マネーフォワードクラウド請求書の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マネーフォワードクラウド請求書

面倒な請求書の作成・管理の手間を減らせるクラウド型請求書発行ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」を使ってみました。

マネーフォワード クラウド請求書には請求書の郵送代行や会計ソフトとの連携、入金消込、見積書・納品書・領収書の発行など、請求書業務を楽にしてくれる便利な機能がたくさんあります。

マネーフォワード クラウド請求書は単体でも使えますが、マネーフォワード クラウド確定申告・会計と連動させれば、会計処理の効率が格段に向上します。ぜひ一緒に使ってください。

マネーフォワード クラウド会計の初期設定と使い方はこちらをどうぞ。

マネーフォワード クラウド会計の初期設定と使い方
クラウド型法人会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を使って、エクセルで管理していた自社の会計業務をクラウド型会計に移行させました。 マネーフォワード クラウド会計には、会計業務を楽にしてくれる便利な機能が盛りだくさんな...
スポンサーリンク

請求書業務の効率が向上 マネーフォワード クラウド請求書

マネーフォワードが提供する「マネーフォワード クラウド請求書」は、面倒な請求書業務を大幅に軽減することができるクラウド型請求書発行ソフトです。

請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」
請求書の作成、送付、受取がまとめて管理できる請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」。書き方はテンプレートを選んで登録した取引先と品目を選ぶだけ。カンタンに作成できて、送付もワンクリックで郵送やPDFのメール送信が可能です。

請求書といえば、顧客ごとにExcelなどで請求書を作成して、1通ずつ封入してから郵送するのが一般的ですが、この作業ってとても面倒くさいですよね。ヘタすりゃ請求書業務だけで1日つぶれることもあります。誰かにやってもらえるといいのですが、個人事業主や中小企業ではそうもいきません。

でも、マネーフォワード クラウド請求書を使うと、この面倒な請求書作成・管理の時間を大幅に減らすことができます。特に請求書の郵送代行は、個人事業主に喜ばれる機能でしょうね。

マネーフォワード クラウド請求書の主な機能は次の通りで、プランによって使える機能や料金は変わります。

  • 請求書の印刷、封入、送付をワンクリックで代行してくれる
  • 複数人で請求書作成が可能、作業状況や履歴も残る
  • 同じ内容の請求書を毎月自動発行できるので、請求漏れがなくなる
  • マネーフォワード クラウド会計・確定申告との自動連携で、会計処理の効率が向上する
  • 請求書だけでなく、見積書・納品書・領収書も発行できる

どのプランも30日間は無料なので、自分の会社に合った料金プランをじっくり選んでください。マネーフォワード クラウド請求書の料金プランはこちらをどうぞ。

料金プラン|請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」
請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」の料金プランの紹介です。どのプランも、初期費用無料 & 30日間無料でお試しいただけます。まずは試してみたいという方には無料のFreeプランを、使い込みたい方には上位プランもご用意しています。

マネーフォワード クラウド請求書 新規登録・ログイン

では、実際にマネーフォワード クラウド請求書を使ってみましょう。わからないところがあれば「マネーフォワード クラウド請求書のよくあるご質問(FAQ)」を参照してください。

料金プラン|請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」
請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」の料金プランの紹介です。どのプランも、初期費用無料 & 30日間無料でお試しいただけます。まずは試してみたいという方には無料のFreeプランを、使い込みたい方には上位プランもご用意しています。

まずはマネーフォワード クラウド請求書トップページの青い「無料で請求書を作ってみる」ボタンか、右上の「ログイン」をクリックします。新規登録の場合はメールアドレスとパスワードを入力してください。

マネーフォワード クラウド請求書 新規アカウント登録

マネーフォワード クラウド請求書、またはマネーフォワード クラウド会計・確定申告に登録済の方はログインしてください。いわしはすでにマネーフォワード クラウド会計を使っているので、新規登録作業の説明は省きます。

マネーフォワード クラウド会計からマネーフォワード クラウド請求書に移る場合は、上メニューの「入力・仕訳」→「マネーフォワード クラウド請求書」に進み、下の「マネーフォワード クラウド請求書を使ってみる」をクリックします。

マネーフォワード クラウド請求書 解説画面

マネーフォワード クラウド請求書の使い方

マネーフォワード クラウド請求書のトップ画面では、請求書の見本と各種メニューが表示されています。ここでは請求書の他に、見積書、納品書、領収書が作成できます。

まずは請求書を作成してみましょう。右上の「請求書を作成する」をクリックします。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書を作成する

請求書作成に必要な項目が表示されるので、順番に入力していきましょう。右に表示されている請求書は、各項目を入力するとプレビューで反映されます。

マネーフォワード クラウド請求書 入力項目

一番上の取引先から入力します。新規に入力する場合は「取引先の編集」に移動するので、そこで住所などの情報を入力していきます。請求書を郵送する場合は、最低でも「住所2」までは入力しておきましょう。

とりあえず名称だけ入力して、後から左メニューの「取引先情報」で詳細を入力することもできますよ。

マネーフォワード クラウド請求書 取引先の追加

「取引先詳細」は部署や担当者の名前を、「件名」は請求内容などを入力します。両方共に空白のままでもOKです。「請求日」は直接入力かカレンダーで選択、「支払期限」は手入力の他に、当月末、翌月末、翌々月末のボタンが用意されています。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書作成

続いて「明細」を入力します。「品目」は商品やサービスなどの名称を、「単価」は請求金額を、「数量」は数を入力します。請求が複数ある場合は「行を追加」をクリックします。小計、消費税、合計は自動で計算してくれますよ。

右の鉛筆マークは「品目詳細」で、クリックすると別ウィンドウが開き、消費税の有無や詳細などを入力できます。税込みの請求にする場合は「消費税をかける」のチェックを外してください。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書作成 明細

「振込先」には自社の銀行口座を記載します。「備考」は請求先へのメッセージを入れておきます。別に空白でもかまいません。事前に「帳票設定」で振込先設定(後で説明します)をしておくと楽ですよ。

「タグ」にはプロジェクトや業種など、後から検索するときの目印になるようなキーワードを入れます。「メモ」は自分用の覚え書きです。請求書には表示されません。

最後に「保存する」をクリックしてください。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書作成

マネーフォワード クラウド請求書 請求書の郵送・メール送信

完成した請求書は、請求書一覧に表示されます。ここで請求書の郵送・メール送信や、印刷・編集・検索・pdf出力、納品書や領収書への変換を行います。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書一覧

今回作成した請求書です。これ以外のデザインも「帳票設定」で選べますよ。

マネーフォワード クラウド請求書 作成した請求書

マネーフォワード クラウド請求書 請求書の郵送

では、マネーフォワード クラウド請求書の目玉機能の一つ、郵送代行機能を使ってみましょう。請求書一覧で「〒郵送」をクリックします。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書を郵送

請求書の宛名や住所などを入力していきます。事前に取引先情報で住所や担当者名を入力しておけば、あとは「郵送する」をクリックするだけでOKです。コメントの入力や発送希望日の指定もできますよ。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書の宛名

確認画面でOKをクリックすれば、郵送依頼は完了です。請求書はこのような形で郵送されます(画像はHPからお借りしました)。

マネーフォワード クラウド請求書 郵送請求書見本

マネーフォワード クラウド請求書の郵送代行機能を使えば、面倒な請求書の作成・封入や、発送の手間を省くことができますよ。料金は一番安いStarterプランでも月3通まで、Basicプランは15通まで無料郵送が使えて、それ以上は1通あたり170円~190円で発送できます。

あと、郵送代行機能は無料プランでは使用できないので、いずれかのプランに加入してください。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書のメール送信

請求書はメールでの発送も可能です。請求書一覧で「メール送信」をクリックします。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書をメール送信

請求書のメール送付は、件名・本文とも定型文のままでOKです。もちろん、件名・本文の変更や定型文の設定も可能です。請求書はメール添付ではなく、URLからダウンロードして取り込むようになっています。

こちらも事前に取引先情報でメールアドレスを入力しておけば、あとは「送信する」をクリックするだけで発送できますよ。

マネーフォワード クラウド請求書 請求書メール発送

マネーフォワード クラウド請求書 入金消込

マネーフォワード クラウド請求書には、請求書を発行すると同時に入金予定が登録されるという機能があります。左メニューの「入金消込」から請求書ごとの入金状況が確認できます。

マネーフォワード クラウド請求書 入金消込

金融機関を登録しておくと、入金予定と口座入金情報の差額を照合しながら入金消込が行えます。入金消込のデモ機能もあるので、体験してみるのも手です。

マネーフォワード クラウド請求書 入金消込デモ

マネーフォワード クラウド請求書の入金消込は、マネーフォワード クラウド会計・確定申告に連動させることができます。どちらかを使っていれば、入金消込後に再度取引を入力する必要はありません。

また、請求書ごとの入金状況が「入金済み」「未入金」といった形で表示されるので、請求書の管理がとても楽になります。

マネーフォワード クラウド請求書 各種設定

最後にマネーフォワード クラウド請求書の各種設定について説明しておきます。

右上の歯車アイコンをクリックすると、マネーフォワード クラウド請求書に関する各種設定が表示されます。最初に設定しておくと後が楽なので、必要な項目はきちんと埋めておきましょう。

マネーフォワード クラウド請求書 設定

まずやっておきたいのは「帳票設定」です。会社のロゴや印影の有無、消費税の設定、請求書の発行日や仕訳、発行日、備考欄の記載など、請求書作成時の各項目が設定できます。ここで振込先設定をしておきましょう。

請求書のテンプレートもこちらで選択できます。窓付き封筒対応や改ページ対応のテンプレートも用意されています。会社ロゴや印影は無くてもかまいませんが、入れると請求書の見栄えがよくなります。

請求書メール送信時の定型文設定もこちらです。普通のテンプレメッセージでは物足りないという方や、商品・イベントの案内も入れたいという方は、ここで追記してください。

「事業所の設定」や「ユーザー設定」ですが、マネーフォワード クラウド請求書を単体で使う場合はきちんと設定しておいてください。すでにマネーフォワード クラウド確定申告・会計を使っている場合は不要です。

誰でも使えるマネーフォワード クラウド請求書

Excelで作った請求書は、入力する項目が多いとレイアウトが崩れることもありますが、マネーフォワード クラウド請求書なら必要な項目を埋めるだけで請求書が発行できるので、請求書の様式や書き方がわからない初心者でも使えるようになっています。

また、無料プランも用意されているので、一度試してみて慣れたら有料プランに移行するという使い方もできます。

個人事業主や中小企業の経営者にとって、請求書の処理は避けて通れない問題です。請求書業務を効率化して本業に割く時間を増やすためには、マネーフォワード クラウド請求書のようなソフトを活用するしかありません。

面倒な請求書業務は、マネーフォワード クラウド請求書を使って効率よく片付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました