ブログテーマ Cocoonの使い方とカスタマイズ

ブログテーマ Cocoonの使い方とカスタマイズ

ブログ向け無料WordPressテーマ「Cocoon」の記事一覧です。いわしブログでは、ブログテーマに「Cocoon」を利用しています。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

このテーマは無料とは思えないほど多機能で、SEO・ページ表示の高速化・モバイルフレンドリーといった機能はもちろん、AMPの対応もチェック一つで完了します。

また、Googleアドセンスを使ったブログの収益化も簡単で、1つのアドセンス広告コードを貼るだけで、様々な広告フォーマットを選択できるようになっています。

他にも、コンテンツ作成を補助する仕組みが充実しており、多数用意された文章の装飾スタイルをはじめ、ショートコードやブログカードの利用、レイアウトの変更なども簡単です。

Cocoonには以下の特徴があります。

  1. Google推奨の高速化(PageSpeed InsightsやAMP)に対応
  2. メタデータや内部リンク等のSEO施策
  3. 完全レスポンシブスタイル・モバイルフレンドリー
  4. Googleアドセンス広告やAmazon・楽天の商品リンク設置でブログ収益化が容易
  5. コンテンツ作成の仕組みが充実
  6. SNSシェアボタンによる拡散対策
  7. 豊富なテーマ設定とウィジェット機能でカスタマイズが容易
  8. フォーラムの要望による機能改善や迅速なアップデート

Cocoonのカスタマイズとして、AMPページにGoogleアドセンスの関連コンテンツユニットを設置する方法と、GoogleタグマネージャーのトラッキングIDを設定する方法を紹介しています。

Googleアドセンス

Cocoon 関連コンテンツユニットの設置方法

ブログテーマ「Cocoon」に、Googleアドセンスの広告ユニット「関連コンテンツユニット」を設置する方法です。Cocoonの広告設定では関連コンテンツユニットの設置ができないので、別途ウィジェットを作成して広告コードを貼り付けます。
ブログ運営

Cocoonのカテゴリページをコンテンツ化してアクセスを増やす

WordPressのブログテーマ「Cocoon」には、カテゴリページをコンテンツ化する機能があり、テキストや画像を追加してカテゴリページの中身を作り込むことができます。Cocoonのカテゴリページは、単なる記事一覧のインデックスではありません。
Googleアナリティクス

CocoonにGoogleタグマネージャーのトラッキングIDを設定する

ブログテーマ「Cocoon」にGoogleタグマネージャーのアクセス解析用トラッキングIDを設定しました。AMPページのアクセス解析を行う場合は、別途AMP用のタグが必要ですが、Googleタグマネージャーを使えば簡単に設定できます。
Googleアドセンス

CocoonのAMPページに関連コンテンツユニットを設置する

ブログテーマ「Cocoon」のAMPページにGoogleアドセンスの関連コンテンツユニットを設置したので、その方法をご紹介します。関連コンテンツユニットの広告コードは、そのまま設置してもAMPページで表示されないので、コードをAMPページ向けに修正します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました