サーバー移行時にブラウザのアドオンで移行先サーバーの動作を確認する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IPアドレス確認アドオン

サーバー移行時にブラウザのアドオン(拡張機能)を使って、ネームサーバー切り替え前に移行先サーバーの動作を確認する方法があるのでご紹介します。

サーバーを移行する際にPCのhostsファイルを編集して、IPアドレスを擬似的に書き換えると、ネームサーバー切り替え前でも移行先サーバーの動作確認を行うことができます。

その時に問題となるのが、サーバー移行がうまくいった場合、移行元も移行先も全く同じように表示されるので、どちらのサーバーが動作しているのかわからなくなることです。

いわしブログをmixhostにサーバー移行した時は、ブラウザのアドオンでサーバーのIPアドレスを確認し、移行元と移行先のサーバーを判別して動作確認を行いました。

Chrome、Firefoxのどちらにも接続中サイトのIPアドレスを表示するアドオンがあるので、その利用方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Chrome拡張機能「Website IP」でサーバーのIPアドレス確認

Googleのブラウザ「Google Chrome」には、便利な拡張機能(アドオン)がたくさんあります。

先日、いわしブログのサーバーをmixhostに移行したのですが、ネームサーバー切り替え前のサーバー動作確認は、Chromeのアドオン「Website IP」を使いました。

Website IP
Simple script which places the IP of the current website in the bottom right.

このアドオンは、表示しているウェブサイトのIPアドレスをブラウザの右下に表示するというシンプルな機能しかありませんが、サーバーの動作確認ならこれで十分です。

Chrome Website IP

いわしブログのサーバーを移行する前は、さくらインターネットの共有サーバーを使ってました。その時のサーバーIPアドレスは「59.106.27.151」でした。

サーバー移行前 IPアドレス

mixhostにブログのデータを移行して、hostsファイルを編集してからテスト表示させると、サーバーIPアドレスが「153.120.181.188」に変わりました。

移行がうまくいったのでブログの表面上は何も変わりませんが、IPアドレスは違います。

サーバー移行後 IPアドレス

サーバー移行がうまくいかない場合は、表示がおかしくなるのですぐわかりますが、うまくいった場合は何の変化もないので、どちらのサーバーから表示されているのか判断できません。

移行前と移行後のサーバー動作確認は、サーバーのIPアドレスを見ると判断できます。

Firefox拡張機能「Flagfox」でサーバーのIPアドレス確認

Firefoxをお使いの場合は、Firefoxの拡張機能「Flagfox」がオススメです。

Flagfox – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手
Firefox 向け Flagfox をダウンロード。現在のWebサイトのサーバーの場所を表す国旗を表示し、サイトの安全性確認やWHOIS、翻訳、似ているサイト、妥当性の確認、URL短縮といったツール群を提供します。

Flagfoxは接続先のサイトを国旗で表示し、カーソルを乗せるとドメインやIPアドレスを表示してくれます。これでサーバーのIPアドレスも確認できます。

Flagfox IPアドレス表示

国旗をクリックすると、サーバーのロケーションが表示されます。詐欺サイトを判別する際に、こういう機能があると便利ですね。

Flagfox サーバーロケーション表示

さらに国旗を右クリックすると、サイトの安全性やマルウェアのチェック、サイトに関する様々な情報が確認できます。Google翻訳やURL短縮もここから行えますよ。

Flagfox 追加機能

Flagfoxは自分で機能を追加したり、ウェブサービスにリンクする等のカスタマイズが行えるので便利です。

ChromeのSEOアドオン「Open SEO Stats」

他にもIPアドレスを確認できるアドオンはたくさんあります。例えばChromeのSEOツールバー「Open SEO Stats」は、SEOに役立つ様々な情報が確認できます。

Open SEO Stats

ChromeでサーバーのIPアドレスを確認するだけなら Website IP で十分ですが、Open SEO Stats はサイトのリンク調査やトラフィック数のチェックなどに使えるので便利です。

Open SEO Stats(Formerly: PageRank Status)
Shows web rank and SEO stats of current web page, quick access to backlinks, indexed pages and more.

以上、ブラウザのアドオンを使ったサーバー移行時の動作確認方法をご紹介しました。この方法はmixhostだけでなく、レンタルサーバー全般に使えるので、ぜひ試してみて下さい。

PC内にあるhostsファイルにドメイン名とIPアドレスを記載して、移行先サーバーの動作を確認する方法は以下を参照してください。

hostsファイルを編集してサーバー移行時の動作確認を行う
ウェブサイトやブログのサーバーを移転する際にPC内のhostsファイルを編集して、ネームサーバー変更前に移行先サーバーで動作確認する方法をご紹介します。hostsファイルには移行先サーバーのIPアドレスとサイトURLを記載してチェックします。

ブログサーバーをmixhostに移行した時の手順はこちらをご覧ください。

ブログサーバーをmixhostに移行した時の手順と注意点
いわしブログのサーバーをmixhostに移行したので、その時の手順をご紹介します。今回のサーバー移行はBackWPupで作成したバックアップデーターを使いました。mixhostは高速WebサーバーとオールSSDを採用した優秀なサーバーです。

mixhostの詳細はこちらをどうぞ。安くて速いオススメのSSDクラウドレンタルサーバーです。


タイトルとURLをコピーしました