人情報は、ダークウェブなどの闇サイトで取引され、スパムメールやフィッシングに利用されるだけでなく、個人情報から各種ウェブサービスやネットバンクのパスワードを推測されて、不正アクセスによる被害が発生するかもしれません。

また、これらの個人情報を元に、フィッシングメールを送りつけてウェブサービスやネットバンクのパスワードを盗んだり、本人になりすまして不正ログインされることもありえます。

怪しいメールや添付ファイルには十分に注意するとともに、誕生日や電話番号など、個人情報から推測されやすいパスワードであれば、変更したほうがよいでしょう。

また、クレジットカードの履歴やネットバンクの出入金もチェックしてください。

今回のFacebook個人情報流出は、いくら自分で対策していても防ぎようがありません。どんなウェブサービスやSNSでも、いつかは被害に遭うと想定して、パスワード変更等の手順を確認しておいてください。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする