ランディングページで広告の成約率を上げる

ランディングページ

インターネット広告を使って問い合わせや成約件数を増加させるためには、その受け皿となる専用の「ランディングページ」が必要です。

ランディングページはインターネット広告をクリックした時に表示させるための専用ページで、略してLPと呼ばれることもあります。広告の効果を最大限に高めるため、余計なメニューは作らず、1枚の長いページで特徴やメリットをアピールします。

どんなビジネスに限らず、売上を上げるには顧客のニーズに合わせた接客やマーケティングが重要です。その接客やマーケティングの役割を担うのがランディングページです。インターネット広告の成功はランディングページの出来栄えに掛かっていると言っても過言ではありません。

広告から流入があっても、受け皿が悪いと成果にはつながりません。広告の分析だけでなく、ランディングページも常に改善する必要があります。一例として、ランディングページの構成を見直すだけで、問い合わせが数倍になったという事例もあります。

ランディングページは販売する商品やサービスによって様々な種類があり、ページ全体の構成だけでなく、文章の表現やボタンの位置、テキストの大きさ、画像の使い方など、細かい運用ノウハウがあります。

訪問者が知りたい情報を確実に伝えて、商品やサービスの特徴、メリットをアピールし、最後に納得してもらうことがよいランディングページの条件です。そのためにはページの内容や項目の順序を十分に考えないといけません。

ランディングページの改善はLPO(Landing Page Optimization、ランディングページ最適化)とも呼ばれ、アクセス数やキーワードの分析だけでなく、訪問者の動きやクリックした場所、関心の高い部分を可視化できるヒートマップの活用が効果的です。

最近はスマートフォンからの流入が増えているので、ランディングページのデザインもスマホに対応させることが必要です。

ウェブマーケティングやインターネット広告に関する情報は、以下をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました