ContactForm7にreCAPTCHA v3を設定する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ContactForm7 reCAPTCHAv3設定

WordPressの問い合わせフォーム作成プラグイン「ContactForm7」で、reCAPTCHAの最新バージョン「reCAPTCHA v3」を設定してみました。

以前の記事で「ContactForm7にreCAPTCHA v2を設定する方法」を紹介しましたが、最新のContactForm7 バージョン5.1からはreCAPTCHA v3 APIを使うようになっています。

reCAPTCHA v2では、認証のために曲がったテキストを入力したり、複数の画像を選択したり、「私はロボットではありません」というチェックボックスを選択する必要がありましたが、最新のreCAPTCHA v3 はバックグラウンドで認証を行うので、これらの操作は不要になりました。

以前のreCAPTCHA v2と、最新のreCAPTCHA v3では、使用するAPIキーが異なります。改めてサイトを登録して、reCAPTCHA v3のAPIキーを入手してからContactForm7を設定してください。

※ 今回紹介する方法を使うと、全てのページでreCAPTCHAバッジが表示されます。問い合わせページのみバッジを表示させたい場合は、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使ってreCAPTCHA v3 を設定します。以下の記事を参照してください。

reCAPTCHA v3のバッジを問い合わせフォームのみ表示させる方法
ContactForm7 で設定した reCAPTCHA v3 のバッジを問い合わせページのみ表示させる場合は、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使います。これで問い合わせページ以外でバッジが非表示になります。
スポンサーリンク

ContactForm7 インテグレーションのメッセージ

ContactForm7をインストールすると、ダッシュボードのメニューに「インテグレーション」が追加されます。ここからreCAPTCHA v3のセットアップが行えます。

contactform7 recaptcha v3設定

すでにreCAPTCHAを使用しているサイトでは、インテグレーションに「reCAPTCHA v3 と v2 の API キーはそれぞれ別のものです。v2 のキーは v3 の API では機能しません。」というメッセージが表示されます。

すでに reCAPTCHA v2 によって保護されているので、そのまま使っても問題ありませんが、手間はそれほどかからないので、この機会にreCAPTCHA v3へ移行しましょう。

contactform7 インテグレーション recaptcha警告メッセージ

reCAPTCHA v3の設定

では、ContactForm7にreCAPTCHA v3を設定してみましょう。

先ほどの「インテグレーションのセットアップ」をクリックすると、reCAPTCHAのサイトキーとシークレットキー入力項目が表示されますが、このキーはGoogle にログインして、My reCAPTCHAページから取得する必要があります。

reCAPTCHA サイトキーとシークレットキー入力

reCAPTCHAのサイトキーとシークレットキーを取得するために、そのサイトに紐付いたGoogleアカウントで以下のMy reCAPTCHAページにログインします。

My reCAPTCHAページ Google My reCAPTCHA

Googleアカウントを所有していない場合は、「アカウントを作成」で新規作成してください。

reCAPTCHA Googleアカウント

すでにreCAPTCHA v2が設定済みの場合はレポート画面が表示されるので、右上にある「+」作成マークをクリックして、新しいサイトを登録します。

reCAPTCHA 新しいサイトを登録する

reCAPTCHAに新しいサイトを登録するため、各項目を入力していきます。

ラベル:サイトを識別するための名称を入力します。
reCAPTCHA タイプ:reCAPTCHA v3を選択します。
ドメイン:ドメイン名を入力します
reCAPTCHA 利用条件に同意する:チェックを入れてください。
アラートをオーナーに送信する:問題が検出されたときに通知が必要ならチェックします。

reCAPTCHA 新しいサイトを登録する

ここで一つ注意点があります。ドメイン入力の際は、http:// や https:// は不要です。

reCAPTCHA ドメイン入力エラー

最後に「送信」をクリックすると、サイトキーとシークレットキーが表示されるのでコピーしておきます。このページはもう必要ないので、閉じるかログアウトしてください。

reCAPTCHA サイトキーとシークレットキー

スポンサーリンク

ContactForm7の設定

もう一度ContactForm7に戻って、サイトキーとシークレットキーを入力します。reCAPTCHAとContactForm7のタブを両方開いておくと、作業しやすくなりますよ。

reCAPTCHA サイトキーとシークレットキー入力

「変更を保存」をクリックすると、ContactForm7の設定は無事終了です。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

問い合わせフォームを確認してみると、サイトの右下にちゃんとreCAPTCHAのマークが表示されています。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

テスト送信でも問題はなく、reCAPTCHAは機能しています。

ContactForm7 reCAPTCHA設定

ContactForm7のreCAPTCHA v3設定まとめ

WordPressのメールフォーム設置プラグインといえばContactForm7が定番ですが、何も対策しないとスパムメールが大量に送られてくるので、困っている方も多いかと思います。

ContactForm7のスパムメール対策は、今までAkismetを使うのが一般的でしたが、最近はGoogleのreCAPTCHAを推奨するようになっています。

reCAPTCHA v2では、メール送信者がチェックを入れたり、画像を選択する等の操作が必要でしたが、reCAPTCHA v3は自動で人間かスパムボットかを判断するので、何もする必要はありません。

reCAPTCHA v3の設定はそれほど難しくないので、ContactForm7をお使いの方はぜひ設定してみてください。

他の reCAPTCHA 設定方法や使い方は、以下でも紹介しています。

reCAPTCHAの設定方法と使い方
WordPressのスパムコメントや不正ログインを防止するために、プラグインを用いてreCAPTCHAを設定する方法を紹介しています。また、メールフォーム設置プラグイン「ContactForm7」にreCAPTCHAを設定して、ボットによるスパムメール送信を防止する方法も紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました