reCAPTCHAの設定方法と使い方

reCAPTCHAの設定方法と使い方

reCAPTCHA はGoogleが提供する認証システムです。サイトに導入するとウェブサイトにアクセスした人間とボットを判別して、スパムや不正ログインを防止することができます。

当初のreCAPTCHAは人間による操作が必要で、認証のために曲がった文字を読み取って入力させることで、人間とボットを判別していました。

次のreCAPTCHA v2になると、「私はロボットではありません」にチェックを入れたり、表示された画像やタイルの中から該当するものを選択させることで、認証の精度を向上させています。

最新のreCAPTCHA v3 ではさらに進化して、バックグラウンドで自動的に認証を行うようになったため、人間の操作は不要になりました。

このブログでは、WordPressのスパムコメントや不正ログインを防止するために、プラグインを用いてreCAPTCHAを設定する方法を紹介しています。

また、WordPressのメールフォーム設置プラグイン「ContactForm7」にreCAPTCHAを設定して、ボットによるスパムメール送信を防止する方法も紹介しています。

reCAPTCHAのボット不正操作検知システムはとても優秀で、ContactForm7にreCAPTCHAを設定すると、スパムメールはほぼ100%防止できます。

最新のreCAPTCHA v3は、WordPressプラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使えば簡単に設定できますよ。

スポンサーリンク
wordpress

スパムや不正ログインを防止「Invisible reCaptcha for WordPress」の使い方

WordPressのスパムや不正ログインをreCAPTCHAで保護するため、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使った reCAPTCHA v3 の設定方法と使い方をご紹介します。
wordpress

reCAPTCHA v3のバッジを問い合わせフォームのみ表示させる方法

ContactForm7 で設定した reCAPTCHA v3 のバッジを問い合わせページのみ表示させる場合は、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使います。これで問い合わせページ以外でバッジが非表示になります。
wordpress

ContactForm7にreCAPTCHA v3を設定する

WordPressプラグイン「ContactForm7」で、reCAPTCHAの最新バージョン「reCAPTCHA v3」を設定してみました。最新のContactForm7 バージョン5.1からは、reCAPTCHA v3 APIを使うようになっています。
wordpress

ContactForm7のスパムメール対策 reCAPTCHA設定方法

WordPressプラグイン「ContactForm7」のスパムメール対策として、GoogleのreCAPTCHAを設定する方法をご紹介します。reCAPTCHAにはいくつか種類がありますが、ContactForm7には手動でチェックを入れる「Check」か、目立たない「Invisible」を導入すればよいでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました