Analytify GoogleアナリティクスをWordPressで確認する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Analytify

Googleアナリティクスの各種データをWordPressで確認できるプラグイン「Analytify – Google Analytics Dashboard Plugin for WordPress」をご紹介します。

AnalytifyはGoogleアナリティクスのオフィシャルパートナーが開発した無料のWordPressプラグインで、Googleアナリティクスの各種データをWordPress内で見ることができます。

データは詳細で見やすく、アイコンを交えたビジュアルな形で表示されます。

Analytify アナリティクスのデータ

また、Google Analyticsのトラッキングコードを自動挿入してくれるので、WordPressテーマ更新時のトラッキングコード入れ忘れ対策にも役立ちますよ。

以前に紹介したGoogleアナリティクスのプラグイン Google Analytics Dashboard for WP も同じような機能があるので、使い比べてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

Analytifyのインストール

では、WordPressにAnalytifyをインストールしましょう。当然ながらGoogleアナリティクスのアカウントや、そのサイトのプロパティがないと使えないので、事前に作成しておいてください。

ダッシュボード左メニューから「プラグイン」→「新規追加」に進み、右上の検索窓から「Analytify」と検索します。2種類表示されますが、本体の方をインストールしてください。

Analytifyインストール

Analytifyをインストールすると、ダッシュボードのメニューに項目が表示されます。

「Notice: Connect Analytify with your Google account.」というメッセージは、まだGoogleアナリティクスと連携していないという意味です。メニューもしくは上部の「Analytify」をクリックして、さっそく設定に移りましょう。

Analytify インストール

最初にデータ提供と最新情報の受信について聞かれますが、「Skip This Step」で飛ばしてください。データを提供しても構わない場合は「Allow and Continue」をクリックします。

Analytify インストール

次にGoogleアナリティクスとanalytifyを連携させます。「Log in with your Google Analytics Account」をクリックしてください。

Analytify Googleアナリティクスと連携

Googleアカウントにログインしてパスワードを入力します。複数ある場合は、analytifyをインストールするサイトに紐づいたアカウントを選んでください。

Analytify Googleアナリティクスと連携

analytifyがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしているので「許可」をクリックしてください。

Analytify Googleアナリティクスと連携

Profileが表示されたら連携完了です。続いて設定に移ります。

Analytify Profile設定

Analytifyの設定

Analytifyの設定は簡単です。とりあえずデータを見るなら「Install Google Analytics tracking code」を「YES」にしてアナリティクスのコードを埋め込み、「Profile for posts 」と「Profile for posts 」でサイトを選択すればOKです。

Analytify Profile設定

最後に「変更を保存」をお忘れなく。では、Profileの各項目を上から説明します。

Install Google Analytics tracking code
YESにすると、Googleアナリティクスのトラッキングコードがサイトに埋め込まれます。テーマを更新するたびにコードを入れ直すのは面倒なので、ぜひこの機能を使ってください。

Exclude users from tracking
選択したユーザーのアクセスを、アナリティクスから自動的に除外してくれます。追加する場合は、枠内をクリックすると他のユーザーを選択できます。

Analytify 除外ユーザー追加

Profile for posts
各ページごとのGoogleアナリティクスデータを見ることができます。ドロップダウンリスト内からデータ表示するサイトを選んでください。

Analytify プロフィール選択

Profile for dashboard
サイト全体のGoogleアナリティクスデータを見ることができます。ここが空欄になっているとデータが見られないので、必ずサイトを選択してください。

Hide profiles list
YESにすると、使用中のプロフィール以外は選択できなくなります。サイトを複数人で運用している場合や、他のサイトのデータが必要ない場合はYESにしておきましょう。

スポンサーリンク

ダッシュボードでアナリティクスのデータを見る

では、analytifyでGoogleアナリティクスのデータを見てみましょう。左メニューの「Analytify」をクリックします。

Analytify アナリティクスのデータ表示

analytifyのダッシュボードにGoogleアナリティクスのデータが表示されました。

Analytify アナリティクスのデータ表示

セッションやページビューといった基本情報以外に、地域やアクセス上位ページ、キーワード、リファラー、使用デバイスなどのデータも表示されます。

Analytify アナリティクスのデータ

地域やデバイスのデータはアイコンを交え、ビジュアルで見やすく表示されます。

Analytify アナリティクスのデータ

Analytify アナリティクスのデータ

データ集計期間の変更は、ダッシュボードの右上から簡単に行なえます。

Analytify データ期間変更

プロフィールの設定で「Profile for posts」を有効にしておくと、投稿ページや固定ページ内の個別データを見ることができます。

Analytify 投稿ページデータ

Analytifyにはアナリティクスのデータをグラフで表示する機能もありますが、こちらは有料プランのみ利用可能となっています。移行する予定がなければ、右上の「Dismiss」でグラフを消してください。

Analytify グラフ表示

Analytify WordPressダッシュボードにデータ表示

AnalytifyはWordPressのダッシュボードにもデータを表示させることができるので、表示用のアドオンを有効化しておきましょう。

Analytifyをインストールすると、ダッシュボードに「View All Analytics on the WordPress Dashboard」が表示されるので、「Install Dashboard Add-on Free」をクリックします。

Analytify アドオン

しばらくすると「Actibate Dashboard Add-on」に変わるので、再度クリックします。

Analytify アドオン

この通り、ダッシュボードにもアナリティクスのデータが表示されるようになりました。

Analytify ダッシュボードにデータ表示

スポンサーリンク

Analytify まとめ

サイトを運営するならアクセス解析は必須ですが、WordPressのプラグインを使うことで、すばやくアクセスの動向を知り、その場でページを修正することができます。

Analytifyは無料でも十分な機能があるので、ぜひ一度使ってみてください。

また、Analytifyには有料プランもあり、データのグラフ表示やリアルタイムレポート、ユニバーサルアナリティクス、Ecommerceへの対応といったメリットがあります。

Analytify グラフ表示

価格は一番安いPersonalで年間49ドル、Small Businessは5サイトで99ドルです。ビジネスで利用するなら有料プランも検討してください。

Analytify 有料プラン

Googleアナリティクスのプラグイン Google Analytics Dashboard for WP と Analytify を使い比べてみるのもよいでしょう。

WordPressでGoogle Analyticsのアクセス解析ができる Google Analytics Dashboard for WP
WordPressにGoogle Analyticsを導入して、ダッシュボードでアクセス解析ができるプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」をご紹介します。このプラグインを使うと、いちいちGoogle Analyticsにログインしなくても、WordPressのダッシュボードでアクセス解析ができるようになります。
タイトルとURLをコピーしました