All in one seo pack ソースのコメントを消す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

All in one seo pack ヘッダコメント非表示

WordPressでSEOを強化するための定番プラグイン「All in one seo pack」をインストールすると、ソースコード内に表示されるコメントを消す方法をご紹介します。

コメントはプラグインのファイルを修正すると消すことができます。ちょっとした小ネタですが、Webサイト表示高速化のため、ヘッダはできるだけ軽くしたいところです。

プラグインの無駄なコメントは、なるべくコード内に表示させないようにしましょう。

スポンサーリンク

All in one seo pack ソースコードのコメント

All in one seo packをインストールしてページのソースを表示すると、ヘッダのdescriptionやcanonical付近にAll in one seo packのコードである旨のコメントが表示されます。

<!-- All in One SEO Pack 3.3.3 によって Michael Torbert の Semper Fi Web Design[183,233] -->
<meta name="description"  content="All in One SEO Packのテスト用サイトです" />
<script type="application/ld+json" class="aioseop-schema">
<link rel="canonical" href="http://testsite.com/" />
<!-- All in One SEO Pack -->

上記のコードだと、コメント部分は一番上と一番下の2行ですね。

<!-- All in One SEO Pack 3.3.3 によって Michael Torbert の Semper Fi Web Design[183,233] -->
<!-- All in One SEO Pack -->

コメントがあるので、確かにヘッダ内でAll in one seo packのコードはよく目立ちます。

コードの位置はわかりやすいのですが、Webサイト表示高速化のためにはヘッダは軽いほうがいいので、たった2行とはいえ無駄なコメントは減らしたいところです。

All in one seo pack プラグイン編集

では、All in one seo packのコードを編集して、ソースのコメントを消してみましょう。

まずはダッシュボードから「プラグイン」→「プラグインエディター」へと進み、右上の「編集するプラグインを選択:」からAll in one seo packを選択します。

All in one seo pack プラグイン編集画面

「aioseop_class.php」をクリックすると、コメント部分のコードを編集できます。

ll in one seo pack コード修正

2019年11月時点の最新バージョンはAll in one seo pack 3.3.3です。この場合は4448行目~4454行目と4636行目をコメントアウトしてください。コメントアウトせず、丸ごと消しても構いません。

printf( "\n<!-- " . __( '%1$s by %2$s of %3$s', 'all-in-one-seo-pack' ), AIOSEOP_PLUGIN_NAME . ' ' . $this->version, 'Michael Torbert', 'Semper Fi Web Design' );

if ( $this->ob_start_detected ) {
echo 'ob_start_detected ';
}
echo "[$this->title_start,$this->title_end] ";
echo "-->\n";

4448行目~4454行目を以下のようにコメントアウトします。

/* printf( "\n<!-- " . __( '%1$s by %2$s of %3$s', 'all-in-one-seo-pack' ), AIOSEOP_PLUGIN_NAME . ' ' . $this->version, 'Michael Torbert', 'Semper Fi Web Design' );

if ( $this->ob_start_detected ) {
echo 'ob_start_detected ';
}
echo "[$this->title_start,$this->title_end] ";
echo "-->\n"; */

続いて4636行目も同様にコメントアウトしてください。

echo sprintf( "<!-- %s -->\n", AIOSEOP_PLUGIN_NAME );
/* echo sprintf( "<!-- %s -->\n", AIOSEOP_PLUGIN_NAME ); */

All in one seo pack プラグイン編集の注意点

これで、All in one seo packのコードからコメントが消えました。検証はしてませんが、ヘッダから余分なコードが2行消えたので、少しは読み込みが早くなったでしょうかねぇ。

<meta name="description"  content="All in One SEO Packのテスト用サイトです" />
<script type="application/ld+json" class="aioseop-schema">
<link rel="canonical" href="http://testsite.com/" />

自分で記事を書いてて言うのも何ですが、コメントが残っていてもあまり支障はないと思われますし、まあ、これは好みの問題です (^皿^)

プラグイン編集の際の注意点ですが、少しでも間違えるとトラブルの元になるので、コードを修正すると「警告: 使用中のプラグインへの変更は推奨されません。」と表示されます。

あと、WordPressのダッシュボード経由ではなく、テキストエディタでaioseop_class.phpを編集すると、サーバに再アップした際にWordPress自体が動かなくなりました。

テキストエディターでコードを編集する際は、保存形式に十分に注意してください。プラグイン編集の際は、なるべくWordPressのダッシュボードから行ってください。

ファイルを直接編集する場合は、事前にバックアップを取りましょう。

All in one seo packのバージョンが更新される毎に、該当箇所の修正が必要になるはずです。コメントを消してから、まだAll in one seo packのバージョンは変わっていないので、後日検証して追記します。

以下はAll in one seo packでdescriptionが反映されない時の対処法です。

All in one seo packでdescriptionが反映されない時の対処法
WordPressプラグイン「All in one seo pack」で設定したdescriptionが反映されない場合の対処法を紹介します。All in one seo packを設定した後は、descriptionを確認してください。
タイトルとURLをコピーしました