Cocoonのカテゴリページをコンテンツ化してアクセスを増やす

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cocoon カテゴリー

ブログ向け無料WordPressテーマ「Cocoon」には、カテゴリページをコンテンツ化する機能があり、テキストや画像を追加してカテゴリページの中身を作り込むことができます。

いわしブログでもCocoonの機能を生かしてカテゴリページを作り込んだところ、一部がコンテンツとして認識されて検索上位に表示されるようになり、かなりのアクセスを稼いでいます。

Cocoonのカテゴリページは、単なる記事一覧のインデックスではありません。

強いカテゴリにアイキャッチ画像やテキストを追加して、さらに適切なタイトルを設定すると、アクセス上位のコンテンツになる可能性があります。

スポンサーリンク

カテゴリページがアクセス上位に

いわしブログは、2019年1月からブログテーマ「Cocoon」を利用しています。

テーマ変更を機に、一番アクセスが多い記事のカテゴリ「電子印鑑」にテキストを追加してコンテンツ化したところ、以下のようにどんどんアクセスが伸びていきました。

Cocoon カテゴリページアクセス

最近は少し下がりましたが、それでも直近一ヶ月のPV数は、全ページ中4位につけています。

検索エンジン側から見たブログのカテゴリページは、基本的にコンテンツではなくただの記事一覧という扱いですが、いわしブログでは電子印鑑のカテゴリページに多数のアクセスがあります。

流入はサーチエンジン経由がほとんどで、いくつかの検索ワードでは上位表示されます。これはGoogleからコンテンツとして評価されているということです。

他のカテゴリページはここまでのアクセスはないし、確実にコンテンツになるという保証もありませんが、当たればラッキーぐらいの気持ちで、カテゴリページを編集してみてください。

ちなみに、電子印鑑のカテゴリページに追加した文字数は700程度です。

もっとテキストを入れて検索順位の変動を見たいところですが、あまり文字が多いとカテゴリページ本来の意味がなくなると思ったので、そのままにしています。

以下がそのカテゴリページです。ご参考まで。

無料でできる 電子印鑑の作り方や活用方法
無料で電子印鑑を作成する方法や、PDF電子印鑑の活用方法をご紹介しています。本物のはんこから電子印鑑を作成して、ワードやエクセルの見積書や請求書に押印したり、白舟書体の「WEB認印」でフリー電子印鑑を作成する方法、無料ツールを使った角印や社印の作成、透過pngの電子印鑑作成方法も紹介しています。

Cocoon カテゴリページの編集方法

では、Cocoonのカテゴリページに画像やテキストを追加してみましょう。管理画面の左メニューから「投稿」→「カテゴリー」を選択します。

Cocoon カテゴリ

カテゴリページの一覧が表示されるので、編集するカテゴリを選んでクリックします。

Cocoon 編集カテゴリ選択

「カテゴリーの編集」からカテゴリタイトルや本文を追加していきます。

名前やスラッグ、親カテゴリーはカテゴリーを追加した時に決まっているので、特に変える必要はありません。カテゴリ色もそのままです。

Cocoon カテゴリページ編集

カテゴリページのコンテンツ化で重要なのは、そこから下の部分です。Cocoonは投稿ページや固定ページの作成と同じような感覚で、カテゴリページを編集することができます。

Cocoon カテゴリーの編集

カテゴリタイトルはSEO的に重要なので、きちんと考えて入力してください。カテゴリ本文は記事のエディタと同じ構成なので、簡単にコンテンツを作成できます。

Cocoon カテゴリタイトルと本文入力

あとはアイキャッチの画像を選択して、メタディスクリプションを入力すればよいでしょう。メタキーワードと説明はお好みでどうぞ。最後に「更新」をクリックします。

Cocoon カテゴリページ編集

あとはカテゴリページが検索上位になることを祈りましょう。

スポンサーリンク

カテゴリページをコンテンツに

Cocoonを使うと、カテゴリページを記事と同じ感覚で作成できます。

機会があれば、アクセス数の多いカテゴリをコンテンツ化してみてください。もしかするとアクセス上位のコンテンツになるかもしれません。

ただ、どれぐらい文章を入れると効果があるのかは不明です。機会があれば、一度テストしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました