ギガファイル便のアップロードとダウンロード時間を計測してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギガファイル便の作業時間

100GBまでの大容量ファイル転送ができる「ギガファイル便」で、アップロードとダウンロードに必要な時間を計測してみました。

昔のギガファイル便は、容量の大きなファイルをアップロード・ダウンロードするとえらく時間がかかりましたが、最近は3GBや5GBのファイルでも数分程度で済みます。

とはいえ、10GBを超えると数十分、最大容量の100GBになると、アップロードだけで3~4時間ぐらい待たないといけません。また、利用する時間帯によってはかなり遅くなることもあります。

ギガファイル便は処理途中の中断ができないので、事前にファイルサイズあたりの処理時間を知っておくと便利です。あくまで目安ですが、アップロードは1GBあたり2分前後、ダウンロードは時間帯によって大きく異なり、1分~10分といった感じです。

あとは「本当に100GBまで使えるのかな?」という素朴な疑問もあったので、100GBまでアップして時間を計測してみました。ギガファイル便で大容量ファイルを扱う際は、ぜひ参考にしてください。

ギガファイル便の使い方については、以下の記事をご覧ください。

ギガファイル便の使い方 容量無制限の無料ファイル転送サービス
無料大容量のファイル転送サービス「ギガファイル便」の使い方や活用方法をご紹介します。事前のユーザ登録や料金は不要で、最大容量100ギガまでの動画や大量の写真、音楽ファイル、ドキュメント、Blu-rayディスクデータを送ることができます。
スポンサーリンク

アップロード / ダウンロード時間計測の準備

テストはあまり混み合っていない祝日の夕方~夜間にかけて行いました。アップロードとダウンロード時間の計測は、Windows10のOS内アプリ「アラーム&クロック」のストップウォッチ機能を使っています。

アップロードの場合は、ファイルをドラッグドロップした時点でスタートして、ダウンロードURLが表示されるまで計測しています。ダウンロードは「ダウンロード開始」をクリックしてから、プログレスバーが100%に到達するまでです。

ギガファイル便 アップロード時間計測

計測用のダミーファイルは、Windows PowerShell (コマンドプロンプト)のコマンドを使って作成しました。これならどんなサイズのファイルもピッタリの数値で作成することができます。

Windows ダミーファイル

ただし、PowerShellではサイズをバイト単位で入力する必要があります。1GBのファイルを作成する場合は、バイトに変換した数値 1,073,741,824 を入力します。

Macでもmakefileコマンドを使うと、各種サイズのダミーファイルを作成できますよ。

単位の変換は、以下のサイトを使いました。

バイト換算
バイト,単位

アップロード / ダウンロード時間 100MB~1GB

では最初に100MBのファイルで計測してみます。ファイルのアップロード時間は11秒50でした。

ギガファイル便 アップロード時間計測

続いてダウンロード時間を計測したところ、3秒99というタイムでした。100MB程度であれば、アップロードもダウンロードもあっという間に終了します。

ギガファイル便 ダウンロード時間計測

次に500MBのファイルです。アップロード時間は56秒19でした。

ギガファイル便 500MBアップロード時間計測

ダウンロード時間は500MBのファイルで27秒50でした。

ギガファイル便 500MBダウンロード時間計測

1GBのファイルアップロード時間は2分11秒12でした。

ギガファイル便 1GBアップロード時間計測

1GBのファイルダウンロード時間は58秒01でした。

ギガファイル便 1GBダウンロード時間計測

ギガファイル便でファイルをアップロードorダウンロードする場合は、通常1GBぐらいまでのサイズに収まると思いますが、この程度ならトイレに行っている間に終わりますね。

スポンサーリンク

アップロード / ダウンロード時間 3GB~10GB

続いて3GBのファイルです。アップロード時間は5分42秒47でした。

ギガファイル便 3GBアップロード時間計測

3GBのファイルダウンロード時間は2分09秒29でした。

ギガファイル便 3GBダウンロード時間計測

5GBのファイルアップロード時間は8分44秒39でした。

ギガファイル便 5GBアップロード時間計測

5GBのファイルダウンロード時間は4分32秒25でした。

ギガファイル便 5GBダウンロード時間計測

10GBのファイルは1ギガあたりのアップロード時間が延びて、22分41秒71になりました。

ギガファイル便 10GBアップロード時間計測

10GBのファイルダウンロード時間は10分19秒51でした。

ギガファイル便 10GBダウンロード時間計測

10GBのファイルは通常ではあまり扱わず、仕事で大量の写真や動画を送るような限られた用途になるでしょうか。それにしても速くなったもんだ・・・

アップロード / ダウンロード時間 100GB

では、いよいよギガファイル便の上限である100GBのファイルをアップロードします。ここまで大きいファイルを転送することはまずないと思いますが、実験なのでやってみます。

最初の5%までは7分26秒なので、このペースだと3時間弱でアップロードできそうです。

ギガファイル便 100GBアップロード

10%の時点で16分55秒です。先ほどの10GB単体と比べて5分以上速いですね。よいペースです。

ギガファイル便 100GBアップロード

30%までは55分07秒です。30GBのファイルをアップロードするなら、1時間ほどかかるということです。

ギガファイル便 30GBアップロード

1/2の50%までは1時間35分32秒で到達です。50GBのアップロードは1時間半ですね。

ギガファイル便 50GBアップロード

ついに100GBのアップロードが完了しました。時間は3時間00分14秒です。ってか、ギガファイル便って本当に100GBまで使えるんだ・・・ビックリです。

ギガファイル便 100GBアップロード

100GBのファイルをダウンロードすると、1時間39分51秒かかりました。アップロードの半分ですね。ただし、昼間の混み合う時間帯にダウンロードすると、もっと時間がかかります。

ギガファイル便 ダウンロード時間

スポンサーリンク

アップロード / ダウンロード 時間帯による速度の差

ギガファイル便は、時間帯によってアップロード・ダウンロードの速度が大きく変わります。サーバーが混み合う平日の午前中と、日曜祝日の明け方を比較してみると、所要時間に大きな差がありました。

では5GBのダミーファイルを使って、時間帯別の所要時間を調べてみます。まずは平日の午前中にアップロードした結果ですが、10分08秒でした。まあ通常通りですね。

ギガファイル便 時間帯による速度差

続いてダウンロードですが、えらく時間がかかって56分03秒という結果になりました。平日の午前中はサーバーが混み合っているみたいですね。

ギガファイル便 時間帯による速度差

通信速度を見ると、普段の1/5~1/10ぐらいでした。そりゃ遅いわな・・・

ギガファイル便 通信速度

続いてお昼の2時頃にテストしてみます。アップロードは12分11秒、ダウンロードは4分17秒でした。タイミングが良かったようで、午前中と比べてダウンロード時間が大幅に短縮されました。

ギガファイル便 ダウンロード時間

夜の9時過ぎにテストした結果は、アップロードは14分43秒、ダウンロードは6分25秒でした。

ギガファイル便 ダウンロード時間

時間帯ごとの結果ですが、アップロードは時間によってそれほどの差はなく、ダウンロードは午前中が特に遅くなるようです。

ギガファイル便 時間計測の結果

ギガファイル便はアップロードよりもダウンロードのほうが2倍ぐらい速いですね。アップロード時間の目安は1GBあたり2~3分前後、ダウンロードは時間帯によって大きく異なり、1~10分といった感じです。これにサイズをかけると、おおよその所要時間がわかります。

また、平日午前中のダウンロードは特に時間がかかります。急ぎの場合は注意してください。

アップロード・ダウンロード中にタスクマネージャーを見ると、通信速度は結構変動していました。時間帯やタイミングによって処理完了までの時間に差が出るようです。

ギガファイル便 通信速度

あと、アップロードorダウンロード中にPCをスリープから復帰させると、処理が止まってしまう場合があります。最初からやり直さないといけないので、急ぎで大きなファイルを扱う場合は注意してください。

ギガファイル便で大きなファイルを扱うなら、作業時間の目安や混み合う時間帯を知っておくと便利です。今回の結果はぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました