iPhoneバッテリー交換をAppleのサポートページから申し込む

スポンサーリンク
ビッグバナー728

iPhone バッテリー交換

昨年末から話題となっていたバッテリー劣化によるiPhone旧モデルの性能低下問題で、Appleからバッテリー交換費用を値下げするという発表がありました。

正式な値下げ開始時期は2018年1月下旬とのことでしたが、iPhoneのバッテリー交換値下げはすでに始まっています。

京都には直営のApple Storeはありませんが、Appleのサポートページから近所のApple正規サービスプロバイダを検索して、さっそくiPhoneのバッテリー交換を申し込みました。

ただ、お店の方に聞いた話では、すでにかなりの予約が入り、交換用バッテリーの入荷時期も未定とのことです。バッテリー交換をお考えの方は、早めに予約することをオススメします。

※ 先日Appleから発表された2019年1月1日以降のiPhoneバッテリー交換費用は、iPhone X が7,800円、その他すべてのiPhoneが5,400円に改定されるとのことです。

iPhoneのバッテリー容量は、「バッテリーライフ(Battery Life)」で診断できます。バッテリー残量が気になる方はチェックしてみてください。

参考記事 iPhoneのバッテリー診断アプリ「バッテリーライフ(Battery Life)」でバッテリー容量を確認する

スポンサーリンク

AppleがiPhoneのバッテリー交換費用値下げを発表

昨年末から話題となっていたiPhoneの性能低下問題ですが、Appleはバッテリーが劣化したiPhone旧モデルの意図的な性能低下を認め、iPhone6以降のモデルについて、バッテリー交換費用を値下げすると発表しました。

正式な値下げ開始時期は2018年1月下旬とのことでしたが、iPhoneのバッテリー交換値下げはすでに始まっています。Appleのサポートページにもバッテリーサービス料金が掲載されてました。

iPhoneバッテリー交換 Appleサイト

通常のバッテリー交換費用は8,800円ですが、値下げ後は3,200円となります。ただし、この価格はAppleで交換した場合に適用で、サービスプロバイダの価格は異なるかもしれません。また、この価格で交換できるのはiPhone1台につき1回限りです。

バッテリー交換費用の値下げ対象となるのは、iPhone SE、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone7、iPhone7 Plus、そして最新のiPhone 8、iPhone8 Plus、iPhone Xも対象となっています。

いわしのiPhone6s Plusは2年以上の酷使によって、バッテリーがかなり劣化しています。そろそろバッテリーを交換しようかなと思っていた矢先に、値下げプログラム開始が発表されたので、とてもラッキーでした。

Appleのサポートページからバッテリー交換を予約する

では、さっそくiPhoneのバッテリー交換を予約してみましょう。手続きはAppleのサポートページ「iPhone のバッテリーと電源」から行います。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート 公式サイト

料金表の下にある「バッテリーサービスを申し込む」をクリックします。

Appleサポートページ バッテリーサービス

サポート方法を選択 持ち込み修理

以下のサポート方法を選択します。配送修理にすると1週間ほど電話が使えなくなるので、近所のサービスプロバイダで持ち込み修理することにしました。他に質問がある場合は、電話やチャットのサポートも選択できますよ。

Appleサポート サポート方法

「持ち込み修理」を選択して、AppleIDでサインインします。

Appleサポート AppleIDサインイン

近所のApple Storeか正規サービスプロバイダを探す

ここでは持ち込み修理が可能なApple Storeか、近隣のApple正規サービスプロバイダを検索することができます。とりあえず近所でよければ、このまま「検索」をクリックしてください。

Appleサポート サポート拠点検索

近隣の持ち込み修理ができる拠点が表示されます。今のところ京都にはApple Storeがないので(近日中にできるという噂)、一番近くにあるサービスプロバイダ「クイックガレージ」さんを選びました。

今のところ数日後に予約可能となっているので、さっそく予約します。

Appleサポート サポート拠点検索

サービスプロバイダ名をクリックして、希望の日時を選択してください。

Appleサポート 修理予約

これで予約が完了しました。手続き完了のメールが届くので確認してください。あとは予約した時間に行けばバッテリーを交換してもらえます。

Appleサポート 修理予約完了

事前にバッテリー交換費用の確認を

Appleのサポートページに「他のサービスプロバイダで修理する場合は、料金が異なることがあります。」と出ていたので、念のためにクイックガレージに連絡して料金を確認したところ、交換だけなら同じ3,200円でOKとのことでした。

サービスプロバイダでバッテリー交換される方は、事前に費用を確認しておくとよいでしょう。

AppleCare+ に加入していると、バッテリー交換の費用はかかりません。以下のページでiPhone のシリアル番号を入力して確認してみてください。

https://checkcoverage.apple.com/jp/ja/

製品の保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート

スポンサーリンク

iPhone 修理前の準備

あと、バッテリー交換の前にiPhoneをバックアップしておきましょう。

修理に出す場合、iPhoneのバックアップは必須です。PCでバックアップする場合はiTunesに、iPhone単体の場合はiCloudにバックアップしてください。

https://support.apple.com/ja-jp/ht203977

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

ただし、iCloudは当初の容量が5GBしかないので、バックアップするためには有料プランに加入する必要があります。月額料金は50GBで130円、200GBで400円、2TBで1300円です。

いわしのiPhone6s plus は64GBモデルなので、50GBのiCloudプランを使ってバックアップしています。wifiと電源に接続すれば、定期的にバックアップしてくれるので便利ですよ。

あと、Apple ID のパスワードを確認して、「iPhone を探す」も一旦無効にします。

配送修理の場合はもう少し手間がかかります。修理に出す前にデバイスを消去 (初期化) したり、Apple Watch とのペアリングを解除する必要があります。

あとはSIMカードを取り外したり、ケースや保護フィルムを外しておいてください。

Appleのサポートページに「デバイスを持ち込む場合 (持ち込み修理)」と「デバイスを配送する場合 (配送修理)」の準備方法が記載されているので参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201557

iPhone、iPad、iPod touch を修理に出す準備をする

予約殺到!? iPhoneバッテリー交換はお早めに

事前に発表されたバッテリー交換の値下げ開始時期は2018年1月下旬とのことでしたが、すでに値下げは始まっています。iPhoneのバッテリー交換を検討されている方は、早めに予約を入れたほうがよいでしょう。

バッテリー交換を予約した次の日にクイックガレージさんの予約空き状況を見ると、「この修理拠点には、予約可能な日時がありません」と表示されてました。

iPhoneバッテリー交換 予約状況

予約が一気に集中して、交換用バッテリーの在庫が無くなったと思われます。あと一日遅かったら予約できなかったかもしれません。他のサービスプロバイダも、予約可能日がかなり先に伸びていました。

この様子だと、当面の間バッテリー交換の予約は難しくなるかもしれませんね。

また、iPhone 6 シリーズの交換用バッテリーは、世界各地で在庫切れが起きているようです。Appleのサポートページにも「iPhone 6、iPhone 6 Plus、および iPhone 6s Plus の交換用バッテリーの数には限りがあります。」と表示されています。

Apple Storeで交換する場合は、事前にAppleサポートへ電話することでバッテリーを予約できるみたいですね。とにかく、動くなら早めをオススメします。

以下は実際にバッテリーを交換した時の記事です。待ち時間はたったの30分で、バッテリーの残量表示もバッチリ直りましたよ。ご参考まで。

参考記事 交換時間はたったの30分! AppleサービスプロバイダでiPhoneのバッテリーを交換してきたよ

2019年以降のiPhoneバッテリー交換費用は値下げ

先日Appleから発表された2019年以降のiPhoneバッテリー交換費用は、以前の通常価格8,800円には戻らず、iPhone X が7,800円、その他iPhoneが5,400円に値下げされます。

古いiPhoneをお使いの方にはうれしいニュースですね。特別価格の3,200円からは少し上がりますが、自分でバッテリー交換することのリスクを考えると、それほど高いとは思いません。

バッテリー交換費用の改定は2019年1月1日から適用となります。バッテリー残量にまだ余裕があれば、あわてて2018年中にバッテリーを交換しなくても大丈夫です。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする