クリップスタンプの使い方 エクセルやワードで使える電子印鑑作成フリーソフト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリップスタンプ

Microsoft Word、一太郎などのワープロソフトや、Microsoft Excel に日付印や三文判を捺印できる電子印鑑作成フリーソフト「クリップスタンプ」の使い方をご紹介します。

クリップスタンプはフリーの電子印鑑作成ソフトで、丸印や角印などの印鑑を作成して、クリップボードからエクセルやワードに捺印することができます。

作成できる印鑑は、日付印、代理印、三文判、丸印、角印、2分割印の6種で、会社で日常的に使うような印鑑はほぼカバーできます。フォントやサイズ、印鑑の色なども自由に設定できます。

表示形式は和暦と西暦から選択可能で、日付も自動取得してくれるので便利ですよ。office 互換の LibreOffice や Apache OpenOffice でも使えます。

スポンサーリンク

クリップスタンプのインストール

クリップスタンプはフリーソフトです。以下からインストール用ファイルをダウンロードして、PCにインストールしましょう。

窓の杜
「クリップスタンプ」電子印鑑ソフト

セットアップ用ファイルのsetup.exeを開くと、クリップスタンプのインストールが始まります。JWordプラグインは不要なので、チェックを外してください。

クリップスタンプ インストール

インストール場所は特に事情がなければそのまま、次の環境設定は後から設定します。「実行」をクリックするとインストール終了です。

クリップスタンプ インストール

クリップスタンプの使い方

さっそくクリップスタンプを使ってみましょう。デスクトップのショートカットから起動すると、設定画面が開いて電子印鑑を作成することができます。

クリップスタンプ設定画面

試しにデート印(日付印)を作成してみます。基本は部署名と名前を入れるだけでOKです。日付はカレンダーから自動挿入されて、はんこの大きさやフォントは自由に選択できます。

クリップスタンプ設定画面

「OK」をクリックするとクリップボードに印影が保存されるので、あとはエクセルやワードにそのまま貼り付けてください。

エクセルに捺印

ワードに貼り付けるとこんな感じです。環境設定で「メタファイルとして捺印する。(背景が透けます)」にしておくと、文字の上に捺印しても被らない透過印鑑になります。

クリップスタンプ ワードに捺印

あとは印影の半径や枠の太さ、枠色を変更したり、フォントを段落ごとに変更して、自分好みの印鑑を作成してください。

クリップスタンプ設定画面

印鑑をいろいろ作成してみました。日付形式は和暦と西暦、桁数、略称表示が選択可能です。区切りもハイフン、スラッシュ、ドットの3種があり、さらに立体の印鑑も作れます。

クリップスタンプ印影

スポンサーリンク

作成できる印鑑の種類

クリップスタンプはデート印の他に、デート印(代理)、三文判、丸印、角印、2分割印が作成できます。上のタブで印鑑の種類を選んでください。

クリップスタンプ 印鑑の種類

デート印(代理)は、デート印に代理を表す「代」の文字が付きます。設定はデート印と同じです。

クリップスタンプ デート印(代理)

三文判と丸印は同じ設定内容です。枠内に収まるようにフォントとサイズを調整しましょう。

クリップスタンプ 三文判

角印は文字列に改行を入れて、きれいな四角になるように文字の配置を調整します。改行は半角のスラッシュ2連「//」です。角径で角の丸みを変えて、文字の並びは横書き / 縦書きで切り替えます。縦横の比率がおかしくなったら「自動調整」してください。

縦書きで太字のフォントを選ぶと少し横長になったり、斜体にすると文字列が右寄りになりますが、フォントを元から修正できるわけではないので仕方ありません。

クリップスタンプ 角印

2分割印は上部と下部にそれぞれ文字が入ります。改行を入れて文字列を2段にしたり、角径を最大の10にして丸印にすることもできます。

クリップスタンプ 2分割印

クリップスタンプでいろいろな印影を作ってみました。これだけ種類があれば、会社で使うような印鑑はほぼカバーできるでしょう。もちろん、全て電子印鑑として使用できます。

クリップスタンプ 電子印鑑

クリップスタンプ 環境設定

クリップスタンプ環境設定

クリップスタンプの環境設定で変更できる項目は以下の通りです。各設定項目をクリックすると、赤くなって設定が変わります。

  • はんこレイアウトの自動調整
  • ウィンドウサイズの表示サイズ 大きめ / 普通
  • デスクトップアイコン作成
  • 印鑑透過の有無 メタファイル(透過png) / ビットマップ(jpg)
  • クリップスタンプの使用モード 通常 / 常駐

クリップスタンプを通常モードで使用すると、捺印するたびに起動しないといけないので面倒です。印鑑を何度も捺印するときは、ここで常駐モードに切り替えておきましょう。

常駐モードにするとクリップスタンプが常に起動して、タスクバーのアイコンを左クリックすると捺印、右クリックすると設定や環境設定に移ります。

クリップスタンプ 常駐モード

また、ホットキーを設定しておけば、アイコンの左クリックなしでそのまま捺印できます。

クリップスタンプを常駐モードで使用するときは、以下の項目を選択できます。

  • 捺印時のクリップボード コピーのみ / コピー&ペースト
  • スタートアップフォルダーのアイコン 作成する / 作成しない

「捺印時クリップボードにコピー&ペーストする。」を選択すると、捺印時に画面がマスクされ、エクセルやワードの文章上で捺印したい場所を左クリックすると印鑑が捺印されます。

クリップスタンプ捺印

スポンサーリンク

クリップスタンプの使い方 まとめ

エクセルで電子印鑑が使えるフリーソフトといえば、Excel電子印鑑クリックスタンパーがありますが、クリップスタンプはエクセルとワードのどちらでも使えるので便利です。

電子印鑑を大量の文章に捺印するなら、ぜひ一度クリップスタンプを使ってみてください。

以下は電子印鑑に関する記事一覧です。認印や日付印の作成方法や、PDFファイル、ワード、エクセル文章で電子印鑑を使用する方法を紹介しています。

無料でできる 電子印鑑の作り方や活用方法
無料で電子印鑑を作成する方法や、PDF電子印鑑の活用方法をご紹介しています。本物のはんこから電子印鑑を作成して、ワードやエクセルの見積書や請求書に押印したり、白舟書体の「WEB認印」でフリー電子印鑑を作成する方法、無料ツールを使った角印や社印の作成、透過pngの電子印鑑作成方法も紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました