インターネットのセキュリティ対策

インターネットのセキュリティ対策 インターネットセキュリティ

インターネットやウェブサービス、WordPressのセキュリティに関する記事一覧です。

インターネット上には、フィッシング詐欺のサイトや、アクセスするだけでウィルス、マルウェアに感染するようなサイトが存在しています。

「aguse.jp」と「aguse gateway」を使って、危ないウェブサイトの情報を事前に調査する方法をご紹介しています。

また、過去の情報漏えいで流出したメールアドレスやパスワードなどの情報がダークウェブなどで販売されており、入手したスパマーやネット詐欺師に悪用される可能性があります。

これらの情報流出は、いくら自分で対策していても防ぎようがありません。メールアドレスを入力するだけで、個人情報やパスワード流出、安全性を確認できる「Have I Been Pwned? (HIBP)」や「Firefox Monitor」、「Googleパスワードチェックアップ」で一度チェックしてみてください。

WordPressプラグイン「SiteGuard WP Plugin」を使って攻撃を防ぐ方法や、WordPress 改ざん対策として、ログインパスワードとファイルのパーミッションを変更する方法、xmlrpc 攻撃対策として .htaccess でアクセスを制限する方法などを紹介しています。

他にも、503エラーの原因となる不正アクセスを防ぐため、サーバーでアクセスを制限する方法、Dropboxで2段階認証を設定する方法なども紹介しています。

スポンサーリンク
インターネットセキュリティ

Facebookから流出した個人情報やアカウントを調べる

2019年に流出した5.3億人分のFacebookアカウント情報が、ハッカーフォーラムで公開されていたことが明らかになりました。流出した情報のうち65%はすでにhave i been pwnedに登録されているので、気になる方はチェックしてみてください。
インターネットセキュリティ

ContactForm7のスパムメール対策 reCAPTCHA v3の導入方法

WordPressプラグイン「ContactForm7」にreCAPTCHA v3を導入してみました。今回はContactForm7から設定する方法と、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を使う方法を紹介します。
インターネットセキュリティ

Facebook情報流出 確認方法と対策

2018年9月末に発表されたFacebookの個人情報流出問題で、自分のアカウントが被害を受けたかどうかを確認するための方法をご紹介します。Facebookの発表によると、およそ3000万のFacebookアカウントの情報が不正アクセスを受けました。
インターネットセキュリティ

ContactForm7にreCAPTCHA v2を導入する

WordPressプラグイン「ContactForm7」のスパムメール対策として、GoogleのreCAPTCHA v2を導入しました。ContactForm7には「Check」か「Invisible」タイプを導入すればよいでしょう。
インターネットセキュリティ

WordPressのxmlrpc攻撃対策 .htaccessでアクセス制限

WordPressのxmlrpc.phpに対する攻撃で503エラーが頻発するようになったので、.htaccessでアクセスを制限しました。WordPressのxmlrpc.php攻撃対策として、.htaccessによるアクセス制限は有効な手段です。
インターネットセキュリティ

サーバのアクセス制限で解決 503エラーの原因と対処法

いわしブログで503エラーが頻発するようになった原因と、サーバのアクセス制限で対処する方法をご紹介します。 いわしブログのPVは現在1000~1500PV/日ですが、この程度で503エラーが出ることは通常考えられません。調べて...
インターネットセキュリティ

危険サイトの情報はaguse.jpとaguse gatewayで調べよう

怪しいサイトを事前に調査できる「aguse.jp」をご紹介します。aguse.jpは調査したいサイトのURLを入力するだけで、ドメイン情報やサーバのIP、所在地、マルウェアの有無、ブラックリスト判定といったサイト情報を調べることができます。
インターネットセキュリティ

Googleアナリティクス リファラースパムやボットのフィルタリング設定

Googleアナリティクスのリファラースパムやボットをフィルタリングでアクセス除外する方法をご紹介します。リファラースパムとは、Googleアナリティクスのトラッキングコードを勝手に引用して、架空のセッション数を計上するという悪質なスパム行為です。
インターネットセキュリティ

Dropbox 2段階認証の設定と解除

Dropboxの2段階認証を有効にしてセキュリティを強化する方法と、解除の方法をご紹介します。Dropboxは出先からアクセスできるのでとても便利ですが、大切なデータを漏洩から守るために2段階認証を設定して、セキュリティを強化しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました