Contact Form 7の使い方や設定方法

Contact Form 7の使い方や設定方法 ContactForm7

WordPressに問い合わせフォームを設置できる多機能なプラグイン「Contact Form 7」の記事一覧です。

Contact Form 7は問い合わせフォーム設置の定番プラグインで、簡単な初期設定とショートコード追加だけで、問い合わせフォームが使えるようになります。

フォームから入力できる項目も、テキストや数値、日付の他に、ドロップダウンメニューやラジオボタンなど盛りだくさんで、ファイル送信機能も追加できます。

また、フォームに入力した内容の確認画面や、メール送信後の完了画面を追加したり、メール送信後にサンクスページへ移動させることもできます。

ContactForm7 のスパムメール対策、reCAPTCHA v3 の設定方法も紹介しています。

スポンサーリンク
ContactForm7

reCAPTCHA v3のバッジを問い合わせフォームのみ表示させる方法

ContactForm7 で設定した reCAPTCHA v3 のバッジを問い合わせページのみ表示させるには、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使います。これで問い合わせページ以外ではバッジが非表示になります。
ContactForm7

ContactForm7にreCAPTCHA v3を設定する

WordPressプラグイン「ContactForm7」で、reCAPTCHAの最新バージョン「reCAPTCHA v3」を設定してみました。最新のContactForm7 バージョン5.1からは、reCAPTCHA v3 APIを使うようになっています。
ContactForm7

Contact Form 7 に確認画面と完了画面を追加する

Contact Form 7 に確認画面と完了画面を追加する方法をご紹介します。Contact Form 7 は問い合わせフォームを簡単に設置できる定番プラグインですが、メールフォームに入力した内容を確認するための機能や、完了画面(サンクスページ)に移行する機能がないので、確認画面や完了画面を別途で追加する必要があります。
ContactForm7

WordPressの問い合わせフォーム作成プラグイン Contact Form 7の使い方

WordPressサイトに問い合わせフォームを設置するためのプラグイン「Contact Form 7」をご紹介します。Contact Form 7はWordPressの問い合わせフォーム設置の定番プラグインで、簡単な初期設定とショートコード追加だけで問い合わせフォームが使えるようになります。
ContactForm7

ContactForm7のスパムメール対策 reCAPTCHA設定方法

WordPressプラグイン「ContactForm7」のスパムメール対策として、GoogleのreCAPTCHAを設定する方法をご紹介します。reCAPTCHAにはいくつか種類がありますが、ContactForm7には手動でチェックを入れる「Check」か、目立たない「Invisible」を導入すればよいでしょう。
ContactForm7

Contact Form 7 で完了画面(サンクスページ)に移動させる方法

メール送信フォームを設置できるWordPressプラグイン「Contact Form 7」で、メール送信後に完了画面(サンクスページ)へ移動させる方法をご紹介します。Contact Form 7 で送信後メッセージ表示の代わりに完了画面(サンクスページ)へ移動させると、送信完了がわかりやすくなります。
スポンサーリンク