All-in-One WP Migrationの使い方 WordPressのおすすめバックアッププラグイン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

All in One WP Migration

WordPressを簡単にバックアップできるプラグイン「All-in-One WP Migration」の使い方と、サイトの復元、サーバー移行に必要なエクスポート・インポートの方法をご紹介します。

WordPressはサーバーのトラブルや操作ミスによるデータ喪失に備えて、サーバーにアップロードされたファイルとデータベースの2種類をバックアップする必要があります。

しかし、ファイルやデータベースのバックアップは、FTPやPhpMyAdminの操作が必要なので、WordPress初心者にはかなり難しい作業です。

でも、バックアップ用プラグインのAll-in-One WP Migrationを使うと、とても簡単にWordPressサイトのバックアップデータを作成することができます。

また、WordPressのサーバー移行も、All-in-One WP Migrationのエクスポートとインポートを使うと、拍子抜けするぐらい簡単に移行作業が終了します。

さらに、有料のエクステンションを導入することで、外部のクラウドストレージサービスを利用したり、スケジューラーによる自動バックアップも可能になります。

あと、無料版のAll-in-One WP Migrationにはアップロード容量の制限がありますが、プラグイン「All-in-One WP Migration File Extension」を使うと512MBまで増やすことができます。

WordPressのバックアップやサーバー移行は、プラグインを使うとスムーズに作業が進みますよ。

スポンサーリンク

サイトをエクスポート

では、All-in-One WP Migrationをインストールしましょう。WordPressのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」→ 検索窓から「All-in-One WP Migration」と入力します。

All-in-One WP Migrationを「今すぐインストール」して有効化してください。

All-in-One WP Migration インストール

続いてサイトのデータをエクスポートしますが、無料版の最大データ容量は512MBまでとなっています。容量をオーバーするようであれば、不要なプラグインや画像を整理してください。

左側メニューの「All-in-One WP Migration」から「エクスポート」をクリックします。

All in One WP Migration エクスポート

まずはサイトデータをエクスポートしましょう。「エクスポート先」をクリックしてください。

All in One WP Migration エクスポート

エクスポート先はファイルだけでなく、FTPやDropbox、Googleドライブ、OneDrive、Amazon S3など、メジャーなオンラインストレージも選択可能です。ただし、オンラインストレージにデータをエクスポートする場合は、有料エクステンションが必要になります。

自動バックアップ等が必要なければ、エクスポート先はファイルで十分です。

All-in-One WP Migration エクスポート先

「ファイル」をクリックすると、エクスポートファイルの作成が始まります。

All in One WP Migration エクスポート

エクスポートファイルが完成しました。バックアップデータの作成はたったこれだけで完了です。「DOWNLOAD IWASHIBLOG.COM」をクリックしてファイルをダウンロードしてください。

All in One WP Migration エクスポート

All-in-One WP Migrationのエクスポートファイルは「.wpress」という名称です。WordPress本体や画像、データベースその他一式がこのファイルに集約されています。

ここまでややこしい設定は一切不要、たったの数クリックでエクスポートファイルが作成できました。もちろん、エクスポートファイルはバックアップデータとしても使えます。

All-in-One WP Migration エクスポートファイル

サイトのエクスポートはとても簡単なので、WordPressをカスタマイズしたり、最新バージョンをインストールする時は、ここでサイトデータをエクスポートするようにしましょう。

検索・置換

エクスポートファイルの作成時に、データベース内の文字列を置き換えることができます。置き換える文字列が複数ある場合は、「+追加」をクリックして項目を増やせます。

All-in-One WP Migration 検索と置換

この機能を使うと、WordPressのドメイン名やURLを変更する時に発生するデータシリアライゼーションの問題を解決することができます。

高度なオプション

高度なオプションを使うと、エクスポートファイルから除外するファイルを選択できます。

通常は使う必要はありませんが、無料版で作成できるデータサイズの上限が512MBなので、それを超える場合はこのオプションを使って、不要なファイルをエクスポートから除外します。

All in One WP Migration 高度なオプション

サイトのインポート

続いてバックアップデータからサイトを復元したり、移転先のサーバーにサイトデータを移すための「インポート」を使ってみましょう。

バックアップデータをインポートする時は、事前にWordPressをインストールして、プラグイン追加でAll-in-One WP Migrationを使えるようにしておいてください。

左側メニュー「All-in-One WP Migration」から「インポート」をクリックします。

All in One WP Migration インポート

先ほど作成したエクスポートファイル「.wpress」をそのままドロップします。

All in One WP Migration インポート

インポートが始まりました。しばらくお待ち下さい。

All in One WP Migration インポート

「データベースやメディア等を上書きします」というメッセージが表示されるので、「PROCEED」をクリックして続行してください。

All in One WP Migration インポート

「データを正常にインポートしました」という表示が出たらインポートは無事終了しています。続いて「Permalinks Settings」をクリックして、以前と同じパーマリンク構造に設定します。

All in One WP Migration インポート完了

その前にWordPressログインが必要です。

ここでは新規にインストールしたWordPressのユーザー名とパスワードではなく、バックアップ作成時サイトのユーザー名とパスワードを入力してください。

WordPress ログイン

あとはサイトが正しく表示されているか確認しておきましょう。以上、これでバックアップデータのインポートが終了しました。

以前のWordPressサイト復元やサーバー移行といえば、データベースファイルやWordPressのファイル一式を用意して、面倒な設定や作業をする必要がありました。

今はAll-in-One WP Migrationを使って、拍子抜けするぐらい簡単にサイトを復元したり、サーバー移行作業ができるようになっています。これなら初心者でも扱えますね。

All-in-One WP Migration バックアップ

バックアップの作成は左メニューの「All-in-One WP Migration」から「バックアップ」をクリックします。ワンクリックでバックアップを作成できるので、気軽に使ってみましょう。

All-in-One WP Migration バックアップ作成

バックアップを作成しています。サイズが大きいほど時間がかかるので少し待ちましょう。

All-in-One WP Migration バックアップ作成

バックアップが完了したら、データをダウンロードしてください。

All-in-One WP Migration バックアップ作成

作成したバックアップの詳細が表示されます。右側のボタンは左から「再ダウンロード」、「サイトの復元」、「作成したバックアップデータ削除」となっています。

「サイトの復元」は有料エクステンションのみ使える機能ですが、バックアップデータをインポートすれば同じことができます。

All-in-One WP Migration バックアップ作成

新たにバックアップを作成する場合は、下の「バックアップ作成」をクリックします。

ちなみに、バックアップとエクスポートの違いですが、バックアップは単なる復元用のデータ作成、エクスポートはサーバー引っ越しやサイト移行用のデータ作成と考えてください。

もちろん、どちらのデータもバックアップデータとして利用できます。

All-in-One WP Migration アップロード容量を増やす方法

All-in-One WP Migrationは、バージョン6.7xぐらいから最大アップロードファイルサイズが制限され、サーバーによってはたったの4MBしかありません。

All-in-One WP Migration アップロードファイルサイズ制限

これではバックアップデータのインポートができないので、アップロード容量を増やす必要があります。「最大アップロードファイルサイズを上げる方法」から以下のサイトを見ると、4つの方法が記載されています。

How to Increase Maximum Upload File Size in WordPress | HelpDesk
There are 4 ways that you can choose to increase the maximum upload file size in WordPress. 1. Update .htaccess file php_value upload_max_filesize 128M php_valu...
  • 「.htaccess」ファイルを編集
  • 「wp-config.php」ファイルを編集
  • 利用中のホスティングプロバイダに問い合わせ
  • プラグイン「All-in-One WP Migration file extension」を使う

この中でアップロード容量を増やす一番簡単な方法は、プラグイン「All-in-One WP Migration file extension」の利用です。さっそくインストールしましょう。

All-in-One WP Migration File Extensionのインストール

All-in-One WP Migration File Extensionは、以下のサイトからダウンロードできます。

All-in-One WP Migration Import
All-in-One WP Migration Import

プラグインは無料版の「Basic」と、有料の「Premium」があります。無料のBasicでも512MBまでアップロード容量が増やせるので、こちらをダウンロードします。

それ以上の容量が必要であれば、$69の有料版「Premium」を購入してください。

All-in-One WP Migration file extension ダウンロード

ダウンロードしたプラグインをWordPressにアップロードします。

「プラグインを追加」から「プラグインのアップロード」をクリックして、「参照」でプラグインを選んで「今すぐインストール」してください。

All-in-One WP Migration file extension インストール

あとは「プラグインを有効化」すると、All-in-One WP Migration File Extensionが有効になります。改めてサイトのインポートを見ると、サイズが512MBになっていますね。

All-in-One WP Migration サイズ 512MB

プラグインを有効にするだけで、アップロード容量が512MBまで増えました。これで大抵のバックアップデータが使えるようになります。

All-in-One WP Migration 有料エクステンション

All in One WP Migration 有料エクステンション

All-in-One WP Migrationは無料版でも十分な機能を備えていますが、有料エクステンションを追加すると、さらに便利な機能が使えるようになります。

エクスポートファイル作成時のオプションとして、FTPやDropBox、Googleドライブなどの外部クラウドストレージサービスをエクスポート先に指定したり、スケジューラーによる自動バックアップが可能になります。

Products | WordPress Migration and Deployment | ServMask Inc.
Extensions for All-in-One WP Migration plugin. Backup to Amazon S3, Dropbox, Google Drive, FTP, FTPS, SFTP.

外部クラウドストレージサービスを利用できるエクステンションは$99(約11,000円)です。スケジューラーを設定すれば、日ごと、週ごとのバックアップも可能です。

All in One WP Migration 有料エクステンション

無料版では512MBのデータ容量制限があります。インポートデータの容量を無制限にするエクステンションは69$(約7,700円)です。

All in One WP Migration 容量無制限エクステンション

他にも$199(約22,000円)のマルチサイトエクステンションで、マルチサイトをバックアップすることができます。

All-in-One WP Migrationを使うと、初心者でも簡単にバックアップ・サーバー移行ができるようになります。バックアッププラグインの中では一番のおすすめです。ぜひ使ってみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました