PR

Multiplex広告の効果は? アドセンス収益をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Multiplex広告 アドセンス収益をチェック

Googleアドセンスのレポートで、自分のブログに掲載している広告フォーマットの収益をチェックしたところ、Multiplex広告とページ内広告は収益が低く、効果がありませんでした。

GoogleアドセンスのMultiplex(マルチプレックス)広告は、関連コンテンツユニットに替わる新しい広告として、2022年から提供が始まりました。

Googleの発表によると「Multiplex広告を設置するとアドセンス収益は増加」するようですが、実際の収益や効果はサイトによって異なるので検証が必要です。

アドセンス広告は様々な種類があり、設置場所によって収益やクリック率が変わります。

アドセンス広告を設置したらそのまま放置せず、GA4(GoogleAnalytics4)やアドセンスのレポートを見て、効果的な設置場所や収益を検証しましょう。

スポンサーリンク

GA4のレポートで収益を見る

先日、GA4の「パブリッシャー広告」でアドセンス収益をチェックすると、Multiplex広告とページ内広告の収益が低いことに気づきました。

GA4 アドセンス収益チェック

他の広告フォーマットと比べると、クリック率がかなり低いことがわかります。ちなみに、OTHERはMultiplex広告、IN_ARTICLEはページ内広告のことです。

広告フォーマットのクリック率を比較

広告収入合計も低レベルで、自分のブログではMultiplex広告とページ内広告はあまり効果がなく、広告の収益も低いことがわかりました。

GA4でアドセンス収益をチェックする方法は、以下をご覧ください。アドセンスのレポートでも収益を確認できます。

参考記事 Googleアナリティクス(GA4)とアドセンスを連携して収益を確認する

アドセンスのレポート クリック率とCTR

アドセンスのレポートでは、さらに細かい収益の分析が可能です。「レポート」→「広告フォーマット」に進んで、クリック率と広告CTRをレポートに追加しました。

Googleアドセンス 広告フォーマットのレポート

アドセンスのレポートでクリック率とCTR(広告表示数に対するクリック数の割合)をチェックすると、他の広告と比べて非常に低い水準でした。

インプレッション収益 クリック率 CTR
ページ内広告 ¥65 0.15% 0.15%
Multiplex広告 ¥20 0.11% 0.03%
他の広告 平均 ¥515 0.94% 0.825%

これらのデータを見れば、広告の有効性は明らかです。残念ながら自分のブログでは、Multiplex広告とページ内広告は効果的ではないという結論になりました。

ブログ内の広告を増やすと、ユーザーエクスペリエンス(UX)が低下するので、効果の薄い広告は下げたほうが得策です。

スポンサーリンク

アドセンス Multiplex広告

Multiplex広告(マルチプレックス広告)は、広告ユニット内に複数の広告が表示されるため、同じ面積でより多くの広告を表示できることが特徴です。

以前は関連コンテンツユニットと呼ばれていましたが、2022年2月から仕様が変わり、Multiplex広告に変更されました。たまにPCでこんな広告を見かけますよね。

Multiplex広告

Googleアドセンスでは、Multiplex広告について以下のように説明しています。確かに広告が多ければ、効果的に収益化できそうです。

Multiplex 広告ユニットは多くの場合、記事の末尾やサイドバーに配置されます。そうすればページまたはサイトにおけるユーザー ジャーニーを効果的に収益化できるためです。

Multiplex広告を導入してから実際に収益が増えて、効果が出ているブログも多いようです。

Multiplex広告は手動でコードを設置するか、自動広告のページ内フォーマットから配置の有無を選ぶこともできます。

アドセンス ページ内広告

ページ内広告はバナー広告とも呼ばれ、ページ内の決まった位置ではなく、記事中にランダムで配置される広告です。

アドセンス ページ内広告

ページ内広告は自動広告のみ有効となっており、表示の頻度は「ページ内フォーマット」の「広告掲載数」にあるスライダーで調整できます。

ページ内広告の広告掲載数

ページ内広告が多いと、ユーザーエクスペリエンスが低下するので、掲載数はほどほどにしておきましょう。

スポンサーリンク

Multiplex広告とページ内広告を停止

自分のブログでは、自動広告とCocoonのアドセンス設定を併用しています。Multiplex広告とページ内広告は、どちらも自動広告で設定しています。

広告の停止は、アドセンス管理画面の自動広告「編集」から行います。

Multiplex広告とページ内広告の停止

「ページ内フォーマット」に進んで「ページ内広告」と「Multiplex広告」のチェックを外します。

Multiplex広告とページ内広告の停止

手前の「広告設定」に戻って「サイトに適用」をクリックしてください。

アドセンス 広告設定

「今すぐ適用」→「保存」で広告が停止します。設定が反映されるまで1時間ほどかかるので、しばらくお待ち下さい。

アドセンス 広告設定

アドセンス 広告ごとの収益をチェックしよう

Googleアドセンスは広告を増やすと収益が上がりますが、その分ユーザーエクスペリエンスが低下するので、広告配置や掲載数のバランスが大切です。

また、広告掲載数が増えるとページの表示速度が落ちるので、収益の低い広告ユニットや広告フォーマットは、思い切って停止するのも手です。

今回はMultiplex広告とページ内広告の収益が低かったので、掲載を停止しました。

アドセンス広告の効果はサイトやブログごとに異なるので、GA4やアドセンスのレポートを見ながら、収益や効果を検証しましょう。

タイトルとURLをコピーしました